渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

四十膝って知ってますか? 膝の老化は○○から

四十膝?

皆様、聞いた事がありますか?

 

膝の痛みを感じ始める年齢で

一番多いのは40歳から50

と言われています。

高齢者特有の痛みと思っていたので、

驚いたのですが、

 

肩に「四十肩」がある様に

「四十膝」があるようです。

 

 

【目次】

1.四十膝の原因

2.四十膝チェックリスト

3.重大な膝の病気

4.健康的な膝作り

 

 

 

【本編】

1.四十膝の原因

四十膝の原因は日常生活の姿勢、歩き方です。

最近はパソコンやスマホの普及で姿勢が

悪い人が増えています。

 

 

60歳代に突入した時には、

膝の痛みの進行が早く、

趣味を続けられないという事になる可能性が

多いにいあるのです。

 

重症化した膝の病気になる前に、

痛みや違和感が軽い内から

ケアしていきましょう。

 

 

 

2.チェックリスト

では気になる四十膝をセルフチェックしてみましょう。

 

①靭帯、半月板損傷などの膝の怪我経験がある人

②激しい運動経験をしてる人(経験ある人)

③太っていると診断を受けた人

O脚又はX脚の人

⑤膝の内側が盛り上がってきた人

⑥階段が降りにくくなった人

⑦正座する事が辛い人

⑧階段を降りるときに痛む

⑨季節の変わり目に痛む

⑩膝の音が激しくなった人

 

どうでしたか?

1つでも思い当たる節がある人は

60歳代でもスタスタ歩けるよう

今から膝作りを始めましょう。

 

 

 

3.重大な膝の病気

膝には骨と骨の間にクッションの働きをしてくれる

軟骨があります。

 

この軟骨がすり減ることで炎症がおこり、

膝に痛みが出たり、

水がたまるという症状が出てきます。

 

この症状を「変形性膝関節症」といいます。

高齢の方の痛みの約8割が

この症状で悩んでいるのです。

 

軟骨がすり減る原因は

加齢による変化と、

軟骨にかかる負荷の大きさです。

 

この負荷の大きさと言うのは、

肥満、O脚、姿勢の悪さ、運動不足による筋肉の衰え、

など膝に負担をかけながら生活していると

軟骨はすり減ってしまうのです。

 

この症状が進むと日常生活のうち大半が痛みと

戦う事になり、寝ている時、座っている時でさえ

膝に痛みを伴うのです。

最悪手術になる可能性もあります。

 

先ほどのチェックリストに1つでも当てはまる人は

もう膝に負担をかけながら生活している人です。

 

そのままの生活を続ければ、

確実に「変形性膝関節症」に進んでしまいますよね。

 

 

 

4.健康的な膝作り

重要なのは日ごろから

健康的な膝を意識した生活をする事です。

 

・姿勢を意識する

筋肉を意識した姿勢、行動、歩き方をする事で、

膝に大きな負担をかけません。

猫背等姿勢が悪い人はまっすぐを意識した姿勢を

保ちましょう。

動作1つとっても

椅子に座る時や立ち上がる時、

お尻、腰、ももの筋肉を意識して、

膝をゆっくり曲げながらの動作をする事で

大きな負担をかけることがありません。

 

 

・体重を標準にもどす

膝の大きな負担は自分の身体を支える事です。

太っている人膝にとても大きな負担をかけながら

毎日生活しています。

そして、その多くの人が膝に痛みを訴えるのです。

少しずつでも体重を標準にもどす努力をしましょう。

 

 

・適度な運動やストレッチ

筋肉は正しい姿勢作りや

膝に負担をかけない生活にはとても大切です。

運動不足で筋肉が衰えた状態は

膝に痛みが出る原因になります。

適度な運動やストレッチをし

身体の筋肉を刺激しましょう。

 

 

・摂取したい栄養素

コンドロイチン(納豆、おくら、なめこ、山芋、ウナギ など)

膝軟骨の主成分になる栄養素です。

 

グルコサミン(カニ、エビ、甲殻類

軟骨の材料になる栄養素です。

 

カルシウム(チーズ、シラス、小魚 など)

骨を作るのに重要な栄養素です。

 

マグネシウム(アーモンド、海苔、海藻類、大豆製品 など)

骨を強化する働きがある栄養素です。

 

たんぱく質(大豆製品、卵 など)

筋肉や骨をつくる材料としてとても重要な栄養素です。

 

膝だけでなく、身体全体に良い物ばかりですね。

積極的に摂取していきたいです。

 

 

 

【まとめ】

今は膝の痛みや違和感とは

無関係と思っている人も、

今の姿勢や歩き方、生活習慣で

10年後、20年後、

もっといえば5年後どうなっているか

わかりませんよ。

 

現代の子は小さなころから

スマホを使っていますよね。

ただでさえ運動不足なのに、

姿勢も悪くては60歳を迎えた時

膝が痛くて

歩けない人が続出するかもしれませんね。

 

今から気をつけた生活を続けて、

60歳代になっても元気に旅行に

行けるような生活を目指したいものです。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ