渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

女性の水虫が急増。悪化したら手遅れなのか?

「水虫」って

おじさんがなるイメージですよね。

 

私も水虫はおじさんがなるだけ

と勝手なイメージでしたが、

女性水虫も以外に多い事を

知りました。

 

自覚していないだけで、

実はあなたのその足

水虫かもしれませんよ!

 

 

 

【もくじ】

1.水虫とは?

2.女性がなる水虫

3.女性水虫体験談

4.こっそり治療法

 

 

 

【本編】

1.水虫とは?

カビの一種の「白癬菌」が皮膚の

角質層に住み着く事で、

起きる皮膚病を「水虫」と言います。

 

手や身体に感染することもまれにありますが、

住み着くには絶好の場所である足に約9

感染してしまいます。

 

白癬菌の大好物な気温は

温度15度以上、湿度70%以上です。

 

パンプスやブーツを履く女性は

このような環境になっています。

 そして、水虫に。

 

治療しなければどんどん白癬菌が増殖して、

足裏水虫が広がり、爪にも感染して、

爪水虫にもなってしまいます。

 

お風呂のカビ菌を思い出したら、

居心地の良い場所に住み着き

増殖して広がっていく事が

わかると思います。

 

又、同じバスマットなどを使う事で

白癬菌を家族に

移してしまう可能性もあります。

 

広がっていく前に、家族に移す前に

治す事が大切です。

 

 

 

2.女性がなる水虫

女性の水虫 は、かゆくないタイプが多いです。

かかとがカサカサしている症状や、

足の裏全体の角質が厚い状態として現れます。

 

女性にとっては

「あれ?角質溜まってきた?」

ぐらいの感覚ですよね。

 

そして角質取りしますよね?

角質だと思っていた水虫が、

角質取りをしたことで、

そこから菌が入り込み悪化させてしまいます。

 

角質取りをする前に

水虫も疑いましょう。

 

 

 

3.女性水虫体験談

 

【水虫チェック】

・かかとがガサガサしている

・足裏が粉をふいている

・爪の表面が白っぽく分厚い

・指の間がカサカサしている

・皮がめくれている

・足の裏に小さな水ぶくれがある

 

どうでしたか?

 

ごめんなさい。

1つでも当てはまれば水虫の可能性ありです。

 

・女性には必需品のストッキング。

かかとのガサガサのせいで、

そこから伝線していた!

 

1日パンプスを履くと

足が蒸れて臭う、、、

 

・靴下を履くときに、

かかとのガサつきが引っかかる!

 

この体験談が「水虫」だったなんて

特に女性は

恥ずかしくて人には言えないですよね。

 

 

 

4.水虫のこっそり治療法

ではそんな水虫を

こっそり治療していきましょう。

 

①市販薬

恥ずかしくて病院に行けないという女性。

ありがたい事に市販薬が沢山出ています。

 

亀裂やジュクジュクしている場合はクリームや軟膏タイプ

爪やしみる部分が無い場合はスプレーや液体

など自分が使いやすいものを選んでください。

 

お風呂後の皮膚が柔らかいうちに

広範囲に塗りましょう。

 

2週間もすれば改善されてきますが、

白癬菌はしぶといのです。

 

どこかに潜んで、増殖できるタイミングを

見ている可能性があるので、

薬は1か月は続けましょう。

 

 

②清潔に保つ

優しく洗うだけで白癬菌は落ちてくれます。

ただし洗い残しが無いように、

足の指の間や爪の部分など

白癬菌が喜びそうな場所は特に丁寧に

洗いましょう。

 

ナイロンなど素材が強めのボディータオルは

角質が傷つきやすくそこから菌の侵入を

許してしまうので、傷つけない柔らかい素材で

優しく洗ってあげる事です。

 

 

③乾燥させる

湿度が高いと菌は喜んで増えていきます。

増やさない為にも

乾燥させてください。

汗をかいた後やお風呂上り、

必ずタオルで拭きとり、

しっかり乾燥させましょう。

 

 

 

【まとめ】

女性がなる水虫に

自分が当てはまっている!

と言う人がいたのではないでしょうか。

水虫は放置しておいても治りません。

 

冬場の何もない時期でも水虫は

住み着いているのです。

そして夏場の増殖できるタイミングを

いつも見計らっているのです。

 

サンダルを履く時期までに

こっそり治しておきましょう。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ