渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

突然来る腹痛…痛い部位別の隠れた疾患

腹痛は誰にでも起こる症状ですよね。

多分どんな方でも

1度は腹痛になったことがあるはずですよね。

 

そんな時に知っておきたいのが、

お腹のどの部分が痛いのか。

 

その痛みから

疑わなければならない隠れた疾患は何か?

 

特に女性の方は、

婦人科系の疾患でも

腹痛が起こるので、

知っておく事はとても大事です

 

 

【目次】

1.みぞおちの腹痛

2.おへその下の腹痛

3.その他の腹痛部位

4.病院で伝えるべき症状

 

 

 

【本文】

1.みぞおちの腹痛

腹痛の部位別でどんな病気が

隠れているのかを見ていきましょう。

 

●みぞおち中心部分の痛み

・消化性胃潰瘍胃潰瘍、十二指腸潰瘍)

胃の粘膜が胃酸などが原因で、

傷ついている状態。

みぞおちに強い痛みを感じる。

 

(その他の症状)

みぞおち周辺の不快感

吐気、嘔吐、吐血、血便

 

 

急性胃炎

機械的又は化学的に刺激を受けた

胃の粘膜が炎症を起こしている。

みぞおちに痛みがでる。

 

(その他の症状)

腹部膨満、食欲不振、吐気

出血がある場合

吐血、下血が起こる

 

 

・急性虫垂炎(盲腸)

虫垂と呼ばれる腸の一部が、

雑菌やウイルスにより炎症が

起きている状態。

初期症状にみぞおち辺りの

痛みを感じる。

 

(その他の症状)

みぞおち痛から右下腹の痛みに変わる

吐気、食欲不振、発熱

 

その他疑うべき病気には

急性心筋梗塞

消化管穿孔

などがあります。

 

 

●みぞおち右側の痛み

・胆のう結石

脂肪分の多い食生活

ストレスなどにより結石が

胆嚢にできている状態。

激しいみぞおち右側の痛みがでる。

 

(その他の症状)

右肩痛、吐気

 

 

・胆嚢炎、胆管炎

胆嚢や胆管が胆石、腫瘍などにより、

塞がってしまいそこに雑菌が

浸入して炎症を起きている状態。

みぞおちの右側に痛みを感じる。

 

(その他の症状)

右肩痛、吐気、嘔吐、発熱、黄疸

 

その他疑うべき病気には、

胆管結石

肝内結石

などがあります。

 

 

●みぞおち左側の痛み

・急性膵炎

膵臓が自分で分泌した、

膵液という酵素により、

自分自身を消化してしまう状態。

とても激しいみぞおち

左側の痛みが発生する。

 

(その他の症状)

背中の痛み

吐気、嘔吐、発熱

重症の場合、

血圧低下、頻脈、呼吸障害

 

 

 

2.おへその下の腹痛

次はおへその下が痛む場合です。

 

・子宮外妊娠破裂

受精卵が子宮内膜以外の場所に

着床してしまい、

妊娠を成立させてしまった状態。

現在は検査機器が良くなった為、

早期発見ができるが、

昔は、発見が遅れることによって、

卵管が破裂し

大出血、腹部の激痛を

引き起こすこともあった。

 

 

・卵巣出血

卵巣が卵子を排出する時に、

表面を傷つけてしまう事があり、

通常であれば出血を起こさない小さな傷だが

何らかの原因により、

大量出血を起こしてしまう。

その時に、激しい下腹痛も引き起こし、

酷い時は、ショック状態に陥ってしまう。

 

おへその右下腹又は左下腹が痛む時は、

腸炎

過敏性腸症候群

子宮内膜症

骨盤腹膜炎 

などの病気が隠れている場合があります。

 

 

 

3.その他の腹痛部位

その他の部位の腹痛からも

疑うべき病気があります。

 

・左もしくは右のわき腹痛

尿の通り道である尿管に、

腎臓で作られた結石が詰まってしまう

尿管結石が疑われる。

 

(その他の症状)

わき腹、背中、下腹に感じる激痛

血尿、吐気

 

 

・左側の腹痛

腸の運動異常である便秘症を

うたがう。

 

(その他の症状)

便が硬い、コロコロした便

腹部の不快感、腹部のハリ

残便感、排便回数が週2回以下

排便に時間がかかる

 

 

・腹部全体の痛み

糖尿病からくる腹痛を疑う。

(糖尿病性ケトアシドーシス

体内で急激にインスリンが不足した時に、

発生する腹痛。

 

(その他の症状)

喉の渇き、トイレの回数の増加

全身の倦怠感、体重減少

悪化すると

呼吸困難、吐気、嘔吐、意識障害

 

まだまだ腹痛に隠れた疾患はあるんです。

それだけ腹痛は沢山の病気と

深くかかわっているということがわかりますよね。

 

 

 

4.病院で伝えるべき症状

腹痛が治まらない場合は、

我慢せず病院を受診しましょう。

 

その時に先生に自分の症状を

速やかに伝えられたら、

早期発見に繋がりますよね。

 

では病院で伝えるべき症状を

確認しておきましょう。

 

①どの部位が痛むか

②いつ頃から痛いか

③チクチク、ズキズキなどの痛み種類

④下痢又は便秘

⑤便の状態(色や形)

⑥熱はあるか

 

例えば、

便状態はとても重要になってきます。

 

・赤い便(血便)

大腸がん、炎症性腸疾患などが隠れています。

 

・黒い便

胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが隠れています。

 

・白い便

胆石、膵がん、急性肝炎などが隠れています。

 

・コロコロ便

便秘の人の症状です

 

・細い便

直腸にできる潰瘍などが隠れています。

 

など便の状態からも病気を発見することが

出来るのです。

自分の症状をしっかり伝えることが、

早期発見となったり、

治療もスムーズになり

悪化を食い止めることができるのです。

 

 

 

【まとめ】

一言でまとめて「腹痛」と

言ってしまいますが、

部位別でこんなにも疑うべき病気が

あることはびっくりしますよね。

 

最近では食生活の乱れや、

強いストレスにより、

若い方に腹痛や胃痛を訴える人が

増えています。

 

様々な病気は

食生活の乱れ、

ストレスによって

引き起こされてしまうのです。

 

特に女性は、

婦人科系の疾患からくる

腹痛もあるので、

男性よりも注意深く

症状を見ておく必要がありますね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ