渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

健康な油で体が変わる!あなたの油は大丈夫ですか?

オイルと言えば摂取すると

「太る」というイメージですが、

 

ココナッツオイルやオリーブオイルが

流行ってからは、

身体にいいオイルがあるんだ!

と知った方も多いと思います。

 

最近ではスーパーのオイル売り場の棚に

沢山の種類が並んでいますよね。

 

普段摂取しているにも関わらず

オイルについての基礎知識が

あいまいだったので調べてみました。

 

 

 

【目次】

1.オイルとは

2.オイルの種類

3.オメガ6とオメガ3

4.身体にいいオイルの摂り方

 

 

 

【本編】

1.オイルとは

三大栄養素である、

たんぱく質、炭水化物そして脂質(オイル)。

オイルは少しの量で、沢山のカロリーを作ることができ、

それが身体のエネルギーになります。

 

カロリーを気にして、

積極的に摂らない人も多いとは思いますが、

 

そもそもオイルは、

私達が生きていく上で必要な

血液、ホルモン、細胞膜、

そして、体温保持の材料なんです。

 

摂らなければならないのなら、

身体にいいオイルにしたいですよね。

 

 

 

2.オイルの種類

オイルには沢山の種類があります。

 

みなさんも良く耳にするバターや牛脂は固形ですよね。

これは「飽和脂肪酸」と言って、

人が摂取すると固まりやすくなってしまいます。

 

固まるということは血液がドロドロになり、

動脈硬化を引き起こしてしまいます。

食べすぎはよくないですよね。

 

常温でも液体で、固まらない油を

不飽和脂肪酸」といいます。

植物性の液体オイルや

動物性でも固まらない青魚オイルの事です。

 

一時期流行ったココナッツオイルは、

常温では固まった状態です。

 

でもココナッツオイルは、

「中鎖脂肪酸」と言って、

脂肪としては蓄積されにくいタイプのオイルになります。

 

 

 

3.オメガ6とオメガ3

次は固まらないオイル、不飽和脂肪酸を見ていきます。

不飽和脂肪酸の中には

体内で作りだせる成分が含まれる「多価飽和脂肪酸」と

作りだせない成分がふくまれる「一価飽和脂肪酸」があります。

 

「一価飽和脂肪酸」は代表的な物がオリーブオイルです。

オリーブオイルにはオレイン酸70%も含まれており、

このオレイン酸には

便秘予防、悪玉コレステロール減少、

動脈硬化予防、高血圧予防

という効果があります。

 

「多可飽和脂肪酸」の中にはオメガ6とオメガ3があます。

 

・オメガ6

私たちの身近なオイルです。

リノール酸が含まれる

サラダオイル(コーンやひまわり等)、

マヨネーズなど植物油全般です。

 

動脈硬化予防、高血圧予防

という効果はありますが、

普段の食事から十分に摂取できる為、

摂りすぎに注意しなければならないオイルです。

 

 

・オメガ3

身体、美容に良いオイルです。

リノレン酸が含まれるエゴマオイル、亜麻仁オイル

(効果)

脳細胞活性

高血圧予防

アレルギー症状改善

がんの発生抑制 など

 

青魚に含まれるDHAEPA

(効果)

高血圧予防

動脈硬化予防

脂質異常症予防

 

他にも

DHAには脳の働きをよくしたり、

眼の機能改善させたり

 

EPAには脳卒中予防、

アレルギー症予防、

炎症性疾患改善させたり、

沢山の効果があります。

 

普段の食事からは不足しがちになる為、

積極的に摂取したいオイルです。

 

 

 

4.身体にいいオイルの摂り方

オイルにも熱に強い、弱いがあるようです。

 

・オリーブオイル

酸化や加熱に強いオイルです。

加熱が必要な料理、揚げ物料理には

オリーブオイルを使用しましょう。

 

・亜麻仁オイル、エゴマオイル、DHAEPA

加熱に弱いオイルです。

亜麻仁オイルやエゴマオイルはサラダにかけたり、

DHAEPAはお刺身など生食がおすすめです。

 

 

・ココナッツオイル

熱には強いです。

中鎖脂肪酸200℃でも成分が減少しない

データが出ています。

加熱が必要な料理にココナッツオイルもおすすめです。

 

 

・サラダオイル

加熱しても大丈夫ですが、

長時間高温で調理をした場合

悪い油になってしまいます。

繰り返し使ったり、じっくり揚げる揚げ物などには

向いていません。

 

私もオイルは料理に使うので、

これからは、正しい使い方をしようと思います。

 

 

 

【まとめ】

食生活が欧米化してきた日本ですが、

昔の日本人の体形が細身で健康的だったのは、

食卓にはいつも魚料理があったからではないでしょうか。

 

身体に良い油を正しい使い方で摂取することは、

肌荒れ予防にも繋がります。

 

血液をサラサラにして健康診断で、

心配する数値が無くなるといいですね、

 

身体のオイル交換みなさんも始めてみませんか?

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ