渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

鼻炎が脳に悪影響!鼻づまりを治す方法公開

アレルギー性鼻炎と言えば、

皆さんにもすごく身近な鼻炎では

ないでしょうか?

 

私もかれこれ〇十年

アレルギー性鼻炎持ちです。

多分皆さんより

鼻づまりにも慣れています。

 

調べてみると鼻炎にもいろいろと

種類があるようです。

しかも症状の一つである鼻づまりは

脳に悪影響を及ぼすようですよ!

鼻づまりを治す方法と一緒に

見ていきましょう。

 

 

【目次】

1.鼻炎とは

2.鼻炎の種類

3.鼻づまりが脳に与える影響

4.鼻づまりを治す方法

 

 

 

【本編】

1.鼻炎とは

鼻と副鼻腔の病気でもある「鼻炎」

鼻炎とは改めて、

どんな病気なのか見ていきましょう。

 

鼻と言うのは気道の中で

一番炎症を起こしやすく、

鼻炎は鼻の粘膜が

炎症を起こしてしまい、

腫れた状態になってしまう事で

症状が起きてしまいます。

 

鼻炎には種類がありますが、

一般的に多いことで、

よく知られているのが、

アレルギー性鼻炎」ですよね。

 

ウイルスなどの感染が原因で、

一時的に起こる急性鼻炎や、

副鼻腔炎が慢性化した、

慢性鼻炎などがあります。

 

 

 

2.鼻炎の種類

鼻炎の種類にはアレルギー鼻炎以外、

どんな物があるのでしょうか。

 

アレルギー性鼻炎

環境中の原因によって身体が反応し、

引き起こされる鼻炎

カビ、花粉、動物、草木 など

 

(症状)

鼻水

鼻づまり

鼻の痒み

くしゃみ

目のかゆみ

頭痛

目の腫れ

 

 

②急性ウイルス性鼻炎

風邪などのウイルスが鼻に侵入することで、

鼻の粘膜に炎症が起きる

 

(症状)

 

くしゃみ

鼻水

鼻づまり

微熱

風邪の症状

 

 

③血管運動性鼻炎

煙などの大気汚染、

香辛料などの刺激物が原因で起きる鼻炎で、

慢性鼻炎の一種です。

空気の乾燥が悪化を招きます。

 

(症状)

くしゃみ

鼻水

鼻づまり

などのアレルギー症状

 

 

④慢性鼻炎

炎症やウイルス感染によって引き起こされた

鼻炎が長引いたものを慢性鼻炎と言います。

ただし、別の病気が

隠れている可能性もあります。

結核、鼻硬化症、梅毒、ハンセン病、リノスポリジウム症など)

 

(症状)

頻繁な鼻出血

鼻づまり

膿性のドロっとした鼻水

鼻水が嫌な臭いを放つ

かさぶた

 

 

⑤萎縮性鼻炎

慢性鼻炎の一種です。

高齢者に多く鼻の粘膜が薄く硬くなり、

鼻腔が広がって乾燥してしまい起こる鼻炎。

 

(症状)

激しい鼻出血

かさぶた

悪臭

嗅覚を失う(嗅覚脱失)

 

アレルギー鼻炎だけではなく、

様々な鼻炎がある事がわかりましたよね。

 

 

 

3.鼻づまりが脳に与える影響

「鼻が悪いと頭が悪くなる」

と言う言葉聞いた事ありませんか?

 

昔はよく言われていたようです。

これは鼻づまりが脳に悪影響だ

と言う事を伝えているのですが、

実はこれ医学的にも明らかとなっているんです!

 

皆さんは気温や湿度が高かった今年の夏、

頭がぼーっとしませんでしたか?

パソコンや携帯を思い浮かべてください。

使いすぎて熱く熱を持ったパソコンや携帯は、

エラーを起こして、突然電源が落ちたりしますよね。

 

脳はパソコンと同じで、

熱や湿度に弱く、思考能力が低下して

ボーっとしてしまうんです。

 

温度を上げすぎないように、

パソコンには冷却ファンが付いていますが、

脳に対して冷却ファンの役割をしてくれているのが、

鼻呼吸なんです。

 

思い出してみてください。

鼻炎の人でなくても

鼻づまりは経験したことあると思いますが、

 

鼻がつまって口呼吸になっている時、

頭がボーっとしていませんでしたか?

 

それは鼻呼吸ができない為

脳が冷やせないからなんです。

 

脳の温度が高いことにプラスして

鼻づまりは睡眠不足になってしまう事が

多いんです。

 

大人は仕事に影響を及ぼし、

子供は学力に影響を及ぼしてしまいますよね。

 

特に成長期の子供さんの

慢性的な鼻づまりには以下の症状が報告されています。

 

・イライラする

・寝付きが悪い

・歯ぎしりする

・いびきをかく

・夜中に何度も目覚める

・口呼吸をしている

・昼間はボーっとしている

・姿勢が悪い

・ご飯をあまり食べない

・身長が伸びない

・運動が苦手

・集中力がない

・顎が小さく歯並びが悪い

・臭いに鈍感

・落ち着きがない

・表情が豊かでない

 

チェックが多く、

特徴的な口呼吸をしている場合は、

鼻づまりが原因の症状かもしれませんよ。

 

 

 

4.鼻づまりを治す方法

では早速鼻づまりを治す方法をご紹介します。

 

・お家でリラックスしながら治す方法(蒸しタオル)

鼻を温めることで、私は改善されます。

熱い物を直接乗せることは止めましょう。

 

お湯につけた蒸しタオルを

鼻の上に置くだけでOKです。

家にいる時は蒸しタオル方法ができますよね。

お風呂に入った時にやるのもお勧めですよ。

 

 

・外出先で一瞬で治す方法(鼻ストレッチ)

①息を吸う

②ゆっくり限界まで息を吐く

③鼻をつまんで息を止める

④空を見上げる

⑤ゆっくり地面を見る

⑥息が続くまで④⑤をくり返す(口呼吸はしない)

⑦鼻呼吸をしてみる

「ス~」っと鼻が通ってきましたか?

 

 

・鼻づまり解消グッズを使う

ドラックストアで気軽に手に入る

スーッとするメントール入りの

マスク、ティッシュなどを上手く利用しましょう。

花粉症の患者さんが沢山いる為、

グッズも沢山でていますよ!

 

 

 

【まとめ】

鼻炎→鼻づまり→脳へ。

脳にまで影響を与えてしまうとは

驚きました。

しっかりした研究結果がでているので、

特にお子様の成長の妨げになっているのが、

鼻づまりであるならかわいそうです。

 

あまりご飯を食べず成長出来ないのも、

味や臭いが分からないからですよね。

 

大人でも仕事に差し支えがある様に、

沢山学ぶこと記憶することが多い

子供さんには、

特に注意してあげることが大切です。

 

そんな時はこの鼻づまりを治す方法も

試してみて下さいね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ