渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

「隠れ肝硬変」って何?食事法で対処できるのか?

昔から

「お酒を飲みすぎると肝臓を悪くする」

と言われていますよね。

実は男性よりも女性の方が、

お酒が原因で肝臓を悪くするリスクが

高いことが分かったのです。

 

お酒が身近になり、

女性も社会で活躍する現代では

女性の「肝硬変」患者も

増えているんですよ!

 

皆さんは肝臓の病気

「肝硬変」をご存じでしょうか。

 

 

 

【目次】

1.肝臓の本来の働き

2.肝硬変という病気

3.アルコールと肝臓

4.肝硬変の食事

 

 

 

【本文】

1.肝臓の本来の働き

人間の肝臓はとても強い臓器です。

まずは肝臓という臓器を知っておきましょう。

 

臓器の中で唯一、

3分の2を切り取られても

再生してしまう程強い臓器の肝臓。

 

成人の肝臓の重さは約1㎏~1.5

もあり臓器の中で最も大きな臓器になります。

 

体内最大の「腺」

と呼ばれている肝臓は

体内の複数の酵素を使い、

500以上の物質を

身体に必要な物質へと

作り変える働きをしているんです。

 

①栄養素の変化と蓄え

②胆汁を作成

③血液への働き

④免疫細胞への指令

⑤解毒作用

 

肝臓と同じ能力のある工場を

人間の手で作る力は未だにありません。

それぐらい1つづつが重要であり、

それを1つの臓器が行っているんです。

 

 

 

2.肝硬変という病気

もともと肝臓は柔らかい臓器です。

その柔らかい肝臓が炎症をくり返すことで、

肝臓全体が硬くなってしまう病気を

「肝硬変」と言います。

 

肝硬変を引き起こす病気としては、

 

C型肝炎ウイルス

B型肝炎ウイルス

・長期アルコールの暴飲

・自己免疫の異常

・薬剤

など様々です。

 

ではなぜ炎症があるのに、

そこで気付かずに重症化してしまうのか?

 

そこが沈黙の臓器と言われる理由です。

肝臓はとても強い為、

たとえ肝臓の機能が85

壊れていたとしても働き続けられる臓器。

 

そんな臓器だからこそ、

自覚症状が無いまま、

静かにじわじわと病気を

進行させてしまうのです。

 

ではどんな症状が出るのでしょうか。

 

代償期の症状…肝機能がまだ保たれている時

・手足、指先がつる(痙攣)

・掌の膨らみが赤くなる

・赤紫の斑点がでる

・アルコール原因の場合

 背中から上胸部にかけての赤斑点がでる

 

非代償期の症状…肝機能が低下した時

・倦怠感

・食欲不振

・黄疸

・腹水

・皮膚のかゆみ

・息苦しさ

・浮腫(むくみ)

・肝性脳症

女性化乳房

・肝がんへの移行

 

この症状の時期を見てもわかる様に、

肝機能が低下してから、

自覚症状が徐々にあらわれてくるのです。

 

 

 

3.アルコールと肝臓

肝硬変になる原因と言えば、

昔は「お酒の飲みすぎ」と

言われていました。

しかし1989年に

C型肝炎ウイルスが発見され、

肝硬変における調査で、

 

70% C型肝炎ウイルス感染による発症

15% B型肝炎ウイルス感染による発症

1015% アルコールによる発症

 

という結果が出たのです。

実はアルコールが原因で

肝硬変になる人は思ったよりも

少なかったのです。

 

しかし、アルコールの暴飲が原因で、

肝臓病になる事は事実です。

アルコールの暴飲による肝臓病は

4種類あります。

 

脂肪肝

肝臓周辺に脂肪が巻きつき、

フォアグラのような状態になる

 

・アルコール性肝線維症

傷跡を思い出してください。

皮膚が引っ張られ、ひきつった状態

になりますよね。それを線維化と言いますが、

炎症をくり返す肝臓も線維化されていきます。

 

・アルコール肝炎

大量の飲酒は肝炎を引き起こします。

飲酒をしない人よりも重症化することが

分かっています。

 

・アルコール性肝硬変

肝臓が絶えず炎症をくり返し、

線維化が進んでしまうと、

肝硬変になってしまいます。

 

又、女性の方が男性よりもお酒に弱く、

男性が肝臓病になるリスクの量の

お酒の3分の2で女性は肝障害を

起こしてしまうと言われています。

 

最近は女性の社会進出に伴い、

お酒を飲む機会が増えているため、

沈黙の臓器である肝臓が

静かに病気を進行させた、

隠れ肝硬変が増えていると

報告されているんです。

 

 

 

4.肝硬変の食事

肝硬変の患者は食事制限が必要な方が

ほとんどです。

 

例えば肝臓にはしじみが良いと

聞いたことはありませんか?

しかし、肝臓病の患者さんは献血の様に

血液を抜く治療もあるほど、

血清鉄が高い人が多いのです。

 

しじみなどの貝類には鉄分が多く、

鉄分の過剰摂取は

逆効果になってしまうのです。

 

貧血で無い限りは鉄分を

控える必要があるのです。

 

こちらも「代償期」「非代償期」で

見ていきましょう。

 

(代償期)

・バランスの良い食事(多品目を少量づつ)

・鉄分は控えめに

・塩分は控えめに

・肝臓に良い物に偏らない

・太らないようにする

 

(非代償期)

・バランスの良い食事

・塩分制限

たんぱく質制限

・便秘に注意する

 

非代償期になると厳しい制限で

食事を摂らなければいけなくなります。

 

 

 

【まとめ】

沈黙の臓器肝臓。

それだけに、肝硬変はじわじわと

静かに進行してしまうんですね。

男性よりも女性が増えている

という事実には驚きました。

 

なぜか自分の勝手なイメージで

肝硬変になるのが、

男性のイメージだったので。

 

男性にも女性にも増えている

それだけ肝臓の病気が

国民病になっていると

言う事かもしれませんね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ