渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

分子栄養学のすごさ。石田ゆり子さんも絶賛。

石田ゆり子さんは分子栄養学を

食事に取り入れているそうです。

 

スタイルやお肌が若々しく、

ずっと変わらなく見えるのは私だけでしょうか。

 

 

若さの秘訣は、

分子栄養学にあるのかもしれません。 

 

 

【目次】

1.分子栄養学とは

2.日本人の間違った認識

3.不健康のリセットは食生活から

4.分子栄養学から見る 食事術

 

 

 

【本編】

1.分子栄養学とは

人間の身体は自分の食べた物で出来ている事は

皆さん知っていますよね。

では自覚して食事をしている人は

どれだけいるのでしょうか。

 

私達が生きていく上で必要な

血液、臓器、筋肉など全てが、

食べた物で作られているのです。

 

そして私達が日々摂取している、

栄養はそれぞれが個別で動くのではなく、

互いがバランスを取りながら、

チームで働いてくれています。

 

この「栄養チーム」に

着目した考え方が分子栄養学です。

 

 

 

2.分子栄養学から見る日本人の間違った食事認識

日本人のほとんどの人が間違った認識をしています。

 

①カロリー表示の認識

カロリーとはそもそも

代謝により消費する熱量の計算」です。

現代の日本人の多くが、

カロリー表示に惑わされ栄養バランスの乱れを起こしているのです。

 

数値だけで見てしまうと、

たんぱく質、ミネラル、ビタミン類などの

その他の栄養素が無視される形になります。

栄養素の偏りが起こり、逆効果になる事もあります。

 

 

②油の認識

「油=高カロリー」

こちらも世間に惑わされているようです。

 

油は摂取後身体の中でエネルギーに変えられます。

動く為には必要な油を高カロリー理由に

摂取しないという事は間違っているのです。

 

大切なのは、どのような油かという事です。

カロリーが低いからと言って

お菓子やファーストフードから油を摂取する場合と

 

オメガ3と言われる良い油の

亜麻仁オイルやエゴマオイルから

摂取すると考えた場合、

 

どちらの油に細胞は喜んでくれるのでしょうか。

油の認識を変えて見てください。

 

 

③糖質の認識

現代の日本の一般的な食生活は

お米などの糖質中心ですよね。

この糖質を身体に必要な

エネルギーに変えてくれるのは、

ビタミンやミネラルです。

 

でもこの2

現代の日本人に不足しがちな栄養素ランキングの常連。

 

ミネラルやビタミン不足のおかげで、

糖質がエネルギーに変化されず、

日本人はメタボに悩まされるようになったのです。

 

 

 

3.不健康のリセットは食生活から

人の身体は、

古くなった細胞が死に

新しい健康な細胞が生まれると言う

新陳代謝をしながら生きています。

 

そしてこの細胞を作るのが、栄養チームです。

つまり、どれか1つでも栄養が不足してしまったチームは

バランスを崩してうまく働く事が出来なくなってしまうのです。

これが病気の細胞を生み出してしまうのです。

 

でもその病気の細胞も新陳代謝のおかげで、

いつかは死にます。

代役に新しく健康な細胞が生まれてきてくれれば、

自然と体調不良が治っていくのです。

 

食生活を見直すことにより、

誰でも健康な細胞を生みだす事ができるのです。

 

 

 

4.分子栄養学から見る 食事術

分子栄養学的に考えた食事の

見直しをしていきましょう。

 

①食事は中身が大切

日本人は13食が根付いています。

でも分子栄養学の考え方は、

大げさに言えば

11回でも5回でも

栄養バランスが適切であれば良いのです。

 

問題は、満腹感や回数ではなく、

身体全体が喜ぶ栄養バランスの摂取が大切なのです。

 

 

②野菜を理解する

50年前の土壌と現在の土壌と比べると

残念ながら、現在の方がミネラル不足なんです。

50年前の人参1本分の栄養素は

現在の人参の数本分に当たります。

それだけ栄養素が激減してしまったんです!

 

私たちに出来るのは、

減少してしまった栄養素を効率良く

摂取する方法を知る事です。

 

・電子レンジ調理法

時短になるから、

簡単だから、

皆さん電子レンジを良く使っていませんか?

欧米の研究結果によると

 ・アミノ酸は電子レンジにより、人間に使えない物に変化

  してしまう。

 ・たんぱく質は電子レンジにより、破壊されてしまう。

  ビタミン類は栄養素が減少する。

 ・牛乳や穀物に含まれる成分の中に

  発がん性物質が形成されることもある。

でも電子レンジを使う事はやめられない、、、

必要最低限にする事にしました。

 

 

・茹でる調理法

電子レンジの様に、

破壊される事はありませんが、

茹でる事で熱に弱い

酵素やビタミン類などの

栄養素が半減してしまいます。

 

分子栄養学的に考えた場合、

生野菜でいただく事が

一番効率的に摂取できる方法です。

 

 

 

【まとめ】

なんだか分子栄養学、

知れば知るほどびっくりする内容でしたね。

 

でも考え方としては納得してしまいました。

食べた物が私たちの細胞になっていく。

 

ミネラル不足が、人間の身体に起きているのは、

土壌のミネラル不足が原因かもしれませんね。

 

みなさんもあの若々しい石田ゆり子さんに近づけるよう

「分子栄養学」取り入れてみませんか?

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ