渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

熱中症への対抗手段4選。岐阜の異常な暑さに負けないために

 

40度越えが普通に聞こえてきた

最近の気温。

 

異常ですよね・・・

 

今日の朝のニュースで

日本だけでなく、

世界中が暑さと戦っているようです。

 

カリフォルニアでは

なんと!?

50度越えをしているようです。

 

50度越えをしたら、

エアコンも壊れてしまうんでは?

人もとろけてしまいそうです。

 

そんな異常な暑さなので、

熱中症で亡くなられた方、

毎日毎日病院に運ばれる方が

続出していますよね。

でも逆に倒れない人もいる!

 

対策をしっかりしている人は

倒れないのではないでしょうか?

 

 

 

【目次】

1熱中症の4つの症状。

2熱中症に特に気をつける人の特徴

3.4つの熱中症対策とは?

4熱中症に気付いたら。いまからでも出来る事

 

 

f:id:hari-9:20180908173534j:plain

 

 

【本文】

1熱中症の4つの症状。

本当は熱中症になる前から対策をし、

気をつけることが大切ですが、

 

熱中症の初期症状を知ることで、

その症状に気付き

重症化する前に早めの処置

ができますよね。

 

①手足の症状

手足のつり

筋肉の痙攣

手足のしびれ

 

 

②肌の症状

汗が噴き出るように出る

暑いはずなのに汗が出ない

顔がほてって熱い

皮膚が高温で熱い

皮膚が乾燥しすぎて赤い

 

 

③身体の症状

めまい

吐気

下痢

身体がだるい

 

 

④重症な症状

呼びかけにも反応できない

身体がひきつけを起こす

真っすぐ歩けない

自分で水分補給ができない

 

特に、重症な症状の場合は

命に関わる危険な状態です。

すぐに医療機関を受診してください!

 

 

 

2熱中症に特に気をつける人の特徴

では熱中症になりやすい人、

特に対策をしておかなければならない人

を知っておきましょう。

 

①子供

体温調節機能が

まだ十分に発達していない乳幼児。

 

そして大人よりも

地面からの熱を受けやすい子供。

 

自分で喉が渇いたと感じて、

飲み物を飲めない子供たちは

特に大人の注意が必要です。

 

又、部活や遊びに集中し、

頑張りすぎて休憩や

水分補給を忘れてしまいがちな

子供たちも要注意です!

 

 

②高齢者

体温調節機能が逆に低下している

高齢者も周囲の方の注意が必要です。

 

エアコンを使用しない

高齢者の方もいるようですが、

この夏の暑さは異常です。

 

経験した事のない暑さなので、

無理せずエアコンを使って、

過ごしやすい室内を作りましょう。

 

又、喉が渇いたという感覚も

低下している為水分補給が

遅れがちな高齢者の方は注意が必要です。

 

 

③料理をする人

見落としがちなのは、

火の側で料理をする

お母さんやお父さん。

料理人の人達です。

 

料理で火を使うと言う事は、

熱と共に蒸気も発生します。

 

高温多湿の環境を

作り出してしまうんです!

料理をする時は

水分補給をするよう注意しましょう。

 

料理をする時は

私もお茶など飲み物をコップに

入れてそばに置き、

いつでも水分補給できるよう

対策を取っていますよ!

 

 

 

3.4つの熱中症対策。

 

①気温だけでなく湿度もチェック

気温だけでなく、

ジメジメする湿度もチェックして、

自分のいる環境が

どんな状態なのかを知る事は対策の一つです。

 

先月沖縄に行きましたが、

暑いと言われる沖縄の方が

過ごしやすかったのは、

湿度の違いでしょうか。

 

高温多湿な状態が

一番熱中症になりやすいのです。

 

 

②変な自信は捨ててエアコンを使う

高齢者の方などに多く見られますが、

自分は暑さには強いから大丈夫と

変な自信を持っている人がいます。

 

我慢しても意味はありませんので、

エアコンを使用して

快適な環境を整えることは

時としてとても大切な事です。

 

 

③水分補給は塩分やミネラルも考えて

お茶や水だけの水分補給では

熱中症対策としては、完璧ではありません。

汗と一緒に、

塩分(ナトリウム)が排出されていきます。

 

水分と一緒に

塩分も補う事が大切ですね。

 

 

④生活習慣の見直し

暑さに負けない身体作りは

大切な対策の一つ!

 

丈夫な身体を作る為の食事は

栄養バランスを考えること。

 

しっかり睡眠を取る為に、

寝室環境を整えること。

 

食欲がない、

やる気がでない、

寝不足

では暑さに負けてしまいますよ!

生活習慣を見直しいていきましょう。

 

 

 

4熱中症に気付いたら。いまからでも出来る事

自分や周りの人が熱中症かも!?

と気付いた時は早めの処置をしましょう。

 

①涼しい場所へ移動させる

②衣服を脱がし体温を下げる

経口補水液で水分、塩分補給をする

④うちわやタオル等で風をあてる

 

もし周りの人が熱中症で倒れ、

意識がない場合や

水分補給が自分で困難

 の様な重症な場合は、

 

救急車が来るまで

上記の様な応急処置を

してあげましょう。

 

 

 

■まとめ

喉がかわいた!と思った時は

遅いともいわれている水分補給。

 

喉が渇く前に、

こまめな水分補給が大切ですね!

 

又、お茶だけ飲んでいた人が

熱中症で倒れたと聞きました。

 

沢山汗をかく時はやはり、

塩分補給も大切ですね。

 

 

まだまだ暑さが続きますが、

お体に気を付けて

しっかり対策をしていきましょう。

 

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ