渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

動脈硬化は血管が老化したのか?

動脈硬化

名前は聞きますよね。

 

 

50代とか60代の人の病気

だと軽く思っている人も

いると思います。

 

でも血管の老化は子供の頃から

徐々に始まっているようです

 

つまり、20代でも30代でも

食生活や生活習慣が乱れていれば、

だれにでも動脈硬化になってしまう

ということなんです。

 

知らないうちに血管が老化してしまっている

怖い症状みたいです。

 

 

【目次】

1動脈硬化を知ろう

2.血管の老化。動脈硬化になりやすい人

3動脈硬化コレステロール

4動脈硬化は老化のサイン。予防は早めに

 

 

 

【本編】

1動脈硬化を知ろう

ではまずは動脈硬化を知る事です。

 

若い方でも今から関心をもてば、

将来動脈硬化で悩む可能性が

低くなりますよね。

 

血管の老化が原因で起こる動脈硬化

お肌のシミやしわと言えば、

お肌の老化ですよね。

 

動脈硬化は年齢と共に

 

 ・弱り

 ・弾力性の低下

 ・傷つき

 ・しなやかさの低下

 

などの血管が老化したことで、

起こる病気です。

 

子供のころから始まるとお伝えしたのは

生まれた時からゆっくり時をかけて

老化していくからなのです。

 

お肌の老化は目に見えるモノの為、

必死に予防しようと

いろいろな対策をして頑張りますが、

血管の老化は目では確認できない為、

ほとんどの人が気付かないことにも

原因があります。

 

気付かないうちに悪化してしまった

動脈硬化

 

心筋梗塞

脳卒中

狭心症

・足などの血管が詰まる   

 

などの命にかかわる重大な

病気を引き起こしてしまうんです。

 

つまり血管の老化に気付きにくいと言う事は、

 

30代や40代の方で、

「私は若いからまだ大丈夫」

なんて思っていたら

 

食生活や生活習慣の乱れから

老化のスピードが早すぎて

もう動脈硬化になっているという人も

いると言う事なんです。

 

 

 

2.血管の老化。動脈硬化になりやすい人

ではそんな食生活の乱れチェックを

してみましょう。

チェック数が多ければ多いほど危険ですよ!

 

 ・ 早食いしてしまう

 ・ 水分をあまりとらない

 ・ 卵は11個以上食べる

 ・ 揚げ物や脂っこい食事が好き

 ・ 野菜が苦手

 ・ 魚料理より肉料理を良く食べる

 ・ 夜食や間食を取ってしまう

 ・ 主食(ごはん)+主食(焼きそば)

   などのセットが好き

 ・ ジュースなどの甘い飲み物が好き

 ・ ケーキやお菓子などの甘い物が好き

 

いかがでしょうか?

血管の老化を早めてしまっていませんか?

 

また

肥満。高血圧。糖尿病

 

などの病気を持っている方は

複合的に重なって、

動脈硬化になりやすいという

報告がありますので、

病気をお持ちの方は

特に注意が必要です。

 

 

 

3動脈硬化コレステロール

もう1つ動脈硬化になりやすいと

言われている事があります。

 

それは皆さんが健康診断で

もっとも耳にする「コレステロール

との関係。

 

そもそもコレステロール値を

コントロールしているのも

動脈硬化にならない為なんです。

 

悪玉コレステロール

コレステロールを全身に運ぶ働きをし、

善玉コレステロール

余分になったコレステロール

肝臓に戻す働きをします。

 

どちらも私達の身体には

必要な存在ですが、

 

食生活の乱れ

欧米化の食事

体質の問題

運動不足

生活習慣の乱れ

 

などの原因から

悪玉コレステロールの量が

増えてしまいます。

 

余分なコレステロール

血管の壁に溜まりだし、

溜まり固まったコブの状態になります。

 

コブが血管の中に出来れば、

もちろん血管が細くなり、

血液の流れが悪くなりますよね。

 

コレステロールによる

動脈硬化の出来上がりです。

 

悪化してそのコブが沢山できたり、

コブが大きくなれば、

血管はつまってしまいますよね。

 

又、善玉コレステロール値が

低い事も関係しているといわれています。

 

先ほどお伝えしましたが、

善玉コレステロールは、

余分な悪玉コレステロール

肝臓に戻してくれる働きをします。

 

と言う事は

余分な悪玉コレステロール

回収が追いつかなくなり、

結果悪玉コレステロールが多くなってしまいます。

 

コレステロール

どちらにも人間にとって大切な働きを

してくれる事は分かりましたよね。

 

善と悪が名前についている為

勘違いされやすいですが、

大切なのはバランスなんです。

 

 

 

4動脈硬化は老化のサイン。予防は早めに

最初にお伝えしましたが、

血管の老化はもうすでに始まっています!

 

まずは血液をサラサラにしておけば、

詰まる心配も減り

血流もスムーズですよね。

 

血液サラサラ効果がある食品

 

・納豆(ナットウキナーゼ)

・青魚(DHA・EPA)

・緑茶(ポリフェノール

・わかめ(アルギン酸)

・梅干し、酢(クエン酸) 

・アーモンド、かぼちゃ(ビタミンE)

・いちご(ビタミンC)

 

生活習慣の乱れも動脈硬化を招きます。

 

・ウォーキングなどの有酸素運動をすること

・暴飲暴食を避け、腹八分を心がける事。

・ストレス発散方法を自分なりに発見しておくこと

・喫煙や副流煙を吸わないこと

 (化学物質のアイコスが身体に良いとは言えません)

・質の良い睡眠をとること

 

予防の為には生活習慣や食事の見直しが

不可欠ですね。

ほかの病気にも通じる事です。

病気になってからやるより、

早めにやり始めることが大切です。

 

 

【まとめ】

動脈硬化

どうして重篤な病気を招くのか

お判りいただけましたか?

 

 

老化には初めが大切です。

 

特にチェックが多かった人は

血液もドロドロの可能性が高いです。

 

ほかの病気にもならない為に、

今から生活習慣や食生活の

見直しをしておきましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ