渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

不妊症は糖化から!体が焦げると危険なのか?

不妊症に糖化?

糖がどうして不妊症の原因になっているのでしょうか?

 

最近私も知ったのですが、

「身体のコゲ」とも言われる糖化。

 

この身体のコゲつきが

不妊症にも関わっているようです。

 

もしかしたら、

身体をコゲつかせながら

生活しているからかもしれません。

 

 

【目次】

1.糖化を知る

2不妊症と糖化の繋がり

3AGEsの蓄積

4不妊症改善。AGEsが含まれた食べ物と調理法

 

 

 

【本編】

1.糖化を知る

「身体のコゲ」ともいわれている糖化。

日焼けのこと?

なんて軽く考えているあなた

実は身体の老化現象のことなんですよ!

 

血液の中にある余分な糖が

体の中のたんぱく質や脂質と結びき、

強い毒素を含んだ

糖化たんぱく質の「AGEs」を

作りだしてしまうんです。

 

この蓄積されたAGEsが身体に

悪い影響を与えてしまうのですが、

 

・卵巣に蓄積 : 不妊症、更年期障害

・血管に蓄積 : 動脈硬化心筋梗塞脳梗塞

・眼に蓄積  : 白内障など

・お肌に蓄積 : くすみ、シミ、たるみ

・髪に蓄積  : ハリ、コシのない髪

 

と言った老化現象を発症させ

酷くなれば様々な病気になってしまいます。

 

 

 

2不妊症と糖化の繋がり

老化は糖化が起こしているのなら、

AGEsをため込んだ人の老化スピードが

早いという事になります。

 

 不妊症も同様ですが

通常卵巣の機能が低下していくのが40代からです。

 

AGEsをため込んだ人では30代から

卵巣の機能が低下され、卵自体の質が落ち

卵の数まで減少がみらるとされています。

 

その結果、

体外受精や顕微授精の結果が悪く、

糖化が不妊症にかなり大きく

関わっている事が分かると思います。

 

 

 

3AGEsの蓄積と改善法

ではなぜAGEsは

蓄積されてしまうのでしょうか?

 

①体内でつくられるから

血液中のブドウ糖が過剰になると、

体内にある「たんぱく質」と「糖」が結びつき、

それが体温により温まる事で、

AGEs 」が生まれてしまうのです。

 

もし、この「糖」の濃度が下がれば、

自然に正常な「たんぱく質」に戻れるのですが、

高血糖な状態が続けば、

毒性の強いAGEsが作られ続け

蓄積してしまうのです。

 

 

②食事から摂取してしまう

私達が食べている、

色々な食べ物、飲み物から

摂取してしまっているんです。

 

ホットケーキの材料の様に

小麦粉(糖)+卵や牛乳(たんぱく質)+焼く

AGEs発生「糖化」

となってしまうのです。

 

食べ物の場合AGEsの一部は

消化段階で分解されるのですが、

7%程排出されず蓄積されていくのです。

 

ではどんな事に気をつけたら、

体がコゲないのか知りたくなりましたよね。

 

 

・タバコ

なんとこのタバコの煙、

30分吸っただけで

糖化を増やしてしまいます。

副流煙も一緒なので、

まず煙を吸わない事が重要です!

不妊症にタバコが良くないという理由も頷けます。

 

 

有酸素運動

手軽にできるウォーキングがおすすめ。

食後1時間後に

血糖値が上がり始めるので、

この時に運動することによって

糖化リスクが減少してくれます。

 

 

・良質な睡眠

睡眠をしっかり取ることで、

老化物質を排出し、

細胞自体を正常に整える事ができます。

基本はゴールデンタイムの

午後22時から午前2時までの睡眠を取りましょう。

 

 

・食べる順番

食べ方の良い例は

 

野菜やキノコ(食物繊維)

肉・魚類(たんぱく質

ご飯やパン類(炭水化物)

 

そして糖化リスクを下げる

カテキンが含まれた

「緑茶」等と食事することで

体がコゲるリスクを

減少させることができるんですよ。

 

ルイボスティー

ノンカフェインで、

子宮内を綺麗にしてくれる効果もあり、

妊活中の方には特におすすめです。

 

 

 

4不妊症改善。AGEsが含まれた食べ物と調理法

ではAGEsを多く含んだ食品は

どんな物があるのでしょうか?

 

ホットケーキ

とんかつ

からあげ

ステーキ

焼きとり

フライドポテト

ポテトチップス など

 

なんだか好きなものを

並べられた感じでショックですよね・・・

 

乳製品や卵、調味料は

基本的にはAGEsを作りにくい食べ物です。

 

そして調理法でも

改善できると良いですね。

 

先ほども言いましたが、

ホットケーキの材料の様に

小麦粉(糖)+卵や牛乳(たんぱく質)+焼く

AGEs発生「糖化」

となってしまいます。

 

焼く、揚げるという調理法は

かなりのAGEsを発生させる為、

生が一番良いのですが、

肉や魚は、蒸す、煮る、茹でる

でかなりのAGEsの発生率を

おさえる事ができますよ。

 

 

 

【まとめ】

不妊治療をしている人で

お昼は自分だけだから

糖化された菓子パンだけで

済ませている人いませんか?

 

その食事のせいで、

卵の質がカチカチに固まり、

元気な精子も殻を

打ち破る事ができないようです。

 

紫外線を浴びて出来る酸化も

同じ事が言えるようで、

不妊治療中の方は特に

「糖化」と「酸化」には

気をつけるべきだと思います。

 

早く赤ちゃんに会う為にも

いろいろな方法を試してみませんか?

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ