渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

眼から日焼け?紫外線を防ぐサングラスの正しい選び方

皆さんは眼から日焼けする事を

知っていますか?

 

顔や身体は完全にガードしたのに、

眼だけ無防備の人多いと思います。

 

ここで大切になるのがサングラスになります。 

 

運転中に眩しくて危ないので

私もサングラスをするようになりましたが、

眼を紫外線からガードするよう、

芸能人の様にサングラスをして

歩くのが正解みたいですね。

 

 

【目次】

1.眼から日焼けする理由

2.日焼け以外に病気を招く

3.正しいサングラスの選び方

4.眼の日焼け対策

 

 

 

【本編】

1.眼から日焼けする理由

眼から日焼け?

と思った人も多いと思いますが、

眼から日焼けしちゃうんです。

 

実は

眼から紫外線を受けると

脳から「身体を守れ!」という指令が出ます。

それがメラニン色素なのですが、

 

このメラニン色素は

私達が紫外線を

身体の奥深くまで通すことなく、

皮膚の表面上の火傷などの

炎症でとどめてくれる大切な役割を

してくれるのです。

 

ただし、眼からの紫外線で

メラニン色素が現れると言う事は

シミの原因にもなります。

 

そうこれが、眼から日焼けすると

言われる原因です。

 

若ければ傷が早く治る様に、

再生能力が高いお肌が

シミを無くしてくれるのですが、

歳を重ねたお肌は

シミを作って元に戻る力がないのです。

 

やはりシミを作らない事が1番!

ここはお肌同様、

眼も紫外線から

ガードしなくてはなりませんね。

 

 

 

2.日焼け以外に病気を招く

日焼けだけならまだいいのかもしれません。

紫外線を浴び過ぎた、

眼の病気もあるんです。

 

白内障(はくないしょう)

聞いた事があると思いますが、

たんぱく質が変化し、

水晶体が濁ってモヤがかかった状態に

なってしまう病気。

 

 

・瞼裂班(けんれつはん)

白目の一部のたんぱく質が変化し、

変色したり盛り上がったりする病気。

 

 

・翼状片(よくじょうへん)

結膜(白目の表面を覆っている半透明の膜)が、

眼がしらの方から

黒眼に三角状に入り込む病気。

 

紫外線を浴び過ぎた初期段階は、

ドライアイや充血です。

アウトドアやスポーツなどで、

紫外線を沢山浴びる人は

特に眼を守る対策も

忘れずにしておきましょう。

 

 

 

3.サングラスの選び方

サングラスにも種類がありますよね。

どのようなサングラスが

眼にとってよいのでしょうか?

 

①紫外線カット率

サングラスには必ず

UVカットの%が表示されています。

UVカット99%と

高い数値を選んでください。

 

 

②紫外線透過率

紫外線透過率と言う表示もあります。

こちらの数値は低いものを選んでください。

 

 

③薄い色

眼の瞳孔を開かせる濃いサングラスは

瞳孔を開かせた瞬間多くの

紫外線を取りこんでしまいます。

眼が透けて見えるぐらいの

薄い色を選んでください。

 

 

④通勤中は透明で

通勤、通学中はサングラスはちょっと、、、

と言う方も安心してください!

最近は透明のだてメガネタイプがあります。

UVカット99%の物を選んで、

紫外線をブロックしましょう。

 

 

⑤UVカットコンタクト

UVカットコンタクトなるものまで

発売されています。

気になる方はお試しを!

 

 

 

4.眼のUVケア

サングラスだけで紫外線ブロックは

完璧にはできません。

その他に気をつけたい事や、

お勧めな方法があります。

 

・曇りの日も忘れずに

朝日や夕日も紫外線はとても強いです。

そして、意外に曇りの日も強いので

しっかり紫外線対策を

忘れないようにしましょう。

 

 

・日傘や帽子も一緒に

眼から紫外線を守るのに、

日傘やつばのある帽子も

おすすめです!

サングラスと併用使いをしていきましょう。

 

 

・眼に良い食べ物

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン

緑黄色野菜に含まれるルテイン

鮭や甲殻類に含まれるアスタキサンチン

ピーマンやフルーツに含まれるビタミンC

キノコ類海藻類に含まれるミネラル

眼に良い食べ物で身体の中からもケアしましょう。

 

 

・紫外線を受けた日

眼の炎症や充血をケアする眼薬が出ています。

眼薬を使用したり

冷たいタオルを当てて炎症を抑えたり、

眼を閉じて休ませてあげたりしてください。

 

 

 

【まとめ】

眼から日焼け。

日焼けならまだマシなのかもしれません。

眼の病気になってからでは

遅いですよね。

 

私はサングラスも自分のお気に入りの物を

身につける様にしています。

眼の病気になってお金を払うより、

少し高めでもおしゃれで、

質の良いサングラスにお金をかけて

病気にならない方がいいですよね。

 

子供の目も気にかけてあげてください。

子供用サングラスも可愛い物を

最近は多く見かけるようになりましたよ!

 

眼からの日焼けも

しっかりガードすることで、

お肌の老化もガードしていきましょう!

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ