渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

その乾燥肌、水分の取り方を間違えていませんか?

毎日飲んだり、触ったり、洗ったり、

私達の生活には当たり前にある「水」

 

 

水分の取り方を間違えると

かえって乾燥することをご存知でしたでしょうか?

 

 

【目次】

1.身体の水分量

2.乾燥が与える影響

3.美容に良い水の飲み方

4.五感で感じるお水

 

 

 

【本編】

1.身体の水分量

私達の身体は約60%が水分です。

新生児が約80

高齢者は約50

生まれてから死ぬまでの間ずっと

水と一緒に生きているのです。

 

さらに、年齢とともに

水分量は減少していき乾燥し始めます

 

血液 約90

皮膚や筋肉 約70

脳 約80

脂肪 約1030

 

私達の身体の水分量20%を失えば命に危険が及ぶ

と言われるほど、水は大切な存在なのです。

 

 

 

2.乾燥が与える影響

水分量が足りないと言う事は、

身体が乾燥状態であると言う事です。

乾燥が与える影響を見ていきましょう。

 

 

・身体と乾燥

身体の水分量が減少すると

熱中症、脱水症状になります。

 

先ほどの数字覚えていますか?

栄養成分を運ぶ血液の約90%が水でできています。

 

血液中の水分量が減少すれば、

血液はドロドロになり、

動脈硬化脳梗塞心筋梗塞

など様々な病気を引き起こす原因になるのです。

 

 

・お肌と乾燥

皮膚や筋肉の水分量は約70%でしたね。

潤ってプルプル肌に見えるの赤ちゃんは約80%、

シミ、シワが目立つお肌に見える高齢者は約50

お肌とお水は深い関係で繋がっています。

 

紫外線を浴びた状態は火傷の状態です。

外気に触れるだけでも乾燥します。

 

毛穴や黒ずみの原因も乾燥

ニキビの原因も水分と皮脂のバランス問題

肌トラブルの原因はお肌の乾燥から始まるのです。

 

外側からも内側からも水分補給が必要ですね。

 

 

・髪と乾燥

髪のうねり、

広がりの原因は「乾燥」です。

たんぱく質からできている髪は、

熱に弱いんです。

 

紫外線対策をしていない無防備な髪は

紫外線を浴びて乾燥します。

 

洗浄力の強いシャンプーを使って

また乾燥します。

 

夜髪を乾かす為の

ドライヤーの熱を浴びてまたまた乾燥します。

 

乾燥がすすんだ髪の表面のキューティクルは

ボロボロ状態になり、

中の養分・細胞が流れ出てスカスカになった髪は

切れげ、枝毛、抜け毛に繋がるのです。

 

因みに髪の毛が生える頭皮もお肌です。

お肌の乾燥、髪の乾燥、大元の身体の乾燥が

美容にはとても影響することが分かりますね。

 

 

 

3.美容に良い水の飲み方

お水の種類によって美容への効果が違ってくるようです。

種類と飲み方を見てみましょう。

 

①ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは名前の通り、

ミネラルが豊富に含まれたお水です。

 

ミネラルウォーターを飲むと

便秘解消に効果があります。

 

硬水を過剰摂取は下痢の原因に

なることがあるので、注意してください。

 

 

②水素水

最近流行りの水素水です。

デトックス効果や

活性酸素を除去してくれる為

身体やお肌の老化予防に効果があります。

 

 

③炭酸水

炭酸ガスを含んでいるので

血行が良くなり、疲労回復、

デトックス効果があると言われています。

 

いくら水分補給は大切だからと

大量に飲めば良いというわけではありません。

 

1日に飲む理想的な量は約1.5ℓ

この1.5ℓをコップ1杯づつ

8~10回に分けてこまめに飲む事が大切です。

 

例えば

起床時、入浴前後、就寝前 など

 

冷えた物より体温に近い

常温で飲むことでスムーズに

身体の中にしみ渡ります。

 

 

 

4.五感で感じるお水

お水には飲む・触る以外に

心を癒す効果もあります。

 

耳から癒されるヒーリングミュージックに

水音が利用された物があります。

静かな雨音や川のせせらぎ音

というのは心が穏やかな気分になります。

 

又、時間があれば

眼から癒される事もできます。

 

新緑に包まれた川の流れや

豪快に流れ落ちる滝を見ているだけで

気分がリフレッシュできたり、

癒されたりする効果があります。

 

岐阜にある上高地は私のお勧めです。

 

日常のストレスを忘れさせてくれる

「お水」は身体の宝物です。

 

 

 

【まとめ】

年齢や性別関係なく、

これから始まる暑い季節は

熱中症、脱水症状に気をつけなくてはなりません。

 

身体を水で潤すことは

美容にも繋がるという事がお分かり頂けましたか。

 

乾燥してから水分補給するのではなく、

身体も心も「お水」で潤してあげましょう。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ