渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

マグネシウムが不足すると、健康にどう影響するか?

 

マグネシウム」がどんな働きを

してくれているのか知っていますか?

 

マグネシウムを軽視していると

将来寝たきりになりかねません。

それ程、身体にとって大切な栄養素なのです。

 

皆さんも意識してマグネシウム

摂取していきましょう。

 

 

【目次】

1マグネシウムとは?

2マグネシウム不足が招く症状

3.カルシウムと一緒にとると。

4マグネシウムを多く含む食品

 

 

 

【本編】

1マグネシウムとは?

必要と言われる「マグネシウム」ですが、

そもそもどんな働きをしてくれているのでしょうか。

 

①骨や歯の形成

②神経の興奮状態の抑制

③血圧の維持調整

酵素の働きに関係

 

骨には体内にある

半分以上のマグネシウムが含まれていて、

体内のマグネシウムが不足すると、

骨から抜け出て、

不足している部分を補いに行きます。

そして新しいマグネシウム

きてくれるまで抜け穴状態です。

 

又、エネルギー代謝酵素

大きく関わるマグネシウム

7種類の酵素を活性化させ、

身体が動くようエネルギーを

生み出してくれているのも

マグネシウムなのです。

 

ただし、残念ながらこのマグネシウム

体内で作る事が出来ないのです。

必ず食品などから摂取しなければなりません。

 

 

 

2マグネシウム不足が招く症状

ではマグネシウム不足が招く症状は

どんな事があるのでしょうか。

 

骨粗鬆症

・腹痛や下痢

・身体のだるさ疲れやすさ

・記憶力集中力の低下

・血液量、血圧の低下

・脳の酸素不足

・心疾患

 

など様々な症状を引き起こします。

特に骨の形成にかかわるのですから、

マグネシウムが慢性的に不足すれば、

骨がもろくなってしまうのは当然の事なのです。

 

 

 

3.カルシウムと一緒にとると

マグネシウムは単体で

骨の形成をしているわけではありません。

 

骨の形成にもう一つ重要な成分があります。

それがミネラルの1種である「カルシウム」です。

 

カルシウムとマグネシウム

お互いにバランスを取りながら、

強くて健康な骨を作り、

その骨を維持しているのです。

 

カルシウム 2 : マグネシウム 1

の割合が理想的で、

どちらかが欠けていても

どちらかが過剰になっていても

ダメなのです。

 

カルシウムだけを摂取する

マグネシウムだけを摂取するではなく、

両方を一緒に摂取する事を心がけましょう。

 

 

 

4マグネシウムを多く含む食品

まず推奨量を見ていきましょう。

 

成人男性 340370mg

成人女性 270290mg

 

ですが、現代の日本人の平均摂取量が

 

成人男性 130mg程度

成人女性 80mg程度

 

と明らかに不足しているのです。

 

ではマグネシウムを多く含む食品は

どのようなものがあるでしょうか。

 

海藻類(あおさ、わかめなど)

豆類(豆腐、枝豆など)

バナナ

アーモンドなどの種実類にも

多くのマグネシウムが含まれています。

 

近年は食事の欧米化や、

過剰なダイエット、

栄養の偏り、

好きなものの暴飲暴食などから

日本人はマグネシウム不足に陥っています。

 

日本の伝統的な和食文化をもう一度見直し

和食中心とした食生活を送れば、

マグネシウム不足は自然に解消されるのです。

 

昔から言われている

一汁三菜で取り入れる

 

「まごわやさしいよ」を意識した食生活はお勧めです。

 

ま :豆類         

ご :ごま         

わ :わかめ(海藻類)  

や :野菜類(特に緑黄色野菜)      

さ :魚類          

し :しいたけ(きのこ類)

い :いも類

よ :ヨーグルト(発酵食品)

 

そしてミネラル豊富な

雑穀米や玄米でお米をいただく。

理想的な食事ですね。

 

又そばにも多くのマグネシウム

含まれているようです。

これからは夏本番なので、

そばを取り入れてもよさそうですね。

 

 

 

【まとめ】

骨や歯ってカルシウムが

作ってくれているんじゃないの?

 

と思った方も多いのではないでしょうか。

私も完全にだまされていました!

 

マグネシウムがまさか骨や歯の形成に

大きく関わっていたなんて

私は知りませんでした。

 

マグネシウムが不足しただけで

あんなに色々な症状がでてしまうなんて、

怖いですよね。

 

特に将来骨粗鬆症

寝たきりにならない為にも、

カルシウムだけでなく

カルシウムと一緒にマグネシウム

摂取も積極的にしていきたいですね。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ