渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

子宮筋腫は不妊や早産の原因になる?

最近の月経に変化はありませんか?

子宮筋腫は月経や体調に変化が現れます。

30歳以上の女性のなんと2030%もの人が

子宮筋腫を持っていると言われているんです。

 

悪性の腫瘍ではありませんが、

子宮筋腫にも個人差があり、

大きさや数に違いがあります。

 

そんな身近な婦人科系の病気

子宮筋腫」について

調べてみました。

 

 

【目次】

1子宮筋腫とは

2子宮筋腫の症状

3子宮筋腫の分類別症状

4.増加傾向にある子宮筋腫

 

 

 

【本文】

1子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、子宮にできる腫瘍の事です。

婦人科の腫瘍の中で最も多い病気と言われている

子宮筋腫は命にかかわるものではなく、

悪性の腫瘍でもありません。

 

しかしできる場所や大きさによっては、

貧血や痛みの原因になる事があります。

さらには不妊症や早産の

原因にもなってしまうと言われています。

 

子宮筋腫にはできる場所によって、

 

・子宮の内側(粘膜下筋腫)

・子宮の外側(漿膜下筋腫)

・子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)

3つに分類されています。

 

子宮筋腫は卵巣から分泌される

「女性ホルモン」の作用によって

大きく成長してしまうのです。

月経が来ると言う事は、

大きく成長する可能性があると言う事です。

 

又、閉経後には成長が止まり、

小さく縮んでいく可能性もあります。

 

 

 

2子宮筋腫の症状

では子宮筋腫にはどのような症状が

現れるのでしょうか。

 

・月経困難症

生理痛が酷くなります。

鎮痛剤を服用しても効かない程の

痛みが発生する場合があり、

日常生活に支障がでてしまいます。

 

 

・過多月経による貧血

月経の経血量が多くなる過多月経に

なってしまいます。

その為、貧血を引き起こす可能性があります。

貧血から病気が発見されることもあります。

疲れやすい、息切れがするなどの症状は、

貧血からくる症状かもしれません。

その先には子宮筋腫が隠れている場合があるので、

注意が必要です。

 

 

・頻尿

子宮筋腫が大きく成長すると、

膀胱を圧迫しだします。

膀胱を圧迫される為、

頻尿になってしまうのです。

 

頻尿より怖いのは、

尿閉と言って尿道を圧迫してしまい、

尿が出なくなってしまう症状です。

 

 

 

3子宮筋腫の分類別症状

子宮筋腫ができる場所によって

症状も少し違ってきます。

次は分類別に起きる症状を見てみましょう。

 

①子宮の内側(粘膜下筋腫)

子宮粘膜の部分にコブの様な腫瘍ができます。

最も浅い位置にできる為、

 

不妊症の原因

・経血量が増える「過多月経」

・月経困難症

・不正出血

 

などの症状が現れます。

 

私の友達は、

沢山の子宮筋腫

子宮内にできていいた為不妊症でした。

しかし手術で取り除いた後に、

しっかりと妊娠できたのです。

やはり不妊の原因になる事は

間違いありませんね。

 

 

②子宮の外側(漿膜下筋腫)

子宮の外側に成長していく腫瘍です。

大きく成長するまで症状は現れません。

逆を言えばかなり大きくなるまで

気づかない人もいます。

(大人のこぶし大ぐらいの大きさ)

閉経後には縮んで小さくなります。

 

・圧迫症状

・下腹部に違和感

 

など大きくなった事による

症状が現れます。

 

 

③子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)

筋肉壁の中に腫瘍ができます。

小さいものの場合は症状がありません。

しかしできた場所が子宮内膜に近い場合、

又は大きい場合は、

症状があらわれてきます。

 

・早産の原因

・不正出血

 

筋腫ができる事により、

筋肉が収縮しにくくなります。

その為赤ちゃんがお腹の中で大きくなるたびに、

伸縮しなければならない子宮が

伸びにくくなる為切迫早産の原因になってしまうんです。

 

子宮筋腫を指摘された方は、

妊娠中は特に注意が必要となります。

 

 

 

4.増加傾向にある子宮筋腫

子宮筋腫になる女性は現在

増加傾向にあります。

それはなぜでしょうか?

 

その原因は「女性ホルモン」にさらされる期間が

昔の女性より現代の女性の方が長くなったことが

考えられています。

 

子宮筋腫が成長する理由は

「女性ホルモン」の影響です。

月経が来ると言う事は

女性ホルモンが分泌されていると言う事。

 

現代の女性は晩婚化にあり、

子供を産まない人、

子供を産んだとしても12人という

人が多いですよね。

 

昔の人は1人の女性に対して

5から6人生んでいても

珍しくありませんでした。

 

1人子供を産むと言う事は、

無月経状態」が約2年間です。

5人子供を産むと言う事は、

無月経状態」が約10年間です。

 

同じ婦人科系の病気である、

子宮内膜症も増加傾向にあるのは、

出産人数や晩婚化が少なくとも

影響している事は間違いないかもしれませんね。

 

 

 

【まとめ】

不妊や早産の原因ともなる

子宮筋腫いかがでしたか?

 

もしも最近月経が変化した人や、

経血が変化した人は、

早めに婦人科を受診しておきましょう。

 

子宮筋腫の検査は、

エコー検査や超音波検査でできますよ。

 

女性の身体はとってもデリケートです。

ストレスや環境の変化で

すぐに体調が変化してしまいます。

 

本当はもっと

自分の身体に優しくなければいけませんね。

子宮内膜症が増加している!?ホルモンとの関係性は・・・

子宮内膜症という病気

聞いた事があると思いますが、

近年20代から40代を中心に

増加しているんです。

 

昭和40年代と比較すると

患者数はなんと3倍。

 

そしてこの病気、

将来不妊症で悩んでしまうかもしれないんです。

今日はそんな子宮内膜症について

調べてみました。

 

 

【目次】

1子宮内膜症とは

2子宮内膜症が増えている原因

3子宮内膜症の症状とチェックリスト

4子宮内膜症から癌へ

 

 

 

【本文】

1子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、

子宮内膜に良く似た組織が、

女性ホルモンの影響により、

子宮以外の場所で増殖と剥離を

くりかえしてしまう病気の事を言います。

 

10代でも稀に発症する人がいますが、

年齢が上がるにつれて増加し、

40代でピークを迎えます。

 

女性ホルモンが影響して進行することから、

閉経後になると減少していきます。

 

症状で目立つのは、

月経痛が酷くなる事です。

鎮痛剤を飲んでも効かなくなったり、

鎮痛剤の量が増えたりする場合は

子宮内膜症を疑った方がいいかもしれません。

又、子宮内膜症不妊症の原因にも

なってしまうのです。

 

不妊症の検査に行って、

子宮内膜症を発見された例も少なくありません。

 

 

 

2子宮内膜症が増えている原因

現代女性に子宮内膜症が増えているという

報告があります。

 

残念ながら子宮内膜症の原因は

まだはっきり分かっていません。

ただし女性ホルモンが深く関係していることは

間違いないのです。

 

月経が来るたびに、

子宮内膜症は進行していきます。

なぜなら月経が来ると言う事は

女性ホルモンが分泌されているからです。

 

現代、初潮の低年齢化や

女性の社会進出による晩婚化にあり、

出産年齢が上がった事で、

子供を産む人数は少なくなりました。

 

その結果「女性ホルモン」を分泌する期間が

昔の女性よりも長くなったことが

影響しているのではないかと言われています。

 

同じ婦人科系の病気である、

子宮筋腫も増加傾向にあると報告がされています。

やはり出産人数や晩婚化の影響は

間違いないのかもしれませんね。

 

 

 

3子宮内膜症の症状とセルフチェックリスト

ではまずは自分が子宮内膜症ではないか

セルフチェックをしてみましょう。

 

・月経痛が酷くなってきた

・月経時に鎮痛剤が効かなくなってきた、量が増えた

・月経時に吐気やめまいがする

・排便の時に肛門の奥が痛い

・セックスの時に奥が痛い

・月経以外にも下腹部に鈍痛を感じる

・妊娠を望むようになって2年以上たつが妊娠しない

 

こんな症状に心辺りがある場合は、

子宮内膜症の可能性があります。

中には症状が出ない人もいて、

別の手術時に発見されたという症例もあります。

 

そんな子宮内膜症4期に分かれています。

 

1期 成長

子宮内膜症の組織が子宮以外に散らばり、

成長し始めます。

月経と共に剥離した組織や血液が小さな塊になり、

ブルーベリースポットとなります。

この成長期は自覚症状はほとんどありません。

 

 

2期 広がり

毎月の月経と共に病巣が大きく広がりを見せ始めます。

この広がり期には月経痛が少し強くなったり、

経血量が増えたりします。

 

 

3期 癒着

成長と広がりを見せた病巣のかたまりが、

子宮周辺の臓器とくっつき癒着を始めます。

(卵巣、卵管、腹膜など)

卵巣の中で成長した場合は、

チョコレート色の血液で膨れ上がる

「チョコレート嚢胞」ができます。

この癒着期になると月経痛は寝込むほどの痛みを発症します。

チョコレート嚢胞が破裂した場合は緊急手術となってしまいます。

 

 

4期 癒着拡大

さらに成長と広がりを見せる病巣は、

子宮周辺だけでなく、

直腸や小腸、膀胱などの臓器にまで癒着の手を広げます。

さらには肺にまで達するケースもあるぐらい、

臓器の見分けがつかなくなる程癒着が酷くなります。

この癒着拡大期になると、

日常生活にも支障をきたし、月経時以外の

腰痛、下腹部痛が発生します。

 

 

 

4子宮内膜症から癌へ

子宮内膜症の中には卵巣にできる

「卵巣チョコレート嚢胞」と言うものがあります。

チョコレートと聞いて

可愛い病名だと思われた方もいるとは思いますが、

可愛いのは名ばかりで、

この卵巣チョコレート嚢胞は

稀に癌化してしまうと報告されているんです。

 

発生率は0.7%程度と言われていますが、

子宮内膜症40歳以上の方、

若くても卵巣チョコレート嚢胞が10㎝以上と大きい方は、

特に注意が必要となります。

 

子宮内膜症自体は、

命にかかわるような病気ではありません。

しかし、根治するには子宮を摘出するしかないのです。

そして閉経までの月経がある間は、

進行していく為進行を抑える治療や、

子宮内膜症による症状のコントロールが必要と

なっていきます。

必ず定期検査を受けていきましょう。

 

 

 

【まとめ】

現代社会で増加傾向のある

子宮内膜症」。

月経が続く以上は進行する病気です。

 

気長に上手く

付き合っていかなければなりません。

又、子宮内膜症不妊症の原因にも

なってしまうのです。

 

早期発見、

早期治療をすれば、

自然に妊娠出産できる為、

子宮内膜症の方は、

症状が進行しないように、

定期的に治療をしていくことが大切なんです。

 

ストレスや環境の変化、

食生活や生活習慣の乱れで、

女性の身体は変化します。

 

子宮内膜症が疑われる人や、

診断された人は、

進行させない為にも、

生活を見直す事から始めることは

大切かもしれませんね。

月経と排卵の周期から見る女性の変化

今更ですが月経と排卵の仕組みって

知っていますか?

小学校では保険の授業で

習ったのだとは思いますが、

妊活をするようになってから

改めて確認することができました。

 

妊活をするうえでは

絶対に知っておいた方がいいですよ。

 

と言う事で、

今日は月経と排卵の周期からみた

女性の変化についてのお話です。

 

 

【目次】

1.女性の身体の仕組み

2排卵と月経

3.月経周期

4.月経周期で変化する身体と心

 

 

 

【本文】

1.女性の身体の仕組み

まずは女性の身体の内側から

見ていきましょう。

 

・子宮

妊娠したときから、

赤ちゃんが生まれるまで、

赤ちゃんを守ってくれる所です。

 

・子宮内膜

子宮の内側にある膜です。

赤ちゃんが育つために、

暖かくふわふわなお布団の役割をしてくれます。

 

・卵巣

左右に1つづつあります。

卵巣の中には卵子があり、

卵子を成熟させて放出する「排卵」を行います。

女性ホルモンの分泌もさせます。

 

卵子

卵巣の中に卵子はいます。

卵子は赤ちゃんの元です。

精子と出会うと受精卵になります。

 

・膣

子宮と身体の外をつなぐ出入り口です。

生理の時の経血はこの道を通って出てきます。

 

・卵管

卵巣と子宮をつないでいる管です。

卵巣から送られてきた卵子を受け止め、

そこに膣から入ってきた精子を運びこみます。

 

 

 

2排卵と月経

次は、女性の身体に

毎月おきる排卵と月経の流れを見ていきましょう。

 

排卵準備期

1カ月に1個、

左右どちらかの卵巣で、

赤ちゃんの元となる卵子を成熟させます。

子宮では受精卵となった卵子

受け入れられるように子宮内膜が膨らみ始めます。

 

 

排卵

皆さんが知っている排卵は、

卵巣から成熟した卵子が飛び出すことをいいます。

 

 

精子との出会い期

卵巣から飛び出した卵子は、

卵管が受け止めます。

卵子はその卵管の中で、

精子が来るのを待っているんです。

 

 

④子宮内膜の変化期

卵子精子が出会うと受精卵になります。

受精卵を受け入れられるように、

子宮内膜が分厚くなります。

それと同時に赤ちゃんを育てる為に、

必要な血液を子宮内に蓄えます。

 

 

⑤月経期

排卵が起きても卵子精子と出会わなければ、

赤ちゃんを育てる為の

子宮内膜や血液は必要なくなります。

必要が無いと判断されると、

分厚くなっていた子宮内膜は、

子宮から剥がれおち卵子や血液と一緒に

経血となって膣から体外へ排出されます。

これを月経と言います。

 

毎月赤ちゃんを迎え入れる為の準備が行わるなんて

改めてみると女性の身体は神秘的ですよね。

神秘的な分とてもデリケートにできています。

 

 

 

3.月経周期

女性は初潮を迎える年齢が約12歳。

閉経を迎える年齢が約50歳。

平均3540年間も

月経とお付き合いしています。

 

毎月平均5日間の月経日数を考えると、

なんと生涯約69カ月も

月経がきている事になるんですよ。

驚きです。

 

月経が始まった日から、

次の月経が始まる前日までの期間を

「月経周期」と言います。

 

月経周期は25日~38日間隔、

月経日数は3日~7日間

が最も多く正常と言われています。

 

もちろん個人差があります。

それは人によって身体の中の作りや、

ホルモンの分泌量が違うからです。

その為月経不順の人も出てきてしまうのです。

 

月経周期が24日以内と短い「頻発月経」

月経周期が39日以上と長い「稀発月経」

月経日数が2日以内で終わる「過短月経」

月経日数が8日以上も続く「過長月経」

 

があります。

もしも月経で気になる所がある場合は、

迷わずに産婦人科を受診してみましょう。

月経不順は不妊の原因になってしまいます。

 

 

 

4.月経周期で変化する心と身体

先ほどもお伝えした通り、

女性の身体は神秘的であるが故

とてもデリケートに出来ています。

 

排卵準備から月経まで

女性の身体の内側で変化が起きるように、

心や身体全体にも変化が現れます。

 

排卵準備期

卵胞ホルモンの分泌が増え働き出します。

 

(精神状態)

・リラックス状態

・ポジティブ思考

・チャレンジ精神

 

(身体状態)

・ダイエット効果

・髪や肌のつやが良い

・体温は低温期

・おりものはほとんど無い

 

 

排卵

排卵日に向けた2から3日を排卵期と呼びます。

排卵期は身体の中が

めまぐるしい活動をする為、

人によっては生理の時の様な重い症状が出る人もいます。

 

(精神状態)

・眠気

・重だるさ

・イライラ

 

(身体状態)

排卵

・頭痛

・腰痛

・下痢、便秘

・めまい

・吐気

・肌荒れ

・冷え、むくみ

・生理の様な出血を伴う人もいる。

・おりものは排卵に近づくにつれ増える。

 粘り気のある透明なおりものが排卵日に最も近い。

・体温は排卵日にがくっと下がり排卵日後に高温期に入る。

 

 

③月経期

子宮内膜がはがれおちる月経期には

最も変化が起こりやすい時期です。

 

(精神状態)

・不安定

・イライラ

・憂うつ

・眠気

・だる重い

 

(身体状態)

・疲れやすい

・肌荒れ

・下痢

・乳房の張りや痛み

・腰痛、肩こり

・頭痛

・腹痛

・経血がでる

・体温は低温期に入る

 

これを見ると女性が快適に過ごせる時期は、

排卵の準備期間である

「卵胞期」ですよね。

基礎体温を測ると自分の身体や心のリズムが

しっかり分かってきますよ。

 

 

 

【まとめ】

月経と排卵の仕組みは、

妊活を始めたばかりの人や、

妊活を考えている人にとっては、

とても大切なお話です。

 

女性の身体はデリケートに出来ています。

必ず毎月同じ日数で排卵と月経が

来るわけではありません。

 

ストレスや環境の変化、

生活習慣など様々な要因で

簡単に変化してしまいます。

 

「いつもと違うな」とすぐに

気づくことができる為には、

自分の身体を知ることは

とても大切なんですよ。

基礎体温をつけて自分の身体を

観察してみましょう。

月経困難症。日本の女性は我慢好き?

日本では現在800万人以上の方が、

月経困難症と推定されています。

5人に1人が痛みと戦っていると

言われているほどです。

しかし治療しているのはわずか10%。

日本人女性は我慢強いのでしょうか?

 

そんな私も月経開始の数日前から

身体の調子が悪くなる1人です。

 

今日はそんな月経困難症と、

その痛みと戦う女性が

少しでも楽になるような対処法を調べてみました。

 

 

【目次】

1.月経困難症とは

2.月経困難症の症状

3.月経困難症の原因

4.月経が少しでも楽になる暮らし

 

 

 

【本文】

1.月経困難症とは

月経困難症とは、

月経期間中に起きる病的な症状の事を言います。

そんな月経時に起きる強い生理痛が

月経困難症として考えられています。

生理痛は痛いものですが、

我慢するものではありませんよね。

でも日本人女性は我慢をしてしまいます。

 

毎月毎月そんな強い痛みと戦っていたら、

学校や会社、さらには日常生活にまで

支障が出てしまいます。

 

 

 

2.月経困難症の原因

月経困難症の原因は大きく分けて

2つあります。

 

①器質性月経困難症

子宮の病気が原因となる月経困難症の事を

器質性月経困難症と言います。

子宮筋腫

子宮内膜症

・子宮腺筋症

などが原因の疾患と言われています。

 

(治療)

原因である疾患の治療を行っていきます。

また、対症療法で、漢方薬や鎮痛剤を使用した

経過観察をする場合もあります。

 

 

②機能性月経困難症

疾患などが見つからず、

明らかな原因が見当たらない場合を、

機能性月経困難症と言います。

 

女性ホルモンである「プロスタグランジン」

の分泌が多い場合、

子宮筋の感受性が高くなり、

過剰に反応してしまうのが原因とされています。

過剰に反応した子宮筋は、

激しく収縮し強い生理痛を生みます。

 

初潮を迎えた間もない思春期の女性に多く、

成長と共に軽くなるとされています。

しかし、器質的月経困難症の原因である、

子宮内膜症の初期症状という場合もある為、

我慢はせずに1度検査を受けておきましょう。

 

(治療)

女性ホルモンの「プロスタグランジン」

抑制効果のある鎮痛剤での治療や、

低用量ピルなどを使う場合があります。

 

 

 

3.月経困難症の症状

月経困難症の代表的な症状は、

月経痛です。

下腹部痛や腰痛に加えて

肛門周囲に痛みを感じることもあります。

又月経からくる貧血による症状も現れます。

 

・倦怠感

・頭痛

・吐気、嘔吐

・めまい

・イライラ感

・不安感

・不眠

 

など個人差がありますが、

強い痛みと共にこのような症状が現れます。

 

ではここであなたの月経チェックをしてみましょう。

 

・鎮痛剤が必ず必要となる

・市販の鎮痛剤では効かなくなった

・月経痛がだんだん酷くなってきたと感じる

・月経以外の時にも腰痛や下腹部痛がある

・月経の時に日常生活に支障が出るほど痛みがある

・排便やセックス時に痛みがある

・月経時痛みにより横になったり、座り込んだりしなければならない

・吐気や頭痛に悩まされ思考能力が低下する

・食欲がなくなる

・子供が欲しいが妊娠しない

 

月経時期にこのような症状に心辺りがある場合は、

月経困難症かもしれません。

又、婦人科系の病気が隠れている可能性もあります。

痛みやその他の症状を我慢せず

婦人科を一度受診してみましょう。

 

 

 

4.月経痛が少しでも楽になる暮らし

月経痛と毎月戦う人の為に、

少しでも楽になる方法をご紹介します。

 

①身体を温める

身体を温めて血流を良くすることは

とても大切になってきます。

特に下半身の冷えは月経痛を強めてしまいます。

お勧めは入浴です。

よく入浴は経血量を増やすと勘違いされやすいですが、

実際は変わりませんし、

逆に血流が良くなる為、

積極的に入浴するべきです。

 

入浴剤やアロマオイルなどの力も

借りていきましょう。

 

 

②ヨガ

強い痛みを感じる時は、

身体や神経が緊張状態です。

そんな時はヨガがおすすめ。

最近は

リラックスヨガ

アロマヨガ

など身体にも心にもアプローチできるような

ヨガがあります。

一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

③豆乳

生理痛は女性ホルモンの

エストロゲン」不足とも言われています。

大豆イソフラボはエストロゲンに似た働きをしてくれる為

近年大注目です。

納豆や枝豆など大豆食品全般に言えますが、

特に豆乳は簡単に摂取できますし

続けられるのでお勧めです。

 

 

3

月経1週間前から月経中も控えた方がよい

3Cがあります。

 

1C chocolate(チョコレート)

2C coffee (コーヒー)

3C cheese (チーズ)

 

プロスタグランジン以外にも

生理痛の原因となる物質、それが「チラミン」です。

このチラミンは3Cに含まれていて、

chocolatecoffeeにはカフェインまで

含まれています。

カフェインには血管収縮作用があり、

身体の冷えを呼んでしまうのです。

3Cには気をつけて。

 

 

 

【まとめ】

月経困難症と戦っている女性が

こんなに多いなんて知りませんでした。

改めて男性が羨ましい。

 

まずは病気が隠れていないかの

検査は大切です。

早期発見、早期治療が、

月経困難症から救ってくれるかもしれません。

 

又月経痛を我慢している人は、

一度婦人科を受診してみるのも、

大切ですよ。

 

日本の女性の月経困難症が

少しでも緩和されますように。

疳の虫は子供がしっかり発達している証拠!?

昔から、

子供が夜泣きをしたり、

疳癪を起したりする事を

「疳の虫(かんのむし)が騒ぐ」

などと言われていますが、

若い世代のママやパパは

初耳かもしれませんね。

 

当然疳の虫が本当に

いるわけでもありませんし、

病気でもありませんが、

昔は、身体の中の疳の虫が悪さをすることで、

子供を興奮状態にすると

考えられていたという説があるんです。

 

今日はそんな疳の虫について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.疳の虫とは

2.疳の虫の具体的な症状

3.赤ちゃんの疳の虫の対処法

41歳から2歳ごろの疳の虫対処法

 

 

 

【本文】

1.疳の虫とは

疳の虫が騒ぐような状態、

つまり子供の夜泣きや疳癪時の様に、

興奮状態の時をそのように表現します。

 

疳の虫が始まるのは、

ママやパパがそばにいなくなった時、

不安を感じる時から始まると言われています。

 

最も起きやすい時期は、

生後68カ月頃で、

見た事のある人、

見た事のない人の区別ができるようになり、

「人見知り」が始まる頃と一致するのです。

 

又、自分の空腹感を感じた時や、

ストレスを受けた時にも疳の虫が騒ぎ出します。

 

疳の虫が騒ぎだすのは、

決して病気でも障害でもなく、

子供が発達している、成長している証拠なのです。

そして、ママやパパの存在が

とても大切なものとなっている証でもありますよね。

 

 

 

2.疳の虫の具体的な症状

疳の虫として代表的な症状は、

4つあります。

 

①夜泣き

0歳~3歳までの子供に多く現れます。

 

②疳癪

感情の表現が上手くできない為、

大声で叫んだり、泣いたりします。

 

③痙攣

大泣きしたあとに、呼吸困難になったり、

意識が無くなったりする泣き入り痙攣が発生します。

 

④ひきつけ

異常な興奮状態である為、

筋肉が急に収縮しひきつけを引き起こします。

 

その他にも、

食が細くなる子、

下痢や便秘になる子、

不機嫌になる子

など症状はその子供によって違います。

 

特に疳の強い子と言われる子供は、

神経が興奮しやすい性格であることや、

敏感な気質の性格であることが多く、

少しの刺激で驚いたり、怖がったりします。

 

大人では気にならない、

音、光、肌触り、などの部分にストレスを

敏感に感じてしまう赤ちゃんは

特に夜泣きが酷くなるようです。

 

 

 

3.赤ちゃんの疳の虫の対処法

疳の虫が騒いでいる様な興奮状態の時、

ママやパパは困ってしまいます。

そして自分も一緒にイライラなんて事にも

なりますよね。

 

興奮状態を落ち着かせる為に、

安心感を与えてあげる事が大切です。

優しく抱っこをする

優しく話しかける

など赤ちゃんが安心するような行動を

取ってあげることで、

興奮状態が治まっていきます。

 

日ごろからスキンシップを沢山取って、

一緒に遊ぶ時間を増やしてあげることも、

効果があるようですよ。

 

又ストレスを受けている場合も疳の虫は

騒ぎ出します。

赤ちゃんの周りにストレスの原因に

なっている物が無いか

観察してあげるのも大切です。

 

 

 

41歳から2歳ごろの疳の虫対処法

魔の2歳児とよく言いますが、

1歳~2歳になるころに、

疳癪が酷くなる時期、

最近は「イヤイヤ期」

と呼ばれる時期に突入します。

 

1歳頃からの脳は驚くべきスピードで

毎日成長し続けます。

もちろん個人差はありますが、

そんな脳が成長する

1歳から2歳というのは丁度

自我が芽生え、

記憶力も良くなる時なんです。

 

例えば

「これがしたい!」

という自分がいるのに、

うまく言葉では伝えることができず、

大声で叫んだり、泣いたりしてしまうのです。

 

又、記憶力の面では、

「これをしたい時はこれをすればいい」

という流れはつかめていても、

身体が思う様についてこられず、

できない事に対して、

泣きわめいてしまうんです。

 

こんな1歳~2歳ごろの疳の虫対処法は、

 

①気持ちを分かってあげる

「○○したかったんだよね。」

「○○できなくて嫌だったよね。」

などと言葉をかけてあげるようにしましょう。

又、できた時は反対に、

「○○できてすごいね。」

「○○できたんだね。えらいね。」

などの言葉で声をかけることで、

パパやママが自分の気持ちを分かってくれたと

感じる為、気持ちが落ち着きます。

 

 

②抱きしめてあげる

泣きわめいたりすると、

パパやママもイライラしたりして、

ついついきつい口調になったり、

怒ったりしてしまいますよね。

そんな時は何も言わずに、

まずは抱きしめてあげましょう。

 

抱きしめることで徐々に落ち着きを取り戻し、

お話ができるようになります。

そこで「何が嫌だった?」という質問を

投げかけてあげると、

自分の気持ちを聞いてくれる安心感が生まれます。

又、自己表現の仕方も学習できますよ。

 

 

③無視は絶対NG

子供が言う事を聞かずにいると

「もう勝手にしなさい!」

と無視をするママやパパがいます。

気持ちは分かりますが、

これはNGの逆効果です。

 

パパやママからの無視は、

子供は精神的に傷ついてしまうのです。

もしかすると自己表現自体をあきらめ始め

表現の発達に影響が出てしまうかもしれません。

無視をしたい気持ちをぐっと我慢して、

気持ちを理解してあげようと、

子供の声には耳を傾けてあげましょう。

 

 

 

【まとめ】

子供のイヤイヤ期。

とても大変なのはわかりますし、

ついつい強い口調になったり、

怒ったりしてしまいますよね。

 

でもそれが逆効果だったり、

もしかすると自己表現発達の

妨げに繋がってしまうんです。

 

疳の虫は成長の証。

その時期は1度しかありません。

もしも自分がイライラした場合は、

何も言わずに抱きしめてあげることで、

自分も子供も気持ちが落ち着くそうですよ。

スキンシップは大切ですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ