渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

ホットフラッシュ。汗が止まらない時の対処法

ホットフラッシュで悩まれている方は多いです。

 

季節に関係なく、

突然顔がほてり、

首、胸、頭から大量の汗が

タラタラ、タラタラ。

 

 

そんなホットフラッシュと

上手く付き合う方法をご紹介します。

 

 

【目次】

1.ホットフラッシュとは

2.更年期の症状

3.ホットフラッシュ対策の栄養素

4.緊急事態の時の対策

 

 

 

【本編】

1.ホットフラッシュとは

汗が噴き出ると言う表現が一番合っている

ホットフラッシュ。

 

・突然身体が熱くなる

・ドキドキが止まらない

・汗が止まらない

・急に顔も紅潮してしまう

 

この状態が1回に24分間持続します。

症状が酷いと

1時間に1回やってくる人もいます。

 

体調が悪くなったり、

汗の後の冷えから風邪をひく人も多いようです。

 

更年期を迎えた女性の約6割の人が

このホットフラッシュで悩んでいるのです。

 

ホットフラッシュは、

ホルモンバランスと自律神経の乱からきます。

自律神経が乱れると、

血管の収縮が活発になり、

体温調整機能の低下が起こります。

 

通常より、興奮した状態の血管運動が

突然のホットフラッシュを

発生させてしまうのです。

 

特に、

汗を普段かかない人、

冷え症の人に症状が重くなる人がいます。

女性ホルモンが減少する更年期に起きる

女性特有の嫌な症状なのです。

 

 

 

2.更年期の症状

もしかしたら、

汗だけの症状が目立って

自分が更年期と

自覚していないかもしれません。

 

一般的には45歳~56歳ごろに発症する事が

多いのですが、

食事の変化や生活習慣の乱れから

最近は30代で発症する人もいます。

 

更年期に現れる症状を

合わせてみていきましょう。

 

・顔のほてり、のぼせ

・立ちくらみ

・めまい

・胸の痛み、動悸

・不正出血

・生理不順

・経血の量の変化

・肩こりや腰痛

・手足のしびれ

・すぐにイライラする

・急に不安になる

・眠れない

・落ち込みやすい

・疲れやすい

 

読んだだけでもくらくらする症状ばかりですね。

更年期の人がこれらの症状と

戦っている事は事実なのです。

 

もしホットフラッシュの症状にプラスで

自分の症状が当てはまる方は

自分が更年期かもしれませんよ。

 

 

 

3.ホットフラッシュ対策の栄養素

ホットフラッシュが起こる前に

効果が期待できる栄養成分を味方につけましょう。

 

 

イソフラボン(納豆、味噌、きな粉など大豆製品)

女性ホルモンのエストロゲンに似ている

イソフラボン

女性ホルモンの低下から起きる更年期症状だからこそ、

女性ホルモンを補充することは早い改善方法になるのです。

 

 

・ビタミンE(アボカド、アーモンド、かぼちゃなど)

ホルモンの分泌を整える作用があるビタミンE

ホルモンバランスのを整えることで、

更年期の症状を改善させる事ができます。

 

 

亜鉛(チーズ、生ガキ、煮干しなど)

亜鉛はミネラルの一種で、加齢とともに減少していきます。

亜鉛が減るという事は、

女性ホルモンの量が増えていかないという事です。

亜鉛も積極的に取っていきたい、栄養素です。

 

 

・ビタミンB12(サバ、さんま、卵など)

自律神経を整え、正常な状態になるよう、

助けてくれるビタミンB12

精神状態も安定させてくれる為、

自律神経が乱れやすい更年期には青魚料理を取りましょう。

 

 

・ビタミンC(いちご、レモン、ホウレンソウなど)

ストレスと戦える身体作りを

サポートしてくれるビタミンC

精神的にも不安定になりやすい更年期には

ビタミンCも大切な味方になってくれます。

 

食生活を見直すことで、

ホットフラッシュが改善してくれたら、

うれしいですよね。

 

 

 

4.緊急事態の時の対策

緊急事態に慌てて恥ずかしい思いをしない為にも

対策しておくことは大切です。

 

・服装を着脱ができる物にする

 

・市販の汗わきパットや、

当て布を洋服に取りつけておくなど、

恥ずかしい汗シミ対策をしておく

 

熱中症対策の為の、

マフラータオル、

ボディーシートなど、

夏の対策グッズを冬でも持ち歩く

 

 

 

【まとめ】

運動不足の人や冷え症の人は

特に注意が必要です。

 

更年期の年齢じゃないから

大丈夫と思っていても

女性は、いつか閉経を経験するのです。

 

更年期になっても

身体も心も元気でいらる様に

事前に知っておくと言いですね。

酷い時は我慢をせず、

婦人科の先生に相談しましょう。

 

そして更年期で悩まれている方が

少しでも楽に過ごせますように。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ