渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

突然の脳卒中を予防する手段は?

脳卒中は、ガンや心臓病に次いで

死亡原因第3位です。

 

自分の知らないうちに病気が

じわじわ進んでいる為、

突然起こる脳卒中には

種類があることをご存知ですか?

 

血管は生まれた時からすでに

老化がゆっくり始まっているようです。

つまり脳卒中は誰にでも起こりうる病気。

 

突然脳卒中に襲われることがないよう

早いうちからの予防は大切です。

 

 

【目次】

1脳卒中とは?

2脳卒中の種類

3脳卒中の症状と応急処置

4脳卒中の予防

 

 

 

【本編】

1脳卒中とは?

昔は脳卒中とは「突然悪い風に当たって倒れる」

と言われていて、原因は「悪い風」だと考えられていたようです。

 

現在の脳卒中は 

「脳の血管が破れたり、

 詰まったりする脳の色々な症状全ての事」

 

と言われています。

「脳血管障害」とも言われていて命の危険性が高く、

現在でも死亡原因第3位になるほど怖い病気なんです。

 

 

 

2脳卒中の種類

そんな脳卒中には様々な症状があり、

その症状によって病名が変わってきます。

 

脳梗塞

現在脳卒中の症状第1位が

この脳梗塞の為、

皆さんもよく耳にすると思います。

 

血管が詰まり、

酸素やブドウ糖などの栄養素が

脳に行き渡らなくなり、

脳細胞が死んでしまう症状です。

 

さらに脳梗塞の中でも

3タイプに分けられており

 

ラクナ梗塞

 日本人には最も多いタイプで、

 脳梗塞の半数はこのラクナ梗塞。

 

 高血圧が原因で、脳の細い動脈が

 詰まり、梗塞巣と呼ばれる小さな巣が

 脳の深い部分に出来てしまう症状。

 

 くり返し起こる事があり、

 パーキンソン症候群

 血管性痴呆を引き起こす事がある。

 

 

・アテローム血栓性梗塞

 高脂血症、糖尿病、高血圧の病気が多い

 欧米人に多い梗塞で、

 頭蓋内や首の大きな動脈が硬くなったことで、

 詰まってしまう症状。

 

 

・心原性脳塞栓症

 心臓の中に出来た

 血の塊(血栓)が剥がれて流れ

 脳の動脈に入りこんでしまう症状。

 

 血栓ができやすい病気には

 心筋梗塞、心筋症、

 リウマチ性心臓病、心房細動など。

 

 脳梗塞の範囲が広くなる場合が多く、

 症状も酷くなると言われている。 

 

 

②頭蓋内出血

1970年代前までの

脳卒中症状第1位だった頭蓋内出血。

この頭蓋内出血の中でもタイプが2つあり、

 

脳出血

 高血圧が原因で、

 細い動脈が高い圧に

 耐え続けた結果血管が劣化し、

 破れて起こる出血

 発症した時に頭痛と嘔吐が起こる。 

 

 

くも膜下出血

 脳の表面にある大きな動脈に

 出来たコブ(動脈瘤)が破れて起こる出血

 

 多くは先天性の動脈瘤だが、

 高血圧によって

 大きく成長すると言われている。

 

 猛烈な頭痛と吐気に襲われる為、

 そのまま意識を失うケースが多い。

 出血が軽いか多いかで生命が左右される。

 

 

 

3脳卒中の症状と応急処置

ではそんな突然来る脳卒中の症状を

まずは見ていきましょう。

 

血管の詰まりの脳梗塞

血管の破れの脳出血

症状は変わりありませんが、

脳の部位によって症状が変わってきます。

 

 

・大脳で起きた場合

 半身の麻痺(片麻痺

 言語障害(言葉が出てこない、ろれつが回らない)

 感覚障害

 

 

・脳幹や小脳で起きた場合

 ふらつき

 手足が上手く動かせない

 複視(物が二重に見える)

 意識障害(突然意識が無くなる)

 

部位によって違いはありますが、

脳の細胞が損傷される為

やはり命の危険と隣り合わせです。

又、命が助かったとしても

身体の麻痺や言語障害などの症状が

出てしまう可能性もあります。

 

突然来る脳卒中

家族にもし起こった時に早めの応急処置で

助かる場合もあります。

家族を守る為にも応急処置を

知っておきましょう。

 

①頭はなるべく動かさない

②静かな場所に寝かせる

③衣服の締め付けを緩める

 (ベルトやボタンなど)

④嘔吐があれば顔を横に向けておく

 

始めは少量の出血であったとしても、

徐々に広がり、12時間もすると

悪化してしまう可能性もあります。

すぐに救急車を呼び、

早く治療する事が肝心です。

 

 

 

4脳卒中の予防

危険因子となる習慣を

しない事で、予防対策になりますよね。

 

・タバコを吸う

・暴飲暴食

・酒を良く飲む

・脂肪分の摂りすぎ

・塩分の取りすぎ

・糖分の摂りすぎ

・運動不足

 

やはり、規則正しい生活、

バランスのとれた食生活と言うのは、

どの病気にならない為にも、

大切なことですね。

 

又、発症のきっかけを作ってしまう

行動を見ておきましょう。

 

・寝不足

・過労状態

・熱いお風呂

・長風呂

・水分補給の忘れ

 

お風呂で倒れると

よく耳にすると思いますが、

長風呂や熱いお風呂は

発症リスクをあげてしまうんです。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 

血管の詰まりなのか、出血なのか、

又は細い血管なのか、太い動脈なのかで、

種類が沢山ある事が分かりましたよね。

 

又、どのタイプでも高血圧が

原因に入っている為、

高血圧がどれだけ怖いかも分かりました。

 

でも血管や血液そのものは

私達の食べた物から出来上がっている事は

間違いないのです。

 

いかに欧米化してきた食事が与える

老化の早まり、血液のドロドロ感、

血管の衰えなど影響が大きいのか。

 

誰にでも突然起こりうる

脳卒中脳出血脳梗塞

 

その口にしている食べ物全てが、

将来の自分の身体や血管、血液が

出来ているんです!

 

見えていないからこそ若いうちから

予防を考えた生活が大切なんですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ