渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

リウマチは働き盛りの40代の女性に多い!?

リウマチは高齢者がかかる病気だと

思っている人も多いと思いますが、

30代から発症する人もおり、

40代がピークを迎えます。

 

高齢者の疾患という勝手な思い込みが

治療を遅らせているかもしれません。

 

早期発見早期治療ができるリウマチですが、

放置して治療が遅れると、

関節破壊が起き、

激しい痛みから普通の生活が

できなくなる可能性もあるんです。

 

今日はそんな

リウマチについて調べてみました。

 

 

【目次】

1.リウマチとは

2.リウマチの症状

3.リウマチのチェックリスト

4.リウマチ

 

 

 

【本文】

1.リウマチとは

関節が炎症を起こす所から

リウマチは始まりまります。

炎症を起こした関節は、

軟骨や骨を破壊し、

関節機能が失われ、

放置しておくと除々に関節が変形していく疾患です。

 

現代の日本には、

リウマチで悩む人が約70万人いると言われています。

男性より女性の方が発症率が高く、

3060代が68%もいるとされています。

これを見ただけで、

高齢者の疾患と勝手に

思い込んでいたことが分かりますね。

 

又働き盛りの40代の発症率が

最も多く全体の24.7%にもなります。

 

通常リウマチを発症して10年経過したごろから

悪化が見られ始めますが、

最近のリウマチの傾向は

2年で関節破壊の重症化が

見られるようになっているのです。

 

 

 

2.リウマチの症状

ではリウマチの症状を見てみましょう。

 

・手足の関節で症状が起きやすい

・関節の腫れ

・関節の痛み

・関節の変形

・疲れやすい

・発熱

・食欲不振

・口の渇き

口内炎

・目の渇き

・充血

・視力低下

・息切れ

・貧血

・炎症が肺や血管へ広がる

 

通常関節の痛みを訴える場合、

動かすことで痛みを感じることが多いですが、

リウマチからの痛みは、

動かさなくても

常に激しい痛みを伴うのが特徴です。

そして手足の関節だけでなく、

全身に症状があらわれてしまうのです。

 

残念ながらリウマチの原因は、

まだはっきりとは分かっていません。

しかし免疫の働きに異常が生じることにより、

リウマチの腫れや痛みが起きると

考えられています。

 

通常私達の体内の免疫は、

外部から侵入してきたウイルスや細菌を

攻撃して破壊する働きをしていることは

知っていますよね。

なので免疫力が低下すると、

風邪や感染症にかかりやすくなります。

 

しかしこの免疫が何らかの原因により

免疫異常を起こします。

誤作動を起こすと言う事です。

 

誤作動を起こした免疫は、

自分自身の細胞や組織を攻撃し始めてしまいます。

その結果炎症を引き起こし、

関節の腫れや痛みという症状が

あらわれてしまうのです。

 

放置して炎症が続くことで、

関節周辺を取り囲んでいる滑膜が腫れ、

炎症がさらに悪化します。

そして炎症の悪化が、

骨や軟骨を破壊してしまうのです。

 

 

 

3.リウマチのチェックリスト

では自分がリウマチの可能性があるか

チェックしてみましょう。

 

①ドアノブがまわしにくい

②リボン結びがしにくい

③はさみが使いにくい

④パジャマのボタンが外しにくい

TVのリモコンが押しにくい

⑥蓋が開けずらい

⑦お箸が上手く使えなくなった

⑧家のカギが開けにくい

⑨歯ブラシが持ちにくい

⑩朝食準備の動作に違和感を感じる

 

特にリウマチの症状は

朝の30分間に出やすいと言われています。

 

・手のこわばり

・手がむくんでいる

・手が腫れている

 

などの症状が出る為、

朝の準備に違和感を感じます。

又その症状が1週間以上続く場合は、

リウマチの可能性があるので、

専門医を受診しましょう。

 

 

 

4.リウマチは早期発見、早期治療

関節がどんどん変形してしまうリウマチ。

しかも動かさずとも痛みに苦しむことになります。

そんなリウマチは早期発見、早期治療で

関節破壊の進行を抑えることができるのです。

 

先ほどもお伝えしましたが、

以前は発症後10年で症状が悪化していましたが、

最近は約2年の内に症状が悪化してしまい、

進行が早くなっていることが報告されています。

 

しかし早期に発見して、

適切な治療を行っていけば、

症状がコントロールできる時代とも言えるのです。

コントロールしていけば、

症状の進行を抑えながら、

日常生活や仕事も続けられるのです。

 

そして最近はリウマチの専門医も増えています。

実際リウマチ専門の病院も

私の近所に増えました。

 

「自分には関係ないわ」

と思っている30代や40代の人。

リウマチは高齢者の疾患では無いのです。

その為治療が遅れてしまい、

気づいた時には痛みと戦う事になってしまう・・・

 

発症はもっと前からしており、

徐々に悪化していくのです。

チェック項目を確認して、

おかしいなと思ったら

一度専門医に相談してみましょう。

 

 

 

【まとめ】

私もリウマチは高齢者の疾患だと

勝手に思い込んでいた1人です。

40代の働き盛りの女性に多いと聞き

少し怖くなりました。

 

チェック項目に気になる所が、

今のところはありませんが、

もし気になる所があるなら、

年齢関係なく

リウマチの可能性もあると言う事です。

若いから大丈夫はリウマチ以外の病気でも

今の時代通用しないかもしれませんね。

 

しかしながら様々な病気や疾患が

コントロールできる時代になりました。

早期発見、早期治療できれば、

通常の生活が送れるということ。

それは昔の人から見れば幸せな時代なのです。

うがいの仕方でウイルスを飲み込んでいる可能性がある!?

インフルエンザが猛威をふるいだしましたね。

毎年の事ですが、

私もインフルエンザにかからない様に、

日ごろから予防対策をしっかりしているつもりです。

 

手洗いやうがいは完璧に・・・

 

って思っているあなた

うがいの仕方合っていますか?

うがいの仕方が正しくなければ、

逆にスムーズにウイルスを

体内へ運ぶことになってしまうんです。

 

今日はうがいの仕方や、

その他の予防対策についても

もう一度おさらいしておきましょう。

もしかしたら間違った対策方法かもしれませんよ。

 

 

【目次】

1.うがいがなぜ効果的か

2.正しいうがいの仕方

3.正しい手洗いの仕方

4.その他の予防対策

 

 

 

【本文】

1.うがいがなぜ効果的か

私達は小さな頃から外から帰ってきたら

うがい、手洗いをしっかりしましょう。

と習慣付けされてきました。

 

そもそも人の体は

ウイルスや細菌などの異物が体内へ

入りこまない様に、

のどから肺にかけてせん毛があります。

せん毛の粘膜に異物が絡みつく為、

侵入を防いでくれるのです。

 

このせん毛の粘膜は潤っている時こそ、

力を発揮してくれますが、

粘膜が乾燥するとたちまち

働きが鈍くなってしまうのです。

 

その為簡単に異物の侵入を許し、

私達はウイルスや菌に感染してしまうのです。

冬の乾燥時期に風邪をひきやすいのは、

このせん毛粘膜も乾燥してしまうからなのです。

 

そこで「うがい」という行為が登場しました。

うがいをすることで、

せん毛粘膜が潤い、

せん毛粘膜が刺激され粘膜分泌を促したり、

潤いや分泌のおかげで粘膜の働きが活発になり、

ウイルスや菌などの感染から防いでくれるのです。

 

 

 

2.正しいうがいの仕方

ではそんな「うがい」ですが、

皆さんはどんなうがいをされていますか?

そのやり方は正しいと胸をはれますか?

私は今まで自分のやり方が正しいと思っていました。

 

うがいって「ガラガラ→ペッ」ですよね。 

でも実はそのうがい方法

ウイルスや菌を口の中で広げているだけなのです・・・

 

最初の1口目からガラガラと

水をダイレクトに喉までいれうがいをする方法は、

歯や舌等の口の中に侵入している異物を

スムーズに喉の奥まで入れているのと同じなんです。

「どうぞおはいりください」という状態。

 

実はうがいの正しい方法は、

知らない人がほとんどなんです。

 

(うがいの正しい仕方)

①水を口に含みクチュクチュして吐き出す。

 クチュクチュうがいは23回くり返す。

②口の中の異物を洗い流した後に、

 上を向いて喉のガラガラうがいをする。(約10秒)

③口の中の水がぬるく感じたら吐き出す。

 ガラガラうがいは最低3回はくり返す。

 

このやり方でうがいをしていたと言う人いますか?

残念ながら私は前者の「ガラガラ→ペッ」で

異物を受け入れていました。

 

最近はうがい薬が市販で売られていますが、

毎日の記の様な正しいうがい方法ができていれば、

水だけで十分効果を発揮してくれるんです。

 

 

 

3.正しい手洗いの仕方

次に心配になるのが手洗い方法ですよね。

うがいで自信喪失したので、

正しい手洗いもできているとは言えなくなりました。

 

でもうがいより先にしなければならないのが、

この手洗いですよね。

手がキレイになっていなければ、

これもまたウイルスや菌の

侵入を許していることになります。

 

手洗いの効果は、

手洗い無しの状態ではなんと

1,000,000個のウイルスが手に付着しています。

 

・流水で15秒間洗い流す → 約10,000

・石鹸で15秒間もみ洗い後すすぎ15秒間 → 約100

・石鹸で1分間もみ洗い後すすぎ15秒間 → 約10

・石鹸で10秒間もみ洗い後すすぎ15秒間を2回くり返す →約数個

 

という様に手を洗うと

手に付着していたウイルスや菌が

しっかり洗い流されていくのです。

手洗いを2回くり返すことで、

効果がすごくあることがわかりますよね。

 

(正しい手洗いの仕方)

①手を洗う前に、指輪・腕時計などを外しておく

②流水で手をしっかり濡らす

③石鹸を泡立てて、手のひら→手の甲をよくこすり合わせる

④指先→指の間→爪の間など細かい部分まで念入りにこする

⑤親指は反対の手で包み込みねじりながらこする

⑥最後に手首もしっかり洗う

⑦流水で石鹸が無くなるまで洗う

⑧③~⑦をもう一度くり返す

⑨清潔なタオルで拭き取りしっかり乾かす

 

 

 

4.その他の予防対策

先日TVを見ていたら

「顔を触る癖のある人はインフルエンザにかかりやすい」

と言っていました。

 

実は無意識に私は鼻を触るのが癖です。

実際2年連続でインフルエンザに感染している私・・・

 

この場合鼻についたウイルスが

体内へ侵入していた可能性がありますよね。

手洗い前の手で顔を触れば

当然菌やウイルスが顔に付着します。

 

出先や帰宅後にすぐ顔を洗う人は

男性ならともかく女性ではあまりいませんよね。

無意識に顔を触ってしまう癖がある人は、

注意が必要なんです。

 

手洗い・うがい以外の予防対策を

見ていきましょう。

 

・手洗い前に顔を触らない(鼻をほじるのも禁止)

・顔を触る癖がある人は必ずマスクを着用する

・マスクを朝昼夕と交換する

(人混みに行った後は関係なくすぐに交換する)

110回以上は手洗いする

・帰宅後だけでなく乾燥を感じたらすぐにうがいする

・ガムやあめなどでできるだけ喉の乾燥を避ける

・鼻呼吸をする

・しっかり睡眠をとる

・首とつく部位を温める(首、手首、足首)

 

その他規則ただしい生活や、食生活、運動など

基本的な部分は免疫力を上げる為にも大切です。

 

 

 

【まとめ】

うがいをしないグループと

水うがいをするグループで

分かれ実験が行われました。

 

その結果水うがいグループは

うがいをしないグループより、

40%も風邪の発症を

抑えることができたのです。

 

手洗い・うがいの大切さは

立証されているんです。

 

私達は生涯手洗い・うがいはし続けますよね。

でも大人でさえ正しい方法を知らない・・・

 

大人が知らないのにその子供がわかるわけがありません。

小さな子供たちにこの正しいやり方を

教える授業こそ大切なんじゃないかなと思います。

 

手洗い・うがい

しっかりして1年中元気に過ごしましょう。

私は顔を触る癖も直さないといけませんね。

エイズは男性が多い!?エイズの感染経路は○○から

エイズのこと皆さんはどれぐらい知っていますか?

 

感染症という事は分かりますが・・・

 

なんだか遠い病気に感じる為、

実際にどんな病気だか知っている人は

少ないのではないでしょうか。

 

でも多くの場合は

症状が出ないキャリアと呼ばれる人が

ほとんどなんです。

 

知らないだけであなたの周りにも

もしかしたらエイズに感染している人が

いるかもしれません。

 

 

【目次】

1エイズとは

2エイズの症状

3.感染経路

4エイズ検査のすすめ

 

 

 

【本文】

1エイズとは

HIVという言葉も耳にはしたことがあると思います。

HIVはウイルスのことです。

このHIVウイルスに感染すると、

初期症状が出る場合もありますが、

ほとんどが無症状で気づくことがありません。

 

そのまま気づくこと無く過ごしていると、

知らない間にウイルスが広がり、

体の免疫システムの破壊をし始めます。

 

免疫システムが破壊されると言う事は、

免疫状態が低下すると言う事。

今までは自分にとって無害だった病原体も、

有害となり次々と症状が現れるのです。

この症状を「エイズ」と言います。

そして症状を発症させることを「エイズ発症」というのです。

 

日本でエイズと診断する為に

23の指標疾患があります。

 

 

 

2エイズの症状

ではエイズの症状を知っておきましょう。

 

①感染初期

感染可能のある行為後の数日は潜伏期間。

その後約2週間から6週間の内に

HIVウイルスが急激に増殖。

増殖中の症状は数週間で消える為、

この時点で気付かない場合も多い。

症状が出ない人もいる。

 

(増殖中の症状)

風邪や過労と間違える様な症状

インフルエンザの様な症状

発熱

発疹

喉の痛み

筋肉痛

 

 

②無症状期

感染初期症状が消え数年~約10年の間は、

無症状期に入る。

 

症状が出ない為感染に気づくことなく過ごす。

毎日100億個のウイルスを増殖し続け、

免疫機能を破壊し続けている。

 

無自覚な為この時期に他人に感染させてしまう。

 

 

エイズ発症

免疫機能の破壊が進行し、

免疫力が低下すると、

微弱なカビや細菌等にも敏感に反応し、

すぐに肺炎などを引き起こす。

 

日和見感染症というエイズ特有の

代表的な「23種類」の症状を発症させると

エイズ発症と診断される。

 

 

④いきなりエイズ

いきなりエイズを発症させ、

初めて感染していることに気づくことを

「いきなりエイズ」と呼んでいる。

 

最近ではエイズを発症させた全体の約3割が

このいきなりエイズだと言われている。

エイズを発症させいる為重篤な場合が多く、

この様な状態の患者が増加している。

 

エイズを発症していても放置していれば

余命は2から3年と言われている。

発症してからの治療は難しく、

発症前の治療lには効果がある。

 

エイズを発症すると、

入院治療が必要な場合が多く、

学校や職場に秘密にしておくことが

難しくなり生活を変える必要が出てきます。

 

もちろん友人や職場には病気のことを

伝えなくてはならなくなってしまいますよね。

 

また発症後では治療の効果も

あまり期待できません。

発症前であれば治療も効果的であり、

生活を変える必要もなく、

個人の秘密を守ることができるのです。

早期発見早期治療は大切なのです。

 

 

 

3.感染経路

感染者は約95%が男性で約5%が女性です。

男性の方が多く

年齢は30代から40代が中心ですが、

10代から80代までの幅広い年齢で

感染者はみられます。

 

ではそんなエイズの感染経路は

何なのでしょうか?

全国の9か所の専門病院での調査によると、

 

同性間性的接触 78.8

異性間性的接触 16.6

血液凝固因子製剤 4.4

注射器の共有  1.9

不明      4.4

 

と感染経路の約8割が

男性同性間の性的接触だと言う事が分かったのです。

 

日本ではこの10年間、

HIV感染者とエイズ患者が

毎年新たに約1,400人発生しています。

毎年どんどん増えているということです。

 

その人数の中には検査を受けず、

自分が感染者だと気づいていない人は

当然含まれてはいません。

 

その人数も合わせると、

日本はかなりの勢いでHIV感染者とエイズ患者が

増えていることになります。

性感染症の「梅毒」の拡大も同じです。

 

しかしながらニューヨーク州

すでに患者数の大幅な減少に成功しているんです。

それは早期発見早期治療にありました。

ARTという治療を早期に始めれば、

コンドーム無しの性行為でも、

HIVにはほとんど感染せず、

他人に移しにくいというデータがでているんです。

 

そうエイズはコントロールができる病気となりつつある。

それらの情報をまだまだ知らない日本人、

そしてただ自分がエイズと言われることが怖い日本人は、

治療はおろか検査すら受けてないのが現状なんです。

 

それでは

感染者や患者が増えるのは仕方ないですよね。

 

 

 

4エイズ検査のすすめ

エイズに感染しているかの検査は、

血液検査で簡単に知ることができます。

実際に感染者がどのように知ったかの調査では、

病院の血液検査で発覚した人がほとんどです。

 

現在は保健所で無料そして匿名で

検査を受けることができます。

又、自分が住んでいる地域とは関係なく、

別の場所でも検査を受けることができるのです。

 

しかし感染の可能性がある性的接触をした後すぐに

検査を受けてもわからない可能性があるのです。

この検査はHIVウイルスと

闘おうとする抗体の量を調べることで

感染しているかがわかるのです。

 

昨日の今日では抗体の量がまだはっきりと分かりずらく、

しっかりとした検査結果は得られないのです。

 

特定の可能性がある行為後

2カ月から3カ月後に

検査を受けることが理想的です。

 

先ほどお伝えした、

感染経路での一番の理由は男性同性間の性的接触です。

HIVウイルスは知らない間にウイルスを増加させ、

知らない間に免疫システムを破壊していきます。

 

その為、健康な人よりも癌の発症率や、

障害を残すリスクが高くなってしまいます。

又、自分がエイズだと気づかず、

パートナーへ感染させてしまう可能性もあります。

 

エイズも早期発見することがとても大切なのです。

感染の可能性のある行為を行っている方は、

最低でも年に1から2

定期的に検査を受けることをおすすめします。

 

 

 

【まとめ】

あなたはどれだけエイズのことを

知っていましたか?

私は日本にこんなに

エイズ患者が増えていると言う事に

驚きました。

 

エイズエイズ特有の症状を

発症するとおもっていましたが、

免疫システムの破壊から、

免疫力が低下し、

様々な病原体の症状を

発症させてしまうと言う事も

初めて知りました。

 

感染した時は風邪の様な症状が出るものの

その後の約10年は自覚症状が出ませんし、

やはり自分ではエイズには気づきにくいです。

 

検査が大切になることが

とても良くわかりました。

 

同性愛者が増えている現代だから

広まりを見せているエイズ

大切なパートナーを守る為にも、

年に12回は検査を受けていきましょう。

「魚の目」が出現する原因は○○だった!美脚を求める女性へ

女性にとって美脚と聞けば

目標や夢ですよね。

 

でもそんな所に魚の目が出現したら?

見せるのが恥ずかしいですよね。

 

最初は見た目がそんな

「恥ずかしい」程度だったのに、

放置していつの間にか

痛みで歩けなくなるぐらい

悪化してしまう場合もあるんです・・・

 

今日はそんな魚の目について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.魚の目とたこ

2.魚の目の原因

3.重要な靴選び

4.魚の目の自己処理

 

 

 

【本文】

1.魚の目とたこ

魚の目同様足にできるたこ。

2つはとても良く似ていますよね。

 

まずはたこですが、

刺激物に触れる部分が角質化した状態の事を

たこと言います。

皮膚が固く盛り上がり、

慢性化してしまうと、

ストッキングが引っ掛かり破れてしまう程、

表面が白くカサカサした状態になっていきます。

 

では魚の目はどうでしょうか?

刺激物に触れる部分が角質化し、

その中心に核となる芯ができます。

その核は皮膚の奥深くへ入り込んでいる為、

次第に神経に刺激を与え、

痛みを感じるようになってしまうのです。

 

魚の目ができやすい部分は、

足の指の上側、

足の指と指の間、

足の裏や付け根部分など、

摩擦や圧迫などの刺激を受けやすい部分に

出現してきます。

 

 

 

2.魚の目の原因

ではそんな魚の目ができる原因は

なんなのでしょうか?

 

その原因のほとんどが

「足のサイズに合わない靴を履くから」

だと言う事が分かっています。

 

例えば、

足のサイズより小さな靴の場合、

長時間その中に収まろうとする足は、

指や付け根が靴に圧迫され続けます。

そして圧迫されると言う事は、

指と指がこすれ摩擦が生じます。

 

人の体は外部から刺激を受けると、

自分の体を守ろうと努力し始めますよね。

足は摩擦や圧迫という刺激から

自分を守る為固く盛り上がり、

たこや魚の目を作り出してしまうのです。

 

では大きめの靴の場合はどうでしょうか?

 

大きめの靴をはくと、

歩くたびに靴の中で足が前へと滑り、

かかとの方がブカブカになり

靴が脱げてしまう

なんていう経験されたこと

一度はあると思います。

 

歩くたびに

前へ滑り続ける足の指への摩擦は

当然激しくなりますよね。

結果大きな靴でも、

たこや魚の目の原因となってしまうのです。

 

たこや魚の目の原因はそんな

「靴のサイズ違い」から起きてしまうんですね。

 

 

 

3.靴選び

では重要になってくるのは靴選びという事ですよね。

皆さんは新しい靴を買う時に

どのようにチェックをして買いますか?

 

先日NHKの朝イチでためし履きで

簡単にサイズチェックができる方法と言うのを

放送していました。

そのスタジオではほとんどの人が

自分が普段履いている靴のサイズが大きめの靴

だったということが分かったのです。

 

女性の場合はスニーカーより

パンプスを履く機会が多いと思いますが、

その場合のチェックポイントを見てみましょう。

 

①幅のチェック

足の甲と靴が重なり合う

履き口の中央に指を入れます。

この場合、

爪の先までしか指が入らない→ぴったりサイズ

指紋の真中まで指が入る→幅が広すぎる

 

ということが分かります。

爪の先までしか指が入らない物を選びましょう。

 

 

②足に負担がかかっていないかチェック

鏡に脚の内側が映るように立って、

つま先立ちをしてみてください。

その時に靴の親指の付け根部分に「しわ」が

できていませんか?

 

ぴったりサイズの靴では

しわができないんです。

靴の曲がる位置と、

自分の指の曲がる位置にズレが生じると

しわができてしまいます。

そのしわは足に

余計な負担がかかっている証拠なんですよ。

 

 

5分間前を見て歩いてみる

皆さん靴を買う時に座って鏡を見て、

その場で立って下を向いて足踏みをして、

「足痛くないから大丈夫」と

購入する人が多いことが分かりました。

 

でもちょっと待ってください。

靴ってその場で履くものでしょうか?

全然靴のチェックになっていないんです。

 

そもそも靴を見て歩く人はいませんよね。

前を見て通常通り歩いてみる。

できれば5分間歩くことが良いとされているんです。

 

さすがに5分間歩くことは難しいですが・・・

でも靴を見るのではなく、

通常の歩く動作をする事は

自分の足のサイズに合った靴選びには

とても大切なんだと思います。

 

 

 

4.魚の目の自己処理

今はドラックストアなどで購入できるので、

魚の目やたこを自己処理する人も

多いと思いますが、

その場合注意しなければならないことがあります。

 

・軽度な場合

靴を脱いだ時に少し赤く腫れている部分があったり、

固くなりかけているという症状の場合などで、

痛みが無い時は軽度な状態です。

 

その場合は、

市販の保護パッドで治すことができます。

保護パッドは外部刺激から、

保護してくれるためしばらく貼っていると

自然と治癒してくれます。

 

 

・角質化が進んだ場合

カチカチに固くなり角質化が明らかに進んでいる場合は、

自己処理は注意しなければなりません。

カミソリやカッターで削る人が多いようですが、

実はこの自己処理方法で、

傷口から菌が入りリンパ節の炎症を

起こす人が多いことが報告されているんです。

軽く見ていた魚の目やたこから

リンパ節の腫れや炎症が

起きるのは怖くないですか?

 

もしも角質化が進んでいる場合は、

除去薬剤入りの保護パッドを使用しましょう。

又それでも治らない場合は、

一度皮膚科を受診しておきましょう。

 

 

・何度も繰り返し出現する場合

上記の様に保護パッドで治らない場合や、

何度も繰り返しできてしまう場合、

魚の目やたこでは無く、

ウイルス性のいぼの可能性もあります。

 

ウイルス性のいぼは感染する為、

魚の目やたこと勘違いして部位を触ったり、

ほじったりすると広がっていきます。

又ウイルス性の為

他人へ感染させてしまう可能性もあるんです。

 

くり返す場合は他の疾患の可能性もある為、

放置せず早期に受診しておきましょう。

 

 

 

【まとめ】

魚の目やたこの原因のほとんどが

「靴のサイズ間違い」だと

言う事が分かりましたね。

でも靴のサイズって本当に難しい・・・

 

確かに何度履いても足が疲れやすい靴

がありますが、

サイズが合っていないと言う事なんですね。

しっかりぴったりサイズだと、

足が疲れないそうです。

 

次靴を購入する時は

チェックポイントを意識しながら、

自分の足にぴったり合った

靴を選びたいと思います。

それが魚の目やたこの

出現を防止する対策でもあるんです。

わきがの歴史はアフリカから。わきがを必要以上に気にするのは日本だけ

夏になると特に気になるあの独特な臭い「わきが」

わきがの人もなりたくてなったわけではありませんが、

臭いに敏感な人にとっては

近寄りがたい人になってしまったり、

思春期の頃にはいじめの

原因となることもあるようです。

 

でもわきがって病気なの?とか

わきがってなんであんな臭いがするの?

自分もわきがになることってあるの?

とか臭いだけしかあまり知らない気がします。

 

そこで今日はわきがについて

調べてみました。

 

 

【目次】

1.わきがとは

2.わきがの歴史

3.わきがと日本人

4.わきがの治療対象

 

 

 

【本文】

1.わきがとは

わきがについてどの程度

皆さんは知って見えますか?

私は臭いぐらいしか知りませんでした。

 

通常人間の汗は、

①エクリン腺

全身に分布しており、あらゆる部位にある汗腺。

ほとんど無機物のみの汗を分泌する。

 

アポクリン腺

腋下や外陰部、耳の中など限られた部位にある汗腺。

有機物を含む汗を分泌する。

 

 

一般的にわきがの臭いを発生させるのは、

②のアポクリン腺です。

しかしアポクリン腺から出た直後の汗は無臭なんです。

ではなぜ無臭がわきが臭に変化するのか?

 

それは私達が常に持っている常在菌のしわざ。

常在菌が汗の中に含まれている有機物を分解することで

あの独特なわきが臭に変化してしまうのです。

 

・酸っぱい臭い

・濡れ雑巾の臭い

と表現されることがありますが、

臭いには個人差があり表現することが

難しい臭いの場合もあります。

又臭いの発生が強い人弱い人様々です。

 

わきがは医学的には

腋臭症」と呼ばれており、

わきがの臭いは思春期のころから

発生するようになります。

 

近年はいじめ問題に発生する可能性もあるので、

お子様がわきがの場合

心配になりますが臭いが強い場合は

治療することも可能です。

 

 

 

2.わきがの歴史

わきがはどの様にして生まれたのでしょうか?

わきがには遺伝性があると言われています。

 

そのチェックには

耳垢がポイントになります。

 

日本人には乾いた耳垢の人が多いので

「えっ!?」と思われる方もいますが、

耳垢には2種類あり、

乾いた耳垢の人と

湿った練り状の耳垢の人がいるんです。

 

湿った耳垢である湿性耳垢の人には

ある程度の頻度でわきがの遺伝がおきます。

 

ではわきがを歴史的に遡って見てみましょう。

実は人類の始めは湿性耳垢の人しか

いなかったことがわかったのです。

人類がアフリカで生まれた時点では

みんなわきがだったのが、

アジアまで進出した頃に初めて

乾性耳垢の人が見られるようになったのです。

 

という事は現在の日本とは逆で、

わきがでは無い人の方が

不思議だったと言う事ですよね。

 

今でもアフリカやアメリカでは、

ほとんどの人が湿性耳垢つまりわきがなんです。

わきががいじめの対象となることも、

変な目で見られることもなく

「普通」な事なんです。

 

という事は、

世界中で見ればわきがは病気でも

何でもないと言う事、

むしろ乾性耳垢の人の方が、

特別なのかもしれませんね。

 

 

 

3.わきがと日本人

では世界では無く日本でみたらどうなのでしょうか。

 

先ほどもアジアに進んでから、

耳垢が乾性タイプが出現したこともあり、

日本でのわきが人数は少数と言われています。

 

そして日本人は古くから、

周囲にニオイを発することを嫌う人種という

精神文化性を持ち合わせています。

 

その為独特なわきが臭に敏感になり、

わきがを「病気」だととらえるようになったのです。

 

遺伝が強く関係しているとはいえ、

湿性耳垢の人が全てわきが

だというわけではありませんが、

 

世界中でみたら「普通」の事。

むしろわきがの人の方が多いのかもしれません。

 

 

 

4.わきがの治療対象

まずは自分がわきがかどうか

チェックしてみましょう。

 

①耳垢が湿っている

②両親や兄弟にわきがの人がいる

③脇に汗をかくと衣類が黄ばむ

④他人から臭いを指摘されたことがある

⑤自分で臭いが気になる

 

先ほどもお伝えした通り、

通常わきがは病気ではありません。

その為わきがが腋臭症と呼ばれはするものの、

診断基準が無いのです。

 

病気である。

治療対象である。

と決めるのは自分自身なんです。

 

自分自身が気にしてしまい、

精神的に影響が出てしまったり、

気にするあまり日常生活に支障が

出てしまったりする場合に治療対象となるのです。

 

わきが以外の体臭や口臭と同じですよね。

自分が悩むほど気にする場合は、

生活に支障が出てしまいます。

その為治療が必要となりますが、

自分が気にならないのであれば、

何も治療する必要が無いと言う事なんです。

 

もしも悩む程気になる場合は、

病院を受診して先生に相談してみましょう。

その場合、何科かまよいますよね。

 

皮膚科は必ずしも治療をしているわけではありません。

わきが治療をしていない場合もあります。

その為病院は形成外科へ行ってみましょう。

 

 

 

【まとめ】

世界で見たら、

わきが人口の方が多いことが分かりましたよね。

そして臭いに敏感な日本人は

気にしていますが、

世界では「普通」なことと

とらえているようです。

 

なんとも不思議な感じがします。

 

とは言え日本人は気にする人種。

自分が悩むのであれば、

治療を考えることも良い事かもしれません。

特に思春期のお子様を持つ場合は、

心配になりますので、

一度相談することをお勧めします。

 

わきがの歴史や、原因

初めて知りましたが日本人からすると

驚きの事実でした。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ