渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

心臓の病気「心筋梗塞」は、○○を味方につけよう

心筋梗塞

冬場の寒い時期に多いと聞きますが、

ほとんどが突然来るようです。

 

そんな突然来る「心筋梗塞」は

どのような病気なのでしょうか?

  

心筋梗塞」症状なども一緒に、

見ていきましょう。

 

 

【目次】

1.心臓と冠動脈

2心筋梗塞とその原因

3心筋梗塞の症状

4心筋梗塞にならない為に

 

 

 

【本編】

1.心臓と冠動脈

 

心臓の重さは成人で

200300㌘です。

大きさにすると人間の拳1つ分ぐらい、

そして1日約10万回拍動します。

 

心臓のほとんどが筋肉でできている為、

「心筋」と呼ばれています。

その心筋の力は非常に強く、

全身に血液を送り出すことができます。

 

・心筋の内側

右心房、左心房

心室、左心室

4つの部屋があり、

 

 

又、血液が逆流していかないように、

心房と心室の間には弁が付いています。

 

 

・心筋の外側

心筋の外側には冠動脈が心筋の細胞に栄養を与えることで、

心臓は動いてくれています。

 

 

 

2心筋梗塞とその原因

冬、朝方、温度差が激しい場所など

これらは心筋梗塞を発症しやすい時。

 

心筋梗塞とは、

血栓(血の塊)が冠動脈から始まる

心臓周辺の血管を詰まらせ

心筋(心臓)に血液が届かなくなる事で、

心筋が壊死に陥る症状です。

 

私達の身体は生まれた瞬間から、

ゆっくり血管が老化し始めます。

 

お肌の老化は目に見えるので、

必死に予防しますよね?

 

血管はどうでしょうか。

 

加齢と共に血管は、

 

 ・弱ってくる

 ・弾力性の低下

 ・傷ついてくる

 ・しなやかさの低下

 

弱っていても、

目では確認できない血管は、

ほとんどの人が気付かないのです。

 

それと同時に

 

・高血圧

高脂血症

・糖尿病

・肥満

痛風

・喫煙   

 

などの疾患を持っている人の

心筋梗塞発症リスクは

高いと言われています。

 

それは動脈硬化血栓症

狭心症を起こしやすいからです。

 

又、大きなストレスを受けた時や、

鬱が引き金となり心筋梗塞

発症させてしまうと言われています。

 

 

 

3心筋梗塞の症状

ではそんな心筋梗塞の症状は

どのような症状でしょうか?

 

大半の痛みは前胸部痛で、

胸全体が痛くなるようです。

 

強い痛み、

締め付け感、

圧迫感

焼けつくような感じ

 

と表現される胸の痛みが、

30分以上にわたり続きます。

長い間続くので

不安感や恐怖感に襲われてしまうようです。

 

呼吸困難や嘔吐、

冷や汗、腕や顔面のしびれも

症状の一つとされています。

 

又、まれに首や背中、左上腕

上腹部に痛みを感じる事もあるようです。

 

 

 

4心筋梗塞にならない為に

では心筋梗塞にならない為に

どのような生活をすればよいでしょうか?

 

血液をサラサラにさせる事は

心臓への負担を軽くさせることになります。

 

欧米化の食生活

過剰なダイエット

栄養バランスの乱れ

暴飲暴食  

などすべてが病気を招いています。

 

食事の改善はとても大切なのです。

 

青魚に含まれる「DHA」と「EPA」

 

摂取量が多いグループA・・・1日あたり2.1

摂取量が少ないグループB・・・1日あたり0.3

 

このAグループ、Bグループ

を比較した研究で、

 

摂取量が多いAグループは

少ないBグループに比べ

 

心臓病のリスク 約40%低下

心筋梗塞のリスク 約65%低下

 

という研究結果まで出ているぐらい、

「DHA」と「EPA」には

心臓病を予防できるパワーがあるんです。

 

つまり、昔ながらの日本食

健康に繋がると言う事なんです。

 

生活習慣の乱れも

動脈硬化を招きます。

 

・喫煙や副流煙を吸わないこと

 (化学物質のアイコスが身体に良いとは言えません)

・ウォーキングなどの有酸素運動をすること

・ストレス発散方法を自分なりに発見しておくこと

・質の良い睡眠をとること

 

喫煙者はかなりの危険リスクが高まります。

又、他の様々な病気も引き起こす為、

さらに命の危険が高まってしまうのです。

 

 

 

【まとめ】

1日約10万回

そして365日休みなく働いてくれている

心臓に対して本当に

感謝しなくてはいけませんね。

 

ただでさえ

ストレスや加齢に伴って、

負担が増える心臓に、

不摂生から

成人病や生活習慣病になり、

さらに負担をかけてしまう。

 

今の若い子達はまだ関係無いと

思っているかもしれませんが、

60代や70代の人は

昔は和食で育った人達が多く、

今の様に毎日お肉などの料理を

食べて育ってはいませんよね。

 

現代はどうでしょうか・・・

欧米化の食生活に変化した為、

お肉中心生活、加工食品

お菓子に、ジュース、ファーストフード

全てが血管の老化と病気を早めていますよね・・・

 

若いうちからもっと心臓を大切にした

生活をスタートさせてみませんか?

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ