渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

糖尿病とインスリンの関係性は?

糖尿病の方
一人はいるのではありませんか?

それだけ身近な病気「糖尿病」

 

今現在は糖尿病になっていないと言う人も、

親族に糖尿病の方がいれば、
遺伝している可能性もあります。

 

又、欧米化の食生活を続けていれば、
いくらでも糖尿病になってしまう可能性があるのです。

 


【もくじ】
1.糖とインスリンの役割
2.糖尿病とは
3.糖尿病の種類
4.糖尿病の症状

 

 

 

【本編】
1.糖とインスリンの役割
まずは糖尿病に関係のある、
糖とインスリンの役割について
改めて理解しておきましょう。


○血糖
糖は私達が生きていく為、
動く為に必要なエネルギー源です。

その糖を私達の身体は
でんぷんなどの炭水化物から摂取し、
腸で消化吸収された糖は
ブドウ糖」に変化し、
血液中を流れていきます。

又、食事をしていない時でも、
私達の身体は、
肝臓から糖を作りだし
血液中に流しているんです。

血液の流れに乗ることで、
身体の隅々まで行き渡ります。
この血液の中を流れるブドウ糖の事を
「血糖」と言います。

糖尿病の方にお馴染「血糖値」とは
この血液中のブドウ糖の量を
測定しているのです。

ただし、ブドウ糖は筋肉などの
細胞にたどりついたとしても、
細胞の入り口で止まってしまうんです。

細胞の中に入るのには、
インスリンの力が必要です。


インスリン
ではインスリンを見てみましょう。
インスリン
膵臓で作られるホルモンです。

このホルモンのインスリン
血液中をブドウ糖
一緒に流れています。

このインスリン
細胞の入口のカギを持っているんです!

血液中のブドウ糖は細胞の前まで来ると
インスリンが入口のカギを開けてくれます。
インスリンのおかげで、
ブドウ糖は細胞の中に入り、
エネルギー源となることができるのです。

つまり健康な人の血液中には
常に「インスリン」と「ブドウ糖」が
流れている言う事になります。

 

 

 

2.糖尿病とは
血液の中のブドウ糖の濃度は
一定に保たれています。
それはもちろんインスリンのおかげ。

ではもし細胞のドアが壊れていたら?
もしそのインスリンがなかったら?
どうなると思いますか?

インスリン不足
膵臓が機能低下してしまうと
インスリンが十分に作れなくなります。
作れないと言う事は、
糖に対してインスリンの量が少ないと言う事。

インスリン=カギが少なければ、
扉を開けて細胞の中に糖は
入る事ができません。
糖は血液中を流れ続ける事になります。

血液の中に溢れた糖の濃度は、
高くなってしまいますよね。

 


②細胞の傷つき
インスリンの量は十分出来るのに、
肥満や食べ過ぎ、
運動不足から、
細胞の老化が早まり、
細胞が傷つきやすくなり
ドアが壊れてしまいます。

カギで開けられないドアでは
ブドウ糖を中に入れることが出来ません。

この時も糖は血液の中に溢れ、
血液中の糖濃度が
高くなってしまうのです。

これらの血中濃度が高くなった病気を
「糖尿病」と言います。

 

 

 

3.糖尿病の種類
糖尿病には種類があります。

1型糖尿病
急に膵臓からインスリンが作られなくなり、
血糖値が高くなってしまう。

(治療方法)
インスリン注射を続ける

(発症年齢と特徴)
子供や若い人に多い
痩せ形の人に多い

 


2型糖尿病
症状が出ないこともあり、
気付かないうちに
どんどん進行している。

遺伝、生活習慣の原因により、
インスリンが作れない、
又はインスリンの効き目が悪く、
血糖値が高くなってしまう。

(治療方法)
運動療法、食事療法、飲み薬、
インスリン注射

(発症年齢と特徴)
中高年に多い
肥満の人が多いが痩せ形の人もいる
家族に糖尿病の人がいる
運動不足

 


・妊娠糖尿病

赤ちゃんの栄養にもなる糖ですが、
妊娠中は特に多すぎても少なすぎても
赤ちゃんの成長に大きな影響を
与えてしまいます。

胎盤ホルモンの影響で、
インスリンの効き目が悪くなる為、
食後血糖値が
上がりやすくなってしまうのです。

出産後に元に戻ることが多いですが、
妊娠糖尿病を経験した人は、
将来糖尿病になるリスクが
高いとも言われています。

 

 

 

4.糖尿病の症状
気付いていない間に、
進行していく糖尿病。

高血糖の場合
どのような症状で悩まされるのでしょうか?

・尿の回数が増える(頻尿)
・体重が減る
・疲れやすくなる
・喉が渇く、水を良く飲む
・皮膚が乾燥してかゆい
・手足の感覚が低下
・手足にチクチク刺すような痛みがある
感染症によくかかる
・目がかすむ
・性機能の低下(ED)
・傷の治りが遅い

など非常にゆっくり、そして
少しづつ現れる為、
糖尿病だと気付きにくいのです。

家族に糖尿病の方がいる場合は、
糖尿病の検査を定期的に受ける事を
お勧めします。

又、バランスの良い食生活や、
定期的な運動と言うのは、
糖尿病の発症を遅らせることができる為、
自分の生活習慣を見直す事も大切です。

 

 

【まとめ】
糖尿病と言う病名は、
誰でも知っている
とても身近な病気ですよね。

そして、
不規則な生活をしていたら、
誰でも糖尿病になるリスクが
あると言う事です。

今現在なっている方も、
家族に糖尿病の人がいる方も、
不規則な生活をしていて特徴が当てはまる方も、

生活習慣の見直しで、
十分に発症を遅らせる事ができるんですよ。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ