渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

冷えから始まる不調。夏の対策編

冬より夏の方が体が冷えやすい事

知っていますか?

 

冬は寒いから、

積極的に寒さ対策をする為、

湯たんぽやひざかけ、カイロなど

寒さ対策グッズをフル活用させますよね。

 

夏場はどうでしょうか。

 

知らず知らずのうちに

あなたの身体を不調にしていたのは

夏の冷えが原因かもしれませんよ。

 

 

 

【目次】

1.夏なのに冷える理由

2.冷えからくる身体の不調

3.夏が本番の冷え対策

4.夏場に食べたい食べ物

 

 

 

【本編】

1.夏なのに冷える理由

 

どうして

夏なのに冷えるのか?

 

冬場の防寒対策とは違い、

夏は暑いという認識から

無防備にり不調をうったえます。

 

・エアコンの効きすぎた部屋や場所

・冷たい飲み物

・身体を冷やす食べ物

・身体を冷やす水辺

・外が暑くて運動不足

・水着の為のダイエット

 

冬場の冷えは末端(手・足)が冷たくなる為、

自分自身でも冷えていると分かりやすのですが、

夏場の冷えは身体の内臓から冷えが起こる為、

自分自身では分かりにくいのです。

 

つまり、夏場の冷えは無自覚なんです。

無自覚で冷えた身体は、

冷えを蓄積し不調が起こります。

 

自分自信が冷えている事に

早く気付いてあげるべきなのです。

 

 

 

2.冷えからくる身体の不調

では夏の冷えから来る体調不良とは

どんな物があるのでしょうか。

 

・腸内環境の悪化

夏には冷たい物を食べたり飲んだり

したくなりますよね。

摂りすぎた水分により、

身体が冷え、胃や腸が弱り

不調をきたします。

 

 

・免疫力低下

夏の冷えは内臓からきます。

内臓が冷えた身体の免疫力は

低下してしまうのです。

エアコンの効いた部屋は

空気が乾燥しています。

普段は防げていたウイルスでも

免疫力低下のせいで、

進入を許してしまう結果に。

夏風邪の原因は身体の冷えから

くることが多いのです。

 

 

・自律神経の乱れ

自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れです。

頭痛や胃腸トラブル、

女性ホルモンの減少で起こる

生理痛の悪化、更年期の症状の悪化

身体の不調のみならず、

感情のコントロールができず

精神的に不安定になってしまいます。

 

冷えと言うのは怖いものですね。

夏の冷えは芯から冷えてしまうので、

特に注意したいです。

 

 

 

3.夏が本番の冷え対策

では夏の冷え対策はどうしたら

よいのか見ていきましょう。

 

・生理前や排卵日付近に気をつける

女性にとってホルモンバランスが崩れがちな

排卵日や生理前は特に冷えによる不調を起こします。

夏でも出来るだけ露出を控えた

おしゃれをする事を心がけましょう。

 

 

・冷やしてはNGな3

お腹、足首、首

この3点を冷やさずに生活すれば、

身体の冷え対策になります。

冷やしたら一気に

身体の冷えに繋がる3点ともいえます。

 

 

・エアコン対策グッズ

暑い所からエアコンが効いている部屋に

入るのは気持ちがいいかもしれませんが、

汗をかいた後の身体は冷えやすく、

気温差が夏風邪の原因になります。

カーデガン等の1枚羽織る物や

スカーフなどを持ち歩きましょう。

 

 

・飲み物は常温で

夏場の冷えは内臓からきます。

なかなか難しいかもしれませんが、

冷たい飲み物は控え、

常温以上の物を飲みましょう。

特にお風呂上りは、1日の終わりに

胃腸にありがとうの気持ちで

温かい飲み物を飲んであげてください。

 

因みに

コーヒーや緑茶は

温かくても身体を冷やし、

ココアは冷たいまま飲んでも

身体を冷やさない

というデータが出ています。

 

 

 

4.夏場に食べたい食べ物

食生活も気をつけていきましょう。

夏の冷え対策に食べたい物があります。

 

・肉類、魚類、豆類 

熱を作ってくれるたんぱく質

肉、魚、豆類などに含まれているので

積極的に取っていきたいものです。

 

・長いも、山芋

消化酵素の働きをする山芋や長いもは

弱った胃腸をサポートしてくれます。

また、あのネバネバが胃の粘膜を保護してくれるので

夏場にぴったりの食材です。

 

・かぼちゃ

胃腸が強くなり、気力をつけてくれるかぼちゃ。

ビタミンEが豊富な為血管を広げ、

身体を温める作用があります。

 

・れんこん

胃腸の働きを整え、血を補ってくれるので、

貧血気味の方にはぜひおすすめです。

生は身体を冷やす効果がある為、

加熱したれんこんをいただきましょう。

 

・海藻類

カリウムが含まれる海藻類には

利尿作用があり、むくみを改善させてくれます。

夏の水分の摂り過ぎに効果を発揮してくれますよ。

 

・にら

胃腸を温め、血流を良くしてくれます。

又、食欲を増進してくれる効果があり、

夏に食欲が無くなるという人にもおすすめです。

 

 

 

【まとめ】

夏の冷えの自覚皆さんにはありましたか?

 

冬の自覚症状がある冷えより、

本当に注意しなければならないのは

無自覚の夏冷えなんですね。

 

これから夏本番!

冷え対策をバッチリして

夏を元気に楽しく乗り切りましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ