渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

ストレスサインは病気の一歩。自覚症状が無いケースも

ストレス社会と言われていますが、

皆さんは、ストレスに対するケアをしていますか?

 

実際に病気になってからでは

遅いかもしれません。 

 

実際私も最近まで、

自分がストレスで倒れるなんて

思ってもいませんでしたので。

 

 

【目次】

1.ストレス意識

2.ストレスの6つのサイン

3.ストレスから病気に

4.ストレスのケア方法

 

 

 

【本編】

1.ストレス意識

毎日直面するストレス。

自分が思っている以上に

ストレスの平均的なレベルを

超えているかもしれません。

 

日本人特有の気質から

ストレス社会とよく言われる事があります。

 

しかしストレス社会の日本にもかかわらず、

精神的な病気への意識がとても低い国なのです。

 

ストレスが心だけでなく、

心臓をはじめとした病気へ繋がる

怖いものだという意識が無く、

身体や心の不調が出るまで、

頑張り続けてしまうのが日本人なのです。

 

でもストレスが平均的なレベルを超えだしたら、

身体はちゃんとサインを出し始めるんですよ。

 そして、病気への一歩を歩み始める事になります。

 

 

 

2.ストレスの6つのサイン

では自分の身体がどんなストレスサインを

出しているのか確認してみましょう。

 

①お酒の量

ストレス発散でたしなむ程度ならいいのですが、

明らかに泥酔するまで飲むお酒の飲み方や

急に量が増えだしたら、

ストレスからお酒に逃げている証拠です。

 肝臓の病気にも発展しやすいです。

 

 

②イライラが止まらない

パートナーや家族、同僚など

周囲の人のちょっとしたミスなどに

過剰に反応して、

当たり散らしたり、

暴言を吐いたり、

攻撃的な態度を取ったりする行為は

ストレスサインです。

 心臓の病気を併発しやすいです。

 

 

③眠れない

睡眠中にすぐに眼が覚めたり、

なかなか寝付けなかったり、

 

アルコールや睡眠薬の力を

借りなければ眠れない状況になる方もいます。

 

自律神経の病気に発展しやすいです。

 

 

④食欲に変化

心理的に混乱している人は、

空腹感を満たす為に食べ過ぎる人が多く、

逆に精神的にダメージを受けている人は

食欲が減退する人が多いと言われています。

胃腸の病気を併発しやすいです 。

 

 

⑤スケジュールを詰め込む

精神的なストレスから逃げようと、

隙間なくスケジュールを埋めようとする行為も

ストレスサインの特徴です。

本当は逆に、リラックスする時間が必要なのです。

 脳神経の病気に注意が必要です。

 

 

⑥楽しかった事が楽しくなくなった

以前はわくわくして楽しかった自分の趣味などが、

楽しくなく興味が薄れた場合は

精神的に不安定な状態になっているサインです。

 

違う物に興味が湧いたのであればよいのですが、

何もする気分になれなかったり、

わくわくしなくなったら、

身体がストレスサインを出している証拠です。

 

 

 

3ストレスチェック

では自分がどれだけストレスを抱えているのか

チェックしてみましょう。

 

・職場で緊張する事が多い

・仕事に対してやる気がおきない

・ちょっとした事でイライラする

・ひとつのことに集中できない

・毎日忙しい、ゆっくりできない

・考えを上手くまとめる事ができない

・落ち着かず、じっとしていられない

・元気が出ない

・気分が憂うつになる

・身体がだるい

・風邪をひきやすい

・顔がぴくぴくひきつる

・頭痛がする

・胃が痛む

・お腹がはる

・胸やけがする

・胸に圧迫感がある

・めまいがする

・肩がこる

・息切れがする

・心臓の鼓動が速く感じる

 

4つ以上チェックがあれば

あなたの心と身体は何らかのストレスを

抱えている可能性があります。

 

 

 

4.ストレスケア

でもストレスフリーな生活をする事は

とても難しいですよね。

 

その為には自分に合ったストレス発散法を

見つける事は本当に大切な事です。

病気に発展しないように

ストレスと上手に付き合っていきましょう。

 

・自分の趣味に集中

楽しい、笑顔になる、元気になれる

趣味が自分にある人はその趣味に没頭することで、

ストレス発散になります。

 

音楽を聴く。

マンガを読む。

ゲームをする。

お花を飾る。

 

何が自分をわくわくさせてくれるのか、

自分が笑顔になれるのか、

自分の趣味を見つけておくのも良いです。

 

 

・外出で気分転換

スポーツ、散歩、買い物など

心と身体のリフレッシュをしましょう。

たまには公園のベンチで、

のんびりするのもいいですよ。

 

 

・メンタルトレーニン

スポーツ選手はよく

メンタルトレーニングをすると

聞きますが、

本当は日本人に必要な事かもしれません。

 

不満や不安、怒りなどの感情は

自分自身から発生する感情です。

 

 

成功した自分や楽しい自分

わくわくする自分を

イメージするメンタルトレーニングをして、

ストレスを軽減させていきましょう。

 

 

・相談できる相手を見つけておく

ストレスで1番ダメな事は1人で悩む事。

人は話をする事でストレス発散になります。

その時に信頼できる相談相手がいる事は

とてもありがたい事です。 

 

 

【まとめ】

病気にならないように規則正しい生活を心がけます。

 

それと同じで、

ストレスから病気にならない為に

ストレスケアをしてあげなければならないのです。

 

まずは自分に合った発散方法を見つけておく、

身体からの小さなサインに気付き、

気分転換をさせてあげることが大切です。

 

上手にストレスと付き合って

心も身体も元気に生活しましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ