渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

心筋症になりやすい性格とは?

心臓に関わる病気「心筋症」。

 

 

もし大切な心臓が突然止まったら・・・

 

突然死にもなりかねない、心筋症。

心臓病や突然死になりやすい性格も

あるようです。

 

心臓がいかに大切かを知っておきましょう。

 

 

【目次】

1.心臓の仕組み

2.心筋症とは?

3.心筋症の3つの種類

4.心筋症になりやすい人

 

 

 

【本編】

1.心臓の仕組み

 

心臓の重さは成人で

200300㌘です。

 

大きさは手を握ってみてください。

その拳1つ分の大きさだと思ってください。

 

心臓は4つの部屋に分かれていて、

・右心房

・左心房

・右心室

・左心室があります。

 

又、血液が逆流していかないように、

心房と心室の間には弁が付いています。

 

心臓のほとんどは筋肉でできていて、

それを「心筋」とよびます。

その心筋の力は強く、その力によって

全身に血液を送り出すことができるのです。

 

 心臓は血液を循環させる為に、

ポンプの様な役割をして、

毎日休むことなく

力強く動いてくれているんです。

 

 

 

2.心筋症とは?

では心筋症とはどんな病気でしょうか。

 

心臓の働きは先ほどもお伝えしたように、

全身へ血液を送るポンプの様な

働きをしてくれていますよね。

 

ポンプの様な働きとは

心臓が収縮・拡張運動をくり返すこと。

そのくり返しがポンプの役割となり

血液を送ることができるのです。

 

もしその収縮・拡張運動が何らかの原因で

低下してしまったら、

どうなってしまうのでしょうか・・・

 

その心筋に異常が発生し、

収縮・拡張運動が低下してしまった事を

心筋症と言います。

 

心筋症には原因などから

いくつかの種類があります。

 

 

 

3.心筋症の3つの種類

心筋症の種類を見ていきましょう。

 

①「拡張型心筋症」

(原因)

原因不明。

心臓の収縮力が低下し、

左室の壁が薄くなり、

中の容積が大きくなる。

 

(症状)

動悸、息切れ、すぐ疲れる

むくみ、病状はゆっくり進行する

 

(悪化が招く病気)

血栓塞栓症、不整脈、うっ血性心不全

根本的な治療法は心臓移植のみ

 

 

②「肥大型心筋症」

(原因)

心筋が変形することによって、

左室が厚くなりすぎ、

拡張ができなる事で起こる。

壁が分厚くなったり、

血液の流れる経路が

細くなったりする。

 

(症状)

胸の痛み、動悸、めまい、

息切れ、失神

 

(悪化が招く症状)

心不全不整脈、突然死

拡張型心筋症へ移行することもある

 

 

③「拘束型心筋症

(原因)

日本ではあまりない疾患。

(アフリカ、インド、中南米に多い)

内臓組織を構成する結合組織の異常増殖や

炎症が隣接する組織に侵入した為、

拡張が十分に出来なくなる。

 

(症状)

息切れ、動悸、むくみ

 

(悪化が招く症状)

不整脈

7割の患者さんが発症から

5年以内に死亡

 

やはり心臓。

心筋症になれば、

命と隣り合わせで

生きていかなくてはなりません。

 

 

 

4.心筋症になりやすい人

心臓病や突然死を招く心不全

なりやすい人の性格、行動パターン

というのが研究結果で出ています。

 

自分の性格や行動パターンが

該当していないかチェックしてみてください。

 

①毎日時間に追われている感じがする

②仕事や何かに集中しやすい

③熱中している時は、他の行動には移れない

④緊張しやすい

⑤イライラしたり怒りっぽい

⑥勝気な方

⑦気性が激しい

⑧負けず嫌い(他人と比べる)

⑨几帳面

⑩生活は毎日忙しい

⑪徹底的にやらないと気が済まない

 

チェックが多ければ多いほど

心臓病などになりやすいという

データが出ているようです。

 

チェックリストの様な性格や行動では、

短い時間の中で、

人より多くの事を成し遂げようと

常に何かと戦っている状態です。

 

環境内の圧力や、

人との競争、

自分のが満足いくまで

やり遂げないと気が済まないなど

言いかえればずっとストレスに

さらされている状態なのです。

 

ストレスは身体のいたるところに、

不調を招いてしまいます。

常にストレスを与えられている身体は、

心臓にも影響が出てしまうんですね。

 

そして、その戦いに目が行き過ぎてしまい、

自分の不調に気付くのが

遅くなってしまうのです。

 

又、心臓に負担をかけてしまう疾患もあります。

 

・高血圧

・糖尿病

・脂質異常

 

生活習慣病とよばれる疾患は、

ストレス同様心臓に負担をかけてしまいます。

生活習慣の乱れは

心臓病になるリスクも高くなってしまうんです。

 

 

 

【まとめ】

私も癒しの旅行のはずが、

ハードスケジュールを組んでしまい、

結局身体が疲れるという

悪循環に陥りがちな性格です・・・

 

きっとチェックが多い人は、

努力して休みを作らないと、

本当のリラックスができない人

なんだと思います。

たまにはのんびりと

自分の身体を休ませる事も大切ですね。

 

自分の身体を癒すこと、

自分に合った方法でストレス発散を

しっかりしてあげる、

 

毎日休むこと無く、

働いてくれている心臓に

リラックスしてもらう日を作ってあげられたら、

心臓への負担も減るのではないでしょうか。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ