渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

「A型肝炎ウイルス」は、冷凍ラズベリーで集団感染例も!?

肝炎と聞いてC型は血液感染だけど、

A型は何から感染するの?と

知らない人が多いのではないでしょうか。

 

国内では二枚貝による

A型肝炎ウイルスの事例がありますが、

海外ではレタスや冷凍ラズベリー

集団感染の事例が報告されているんです。

 

そんな身近にかかる可能性がある

「A型肝炎ウイルス」

について調べてみました。

 

 

【目次】

1.日本と海外のA型肝炎ウイルス

2.A型肝炎ウイルスの感染経路

3.A型肝炎ウイルスの症状

4.A型肝炎ウイルス予防法

 

 

 

【本文】

1.日本と海外のA型肝炎ウイルス

A型肝炎ウイルスは世界中に幅広く

存在しています。

 

特に衛生環境が左右する為、

A型肝炎ウイルスは

衛生環境が未整備である発展途上国では

多く発生しているんです。

 

それらの地域では、

10歳までにほぼ100%と言う数字で、

感染をしており、

無症状のまま抗体を

保有すると言われています。

 

日本でも戦後の混乱期などは

感染の危険性が高く、

現在の60歳以上の人の多くは、

抗体を持っているようです。

 

ただし60歳以下の人は

ワクチン接種は推奨されていますが、

抗体を持っていない人がほとんどで、

現代の日本の衛生環境から、

菌やウイルスに弱い人ばかりです。

 

そんな日本人が

A型肝炎ウイルスに感染した時は、

症状も酷く感染が拡大する恐れもあるんです。

 

又、日本では患者数は減少したとは言え、

 

発展途上国からの輸入品や海産物等の飲食感染

東南アジア、インド、中国などの渡航先での感染で、

年に数百例の患者が報告されているんですよ。

 

 

 

2.A型肝炎ウイルスの感染経路

日本では海外の様に

大規模な集団感染は稀ではありますが、

 

魚介類が原因とみられる食中毒事例

飲食店における集団感染事例

は少なからずみられています。

 

魚介類では生食による

経口感染が主な原因で、

その他では性的接触

輸血による感染報告もあります。

 

又、食中毒である為、

糞便や嘔吐物からも感染してしまいます。

集団行動をする学校や職場

家族間でA型肝炎ウイルス患者がいる場合は

注意が必要です。

 

 

 

3.A型肝炎ウイルスの症状

そんなA型肝炎ウイルスに感染した場合の

症状を見ていきましょう。

 

(症状)

発熱

倦怠感

筋肉痛

頭痛

腹痛

食欲不振

嘔吐

黄疸

肝腫大

濃白色尿

灰白色便

トランスアミナーゼ上昇(GOTGPT

 

 

(年齢)

年齢が上がるに従って症状が重く

重症化しやすいですが、

 

小児の場合は、

感染しているにも関わらず

無症状のことが多いんです。

 

無症状の患者

小児不顕性感染率 8095

成人不顕性感染率 1025

 

 

(経過)

26週間 潜伏期間

       糞便中にウイルス排出

発症    症状が現れる

        糞便中のウイルス排出ピーク

1週間後  糞便中のウイルス激減

12カ月 回復

36カ月 トランスアミナーゼの数値が正常

 

特異的治療は無く、

安静と対症療法が中心です。

 

A型肝炎ウイルスの

致死率は0.1%以下と低く、

12カ月で回復して、

慢性化しないのが特徴です。

又、治療後には強い免疫抗体が残ります。

 

 

 

4.A型肝炎ウイルス予防法

患者との接触予防としては、

一般的な食中毒と同様に、

手洗い、

消毒、

感染者の糞便処理注意

で予防をしましょう。

 

又ウイルスに感染しないように、

衛生環境が未整備である発展途上国

への旅行や出張などでは

 

生水

生野菜

カットフルーツ

 

などウイルスが付着している可能性がある物や、

汚染の可能性がある水で洗浄された物などは

注意する必要があります。

 

ミネラルウォーター又は1度沸騰させた水、

しっかり加熱処理された食事を

取るようにしましょう。

 

 

 

【まとめ】

家族間で一番重症化しやすいのは、

抗体のある60代や

無症状の小児より

40代以上の成人という事に驚きましたが、

日本はそれだけ衛生環境が

整っているのという事ですよね。

 

飲用水の管理が悪い国や地域では

感染リスクが高くなります。

自分の身は自分で守りましょう。

 

良い忘れていましたが、

日本は平成26年から

輸入冷凍ラズベリーの汚染検査を

実施していますが、

現時点での検出はありませんので安心してくださいね!

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ