渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

梅雨時期も美髪の秘訣とは?

 

梅雨の時期

ただでさえ気分が上がら無いのに、

うねったり、膨張して広がったり、、、

髪まで言う事を聞いてくれなくて。

 

悩みは様々ですが、

梅雨時期も美髪でいられたら、

少しは気分が上がると思いませんか?

 

そこで梅雨時期におすすめヘアケア対策

を調べてみました。

 

 

 

【目次】

1.梅雨時期ヘアの状態

2.髪のダメージ原因

3.本当のヘアケア

4.梅雨時期対策

 

 

 

【本編】

1.梅雨時期ヘアの状態

まずはなぜ梅雨時期になると

髪が広がるのか?

その原因は「髪のダメージ」です。

 

髪の毛の構造は内側から

メデュラ:芯である細胞

コルテックス:皮脂である養分

キューティクル:内側2つを包み込む毛表皮

の3層からなっています。

 

痛んだ髪はキューティクルが破壊されて、

養分が外に漏れ出している状態。

放置すれば中身はスカスカです。

 

梅雨時期の「湿気」の水分を、

スカスカな部分が吸収する為、

11本が変な形に膨張し、

一定では無くなってしまう。

その結果、うねり、広がり

が起こるのです。

  

髪もお肌同様、

水分バランスが重要という事です!

 

 

 

2.髪のダメージ原因

髪のダメージは

なぜ起こってしまうのでしょうか?

 

・紫外線ダメージ

外出時お肌は紫外線対策しますよね。

髪の紫外線対策ってしていますか?

 

髪は顔の約5倍以上の

紫外線を浴びていると言われています。

対策をしていない無防備な髪は

火傷状態ですよね。

キューティクルの破壊、切れ毛、枝毛

の原因です。

 

 

・ドライヤーの熱

毎日髪を乾してくれるドライヤー。

 

髪の毛はケラチンと言うたんぱく質などで

構成されています。

 

たんぱく質という成分は熱に弱く

ドライヤーやヘアアイロンによって、

たんぱく質変性を起こします。

 

1度たんぱく質変性を起こした髪は、

元の状態には戻らず、

次の日また紫外線を浴び、

ますます傷んでいくのです。

 

 

・ヘアカラーやパーマ

カラーやパーマに入っている薬は

髪に良い物とは言えません。

繰り返してきた、カラーやパーマで

髪は傷んでいきます。

 

 

・間違ったヘアケア

ブラッシングやカットも、

髪には刺激になり、

傷みの原因になります。

 

もちろん毎日行うシャンプーもです。

 

安いシャンプーには界面活性剤や、防腐剤、

石油系合成の髪に悪い成分が含まれています。

この成分が入っているシャンプーは泡立ちが良く

洗浄力を中心に考えて作られています。

髪の汚れはしっかり落ちるものの、

必要な皮脂までしっかり落としてしまうので、

髪の乾燥、きしみの原因になってしまうんです。

 

 

 

3.美髪を作るヘアケア

結局ヘアケアの一番注意すべきは「乾燥から守る」

という事になります。

 

まずは毎日使用するシャンプーを

「洗浄力」から「潤い力」に

チェンジしてみてください。

そして、基本のヘアケアも大切になってきます。

 

 

①シャンプーポイント

・洗う前にブラッシングでほこりを落とす

・シャンプーをつける前にしっかり濡らし、軽く水気を切る

・シャンプーは掌で泡立て、地肌からつける

 

 

②トリートメントポイント

・トリートメントをつける前にしっかり水気を切る

・根元から毛先まで髪全体に行き渡らせる

・約5分程放置する(長くても効果は変わりません)

・しっとり感が残るぐらいのすすぎでOK

 

 

③ドライヤーポイント

・タオルドライをしっかりして水気を切る

・タオルドライをした後に洗い流さないトリートメントをつける

・弱風で、中間から毛先を乾かす

・ドライヤー約8割、自然乾燥約2割の目安にする

・乾いた後に毛先から優しくブラッシングする

 

 

 

4.梅雨時期対策

正しいヘアケアにプラスして

梅雨時期の対策もしていきましょう。

 

・蒸しタオル

トリートメント放置時に、

蒸しタオルで髪を包み込み

浸透力をアップさせましょう。

 

 

・トリートメント

キューティクル補修力の高い

トリートメントを使いましょう。

又、洗い流さないトリートメントを

ドライヤー後にもう一度塗布して

しっかり保護してあげましょう。

 

 

・UVケア

帽子や日傘などで髪にも

日焼け対策をしてあげましょう。

最近は髪にも使える

UVスプレーも出ています。

傷みがひどくなる

毛先ぐらいにはつけてみるのも

いいかもしれません。

 

 

 

【まとめ】

乾燥→髪のダメージ→乾燥、、、

無限ループですね。

 

梅雨時期に髪が膨張したり、うねる人は

髪が乾燥している証拠。

しっかり髪に水分補給をしないと

嫌な無限ループから

出ることはできませんね。

 

正しいヘアケア+対策をして、

梅雨時期に美髪で歩きましょう。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ