渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

肩こりを悪化させない為の生活

 

肩こりに悩んでいる人は

どれぐらいいるのでしょうか。

 

自分でほぐして悪化してしまった。

冷やしてみたら首まで痛くなった。

 

下手に触ると

悪化してしまうかもしれない肩こり。

 

あなたは間違った対処をしていませんか?

 

 

【目次】

1.肩こりとは?

2.肩こりの影に潜む病気とは

3.  5つの原因と問題点

4.正しく肩こりを改善するには

 

 

 

【本編】

1.肩こりとは何?

肩こりは腰痛などと並んで、

確定的な治療法が無く、

不明な点が多い疾患です。

 

原発性肩こり

肩まわりの持続的緊張により、

筋肉が硬くなり循環障害が起きる。

その疲労物質が蓄積しこの物質の刺激により起こります。

 

 

・症候性肩こり

別の疾患が原因で発生します。

心疾患、頸椎症、眼疾患、歯疾患、肩関節疾患など

疾患からくる肩こりです。

 

何か物が乗っている感じ、

鉄板が入ったような感じ、

という重苦しさを放置し

背中が痛くて眠れない、

頭痛が酷い

など肩こりから第2の痛みを

引き起こしてしまう事もあります。

 

下手に触って悪化することが一番多いです。

 

 

 

2.肩こりの影に潜む病気。

他の病気が隠れている事もあります。

 

自律神経のバランスが

崩れている可能性がある為、

自律神経失調症

更年期障害と繋がっている場合があります。

 

自律神経失調症と診断された人には、

肩こりだけでなく、めまい、頭痛、手足のしびれなど

他にも症状を訴える人が多いです。

 

更年期障害と診断された人には、

身体のほてり、頭痛、倦怠感、動悸

などの症状も訴える人が多いです。

 

裏に病気が隠れているか可能性もあるので、

安易に肩こりだけで終わらないことも必要です。

 

 

 

3. 5つの原因とは

日本人に多い肩こりの原因を調べてみました。

 

①猫背

背中やお尻に筋肉が少なく、

前かがみになりやすい体型をした日本人には

猫背の人が多いのですが、

この姿勢は血流を悪くしてしまう為

肩こりの悪化に繋がってしまいます。

 

 

②働きすぎ

日本人はパソコンやスマホを長い間見ています。

肩周りの筋肉が緊張した状態を

続けている時間なので凝り固まってしまいます。

 

 

③運動不足

運動不足な人も多い日本人。

筋肉を刺激させない事

から肩こりへと繋がってしまうのです。

 

 

④冷え症

最近は冷房の利いた室内で仕事をする事が多い男性も

知らないうちに冷え症になっています。

血流が滞る冷えは肩こりだけではなく、

全ての凝りを引き起こします。

 

 

⑤ストレス

ストレスは筋肉が緊張した状態です。

そして血流も滞った状態なのです。

精神的なストレスから肩こりの

悪化にも繋がってしまうのです。

 

 

 

4.正しく肩こりを改善するには?

では肩こりを少しでも改善させるには

どのような事に気をつければよいのでしょうか。

 

・肩なで

肩たたきや肩もみをする人もいますが、

肩こりには肩なでをすると良いです。

 

トントン叩くと逆に緊張してしまい、

ぎゅっと力を入れるともみ返しで逆効果に

なってしまいます。

ゆっくり優しく、なでる肩なでは

温まり、血流も良くなる為お勧めです。

 

 

・肩ストレッチ

凝り固まった肩は、血流が滞っています。

酷い肩こりになる前に、ラジオ体操のように

肩を回したり、伸びをしたりする肩を意識した

ストレッチをする様にしましょう。

 

 

・カバンの持ち方

身体の左右のバランスを取る事は

肩こり改善には重要です。

重たい物を利き手だけで持ったり、

ショルダーバックを常に片方だけに

掛けていたりしていませんか?

片方の肩だけに負担をかけるような

カバンの持ち方は止めましょう。

 

 

・正しい姿勢を保つ

原因の1つでもある猫背にならないよう

正しい姿勢を保ちましょう。

壁側に背中を向けて立ち、

壁に頭、背中、おしり、かかとをつけてみてください。

この状態がまっすぐな姿勢です。

このまっすぐな姿勢を意識してみましょう。

 

 

スマホの位置

スマホの普及から便利になった半面

姿勢が悪くなる人が増加中です。

スマホの位置を目線の高さに上げるだけで

姿勢が変わってきます。

その高さまで持ち上げなければならない為

手も疲れから長時間使用も予防できます。

スマホの位置も意識してみましょう。

 

やはり血流を良くする事は大切なんですね。

 

 

 

【まとめ】

肩こりの原因に

思い当たる節が合った人も多いはずです。

肩こりがこれ以上酷くなり

生活に支障がでてきては大変です。

 

改善方法を少しづつでも

意識して生活をしていきたいですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ