渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

日焼け対策に食べたい物。岐阜の猛暑に耐えるには?

 

外側は日焼け止めで対策しているけど、

内側からも対策すれば効果は23倍になるんじゃないのかな?と思って調べてみました。

日焼け対策に食べたい物。

もちろん日焼けしてしまった人にも内側から回復できちゃうのでお勧めです。

 

紫外線を浴びた時、体は錆びついてボロボロの状態になっているんです(活性酸素発生)。

恐怖でしかないですね。

私がびっくりした日焼け対策ができる食べ物とその効果もご紹介します!

 

 

私が一番びっくりしたのはチョコレート

えっっ!?と思った方いますよね?

 

チョコレートはカカオ豆からできていて、

そのカカオ豆にはカカオポリフェノールが含まれているんです。

このカカオ豆が、食べると日焼け止めと同じ効果があるんです。

体が錆びないように働いてくれたり、

敏感肌の改善をしてくれたり、

肌の老化の時間を遅らせてくれたり。

ココアの苦みが血流をよくし新陳代謝を高めてくれるので、

日焼けしたお肌を細胞から回復させてくれる効果があるんです!

 

一応甘いチョコレートでは板チョコ半分ぐらいが1日の目安。

でも最近はカカオ度が高い50%や70%がお菓子売り場で気軽に手に入るので

この夏手にとってみてはいかがでしょう。

 

 

2つ目は、スイカです。

 

イカの分類は果物では無く野菜です。この野菜とトマトと同じリコピンが豊富、

そして緑黄色野菜と呼ばれている物以上にβカロチンの量が豊富なんです。

ピーマンやトマトよりもです。

スーパーアミノ酸という、血管を健康に保ってくれる成分も含まれているスイカ

体が錆びないようにしてくれるパワーが強く、肌が黒くならないよう抑えてくれたり、

血流がよくなり新陳代謝を高めてくれるので細胞レベルからお肌を早く回復させてくれたりするんです!

90%以上が水分のスイカは、ほてった体を冷やしてくれる効果もあるので、

日焼けした後の食べ物にも最高ですね。

夏にスイカを食べるのも納得しました!

 

 

3つ目、アボカドです。

 

アボカドは野菜ではなく果物です。

「食べる美容液」と聞いたことはありませんか?

夏は「食べる日焼け止め」に大変身です。

アボカドに含まれる栄養素は量がすごいのでここは効果だけ書いてみますね。

加齢と共に失われるコエンザイムQ10、エイジングケアの一つですが、食べるコエンザイムQ10です。

アボカド自信が紫外線から身を守る為に作られた成分が入っている為、食べるUVカットです。

アボカドの脂肪分自体が皮膚を健康に保つ皮脂の成分。皮膚の再生や保湿力がすごいので、食べる美容液です。

皮膚や粘膜を保護する効果があるビタミンAが含まれていて、肌の表面をととのえてくれ、ハリ・艶が良くなります。

血流がよくなり、新陳代謝が高まるので、お肌を早く回復させてくれます。

まだまだ沢山の効果がありそうなアボカド!絶対サラダに入れようと心に決めました。

お肌にずっと塗っておきたい気分です。

 

 

4つ目は、お魚です。

 

カルシウムの吸収を良くする働きがあることは知っていますが、

日焼け対策とはイコールにならないので、びっくりした人多いはず!

魚には良い油が含まれています、それがオメガ3脂肪酸です。

このオメガ3が紫外線を浴びた肌が老化に向かうのを守ってくれる効果が高いんです。

亜麻仁オイルエゴマオイルにも含まれているので、積極的に取りたいですね。

ただし、注意点があります!熱には弱い為魚はお刺身で、オイルはドレッシングで取りましょう。

 

以外な食べ物が入っていいてびっくりしたんじゃないですか?

こんなに強い味方になってくれるんだ!と勉強になりました。

みなさんも覚えておいて損は無いと思いますよ。

 

トマトやキウイなどみなさんも知っている食べ物なども上手に取り入れて、

外側だけでなく内側からも日焼け対策をして、夏を思い切り楽しみましょう。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ