渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

膝が黒くなる健康上の兆しは?

 

最近は膝を隠して歩く人が多いようです。

 

なぜなら・・・

 

なんとなく膝が黒いから。

それに

くるぶしにも黒ずみが!

 

でも年齢だからと諦めないで下さい。

解決策もあります。

 

 

【目次】

1.なぜ膝が黒くなるのか?

2.タイプ別、膝の黒ずみチェック

3.膝の黒ずみ対策(基本ケア)

4.膝に効果的、美白成分の選び方

 

 

 

【本編】

1.なぜ膝が黒くなる?

早速ですが、なぜ膝は

黒くなっていくのか見ていきましょう。

 

・刺激

ムダ毛処理により、

肌を刺激し、傷付けた結果

お肌を守る為にメラニン色素が作られ、

黒ずみの原因になってしまう。

(毛抜き、シェーバー、カミソリ等)

紫外線の刺激もやはり

メラニン色素が作られる原因です。

外出する時は

紫外線対策をしっかりしましょう。

 

 

・正座

日本人の座りかた、

「正座」から黒ずむ事が

多いことが分かっています。

正座は膝だけでなくくるぶしの

黒ずみの原因にもなっています。

 

 

・乾燥

皮膚が薄くて伸縮する事、

皮脂が少ない事、

毛穴が少ない事、

膝の関節部分なので服とこすれる事

 

このような事から乾燥を引き起こします。

乾燥を引き起こすと

お肌の生まれ変わりサイクルも乱れてしまい

結果膝の黒ずみの原因になってしまうのです。

 

 

・摩擦

摩擦が一番の黒ずみを生んでしまいます。

 

足を組む動作

机、床、椅子などの接触

衣服とのこすれ

 

全ては刺激につながります。

お肌を守ろうとメラニンが作られてしまうので、

摩擦が起こる動作を控える事は

黒ずみ予防に繋がりますよ

 

 

・洗い方

体を激しくゴシゴシ

洗っていませんか?

全ては刺激を与えていますよ!

 

刺激を与えることで、

お肌が黒く変色してしまう事が

良くわかりましたよね。

 

 

 

2.タイプ別、膝の黒ずみチェック

黒ずみにもタイプがあるようです。

 

①埋没毛タイプ

・表面はザラザラ

・毛が皮膚の下に埋もれていて炎症が起きている

・目で見て毛が埋まっている部分がある

 

 

②乾燥・角質タイプ

・表面に白い粉をまとう

・肌全体が茶色をしている

・触るとガサガサしている

 

 

③毛穴詰まりタイプ

・皮脂量が多くべたつく

・膝の皮膚が茶色又は、黒い

・毛穴が目立つ

 

 

④色素沈着タイプ

・全体に黒いが一部分だけ特に真黒

・肌触りはザラザラしない

 

セルフチェックしてみて

いかがでしたか?

 

私は角質タイプなんだと思いました。

 

 

 

3.膝の黒ずみ対策基本ケア

基本となる黒ずみケアは

3ステップです。

 

ステップ1 角質ケア

12週間に1度は

角質ケアをしてください。

 

溜まった角質、余分な皮脂

古い細胞が膝に残ってしまっています。

 

この残っている状態で

次のステップに進んでも

せっかくの良い成分が

お肌に浸透していきません。

まずは古い余分な物を排除していきましょう。

 

スクラブ等を使用し

激しくゴシゴシ刺激を与えるのではなく、

優しくマッサージをするように

ケアしてあげてください。

 

ただし、お肌が弱い方は、

角質ケアが刺激に感じ

逆効果になってしまう事があるので注意してくださいね。

 

 

ステップ2 保湿ケア

乾燥した状態は、

お肌の再生能力も衰えてしまい、

せっかく角質ケアしたのに、

また古い余分な物をどんどん

溜めこんでしまいます。

 

ここではしっかり保湿ケアしてあげましょう。

そもそも関節部分は刺激を受けやすく、

お肌が乾燥しやすいです。

もともとお顔同様

しっかりした保湿ケアが必要な部位なのです。

 

シワができる膝やくるぶしなので、

シワを伸ばした状態で、

縦・横両方向から塗りこんであげると

肌が喜んでくれますよ。

 

お肌を柔らかくすることで、

次の角質除去も

スムーズにできます。

 

 

ステップ3 美白ケア

保湿が終了したら、

いよいよ美白ケアです。

お顔同様、美白効果の高い成分の

入ったクリームなどで、

美白ケアをしてあげましょう。

 

確かに、膝やくるぶしを顔の様に、

ピンポイントでケアしたことがある人は

少ないのではないでしょうか。

 

 

 

4.膝に効果的、美白成分の選び方

やはり美白ケアには効果の高い

成分配合のクリームを選びたいですよね。

 

ケア対策によっても

使いたい成分が違ってきますので、

知っておくと良いですよ!

 

 

①今ある黒ずみを薄くする対策

まずは今ある黒ずみ対策からですよね。

 

・ハイドロキノン

お肌の漂白剤とも言われる

効果の高い成分。

メラニン生成の元である

チロシナーゼの働きを抑える作用と

メラニンを薄くする作用の

両方の効果がある成分です。

 

 

・ビタミンC誘導体

シミや黒ずみを発生させた

活性酸素の働き、

メラニンの生成、

これらを抑制してくれます。

又、出来てしまった

メラニンを薄くする作用も持っている為、

美白効果が高い成分です。

 

ただし刺激が強い事、

乾燥させてしまう作用もある事から、

使用には注意してください。

 

 

②黒ずみを予防する対策

次は黒ずみを予防していきましょう。

 

・プラセンタエキス

プラセンタは動物の胎盤から抽出された成分。

メラニンの元であるチロシナーゼを抑制し、

お肌に重要なコラーゲンやエラスチンを

早く作らせる効果もあります。

 

 

・トラネキサム酸

医療でも使われている成分で、

肌を整えてくれる効果があります。

又、メラニン生成にかかわる物質を阻害して、

メラニンの生成を抑制してくれます。

 

美白成分を味方につけて、

黒ずみを改善していきましょう。

 

 

 

【まとめ】

かかとの角質ケアはしていますが、

膝やくるぶしの黒ずみは

見落としがちですよね。

 

肌のターンオーバーは

28日と言われています。

1日や2日のケアでは

すぐに効果は現れません。

まずは1か月続けてみてくださいね。

 

確かに保湿ケアを始めてから、

膝の黒ずみが薄くなってきた気がします。

美白クリームは使っていなかったので、

次はステップ3までしっかりケアしてみます。

 

黒ずみが幅広く占領される前に、

私と一緒にケア始めてみませんか?

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ