渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

腎臓病と症状のチェックリスト

腎臓病は症状が現れにくいと言われていますが、

私達の身体にとても重要な働きをしているのが腎臓です。

 

「人間の寿命を決める腎臓」

とテレビ番組が組まれるほど大切なことが分かります。

 

そんな腎臓の病気についてのお話です。

 

 

【もくじ】

1.腎臓の働き

2.腎臓病の症状

3.腎臓に負担をかけるもの

4.腎臓を大切に

 

 

 

【本編】

1.腎臓の働き

腎臓は症状が現れにくく、

逆に症状が現れた時は

慢性腎臓病だったと言う事もあります。

 

腎臓は機能が2割から3割程度働いていれば、

症状が現れないんです!

とても我慢強い臓器ですよね。

 

私達の腎臓の仕事は、

 

・血液をろ過する

・老廃物を排泄する尿を作る

・血圧調節

・様々なホルモンの分泌

・血液のアルカリ性と酸性の調節

・水分と電解質の調節

 

など私達が生きていく上で必要な

仕事ばかりが腎臓の仕事なんです。

 

身体全体の血液量の4分の1もの量が、

腎臓に集まり全身の酸素濃度を

コントロールまでしているんです。

 

皆さんは腎臓の事を

心臓や脳と並んぶ、

重要な臓器という事をご存知でしたでしょうか?

 

 

 

2.腎臓病の症状

腎臓病の初期症状チェックをしてみましょう。

 

①毎回尿が泡立ち、泡が消えない

②就寝後に強い尿意を感じるが尿が出てこない

③手足がむくむようになった

④手足を押して凹んだ所が元になかなか戻らない

⑤指輪や靴下のゴムがきついと感じる

⑥起床時に顔のむくみ、眼の周りのむくみが酷い

⑦常に疲れやすい、だる重い

⑧貧血、立ちくらみが多くなった

⑨汗をかきにくくなり、尿量が減った

⑩白濁した尿、赤茶色の尿が出る

⑪昼間のトイレ回数が減った

 

など気づきやすい症状があるようです。

又、腎臓病の特徴的な症状にあげられるのが、

 

 ・むくみ

 ・尿量異常

 ・倦怠感

 ・貧血

 ・頻尿

 ・夜間尿 

 ・かゆみ  などです。

 

特に尿に違和感を感じたり、

むくみが酷くなった場合は

恥ずかしがらずに

病院を受診することをお勧めします。

 

 

 

3.腎臓に負担をかけるもの

そんな大切にしなければならない腎臓に

負担をかけている物はなんなのでしょうか?

 

・塩分

たんぱく質

・ファーストフードなどの外食

・濃い味付け

・調味料のかけ過ぎ

・ストレス

などです。

 

炭水化物や脂質は呼吸や尿から排出されますが、

 

たんぱく質

燃焼後に尿素窒素や尿酸として、

人間の身体に悪影響を及ぼす

老廃物として残ってしまいます。

 

塩分は必要量以外の塩分を排出する為、

腎臓が動き続けてしまいます。

 

その為特にたんぱく質や塩分の大量摂取は

腎臓に大きな負担をかけることに

繋がってしまうんです!

 

 

 

4.腎臓を大切に

腎臓病患者は

日本人の8人に1人に発症すると言われている

新たな国民病です。

 

又、腎臓病が悪化した場合に受ける人工透析

日本透析医学会によれば、

人口透析を受けている人は32448

という驚く人数の人が、

腎臓病に悩まされているんです!

 

特に高齢者の人は人ごとではない

病気になっているんです。

 

と言う事は自分も腎臓病になってしまう

可能性があると言う事です。

 

人間の寿命を左右する臓器である

腎臓を大切にすることは

とても重要なことではないでしょうか?

 

①食生活の見直し

②ストレス発散・回避

③規則正しい生活

④質の良い睡眠

など自分で出来ることから始めましょう。

 

 

 

【まとめ】

腎臓という臓器の大切さが

分かってもらえたと思います。

 

又、腎臓病は生活習慣病である、

糖尿病、動脈硬化、内臓脂肪などと

密接な関係があるので、

早期発見が大切なんです。

 

 

薄い味付けにしたり

調味料を減らしたり

 

と気をつけることができますし、

 

初期症状を頭に入れておけば、

早期発見にも繋がります。

 

逆を言えば、

腎臓を大切にするということは

寿命を延ばす方法だとも言えますね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ