渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

血便が教えてくれる病気。毎日の便チェックが大切な理由

便に血が混ざったり、

便が真っ赤に染まっていたり、

突然血便が出たら、

びっくりしますし、

とても不安になりますよね。

 

 

血便には様々な病気が

隠れていることが分かりましたよ。

 

 

【目次】

1.血便とは

2.血便の種類

3.血便に隠れた病気

4.大腸の病気の危険因子

 

 

 

【本文】

1.血便とは

血便とは血が混ざった状態の便が、

肛門から排出される事を言います。

 

血便と言うと、

腸に異常があるか又は、

痔の場合と考える人が

多いようですが、

消化器官からの出血を疑う為、

口腔から肛門までの間の

異常が無いかを検査していきます。

 

又大量の出血から

ティッシュにつく程度の

少量の血便の場合もあります。

しかし正常な場合は

血便などそもそも出ないのです。

 

自分で勝手に痔だから大丈夫と

判断せずに血便が出たら

早急に病院で検査を受けましょう。

 

 

 

2.血便の種類

一言に血便と行っても、

便の状態が違うようです。

 

①鮮血便

まさに血液の赤色の血便。

鮮血便の場合は肛門に近い部分からの

出血が疑われる。

 

(疑う部位)

血液量 多 肛門

血液量 少 直腸

 

 

②粘血便

粘土質のある血便。

大腸の感染症や炎症性腸疾患に

良くみられる。

 

(疑う部位)

血液量 少~中 大腸

 

 

③黒赤色便

便の途中に血が混ざっている血便。

便に混ざっている為赤黒く見える。

 

(疑う部位)

血液量 少~多 大腸、小腸

 

 

④黒色便

血液中の鉄分が吸収される為

真黒の血便が出る。

 

(疑う部位)

血液量 少~多 胃、十二指腸、小腸

 

 

⑤潜血便

肉眼で確認できないが、

検便で発見される血便。

3%の方に大腸がんが

見つかっている。

 

(疑う部位)

大腸、肛門、直腸

 

血便の色の状態で、

どの部位に異常があるのかも

大体わかってしまうんです。

便の色のチェックは

大切だと言う事が分かりますよね。

 

 

 

3.血便に隠れた病気

次は、血便の状態から

隠れた病気について

みていきましょう。

 

 

・「痔核」「裂肛」

(便状態)

 鮮血便

 

(症状)

便通は便秘気味。

下痢、腹痛、発熱は無く、

排便時に肛門の痛みや

肛門の違和感を感じる。

出血をくり返してしまう。

 

 

・「進行大腸がん」「直腸がん」

(便状態)

粘血便

 

(症状)

便に粘液と一緒に付着しており、

便秘と下痢をくり返すことが多い。

排便後もスッキリしないしぶり腹の

状態になってしまう。

腹痛は個人差があり無い場合もある、

出血もくり返し起こす人もいる。

 

 

・「早期大腸がん」「大腸ポリープ」

(便状態)

黒赤色便、潜血便

 

(症状)

便通は特に変化が無く、

症状も無症状。

少量の出血をくり返すことが多い。

少量の為検便で

発見されることが多い。

 

・「潰瘍性大腸炎

(便状態)

暗赤色便、粘血便、下痢

 

(症状)

粘液の混ざった血便の下痢が続く。

30歳以下の若い人に多いのが特徴で、

原因解明はされていないが、

自己免疫異常や心理的要因が原因と

考えられている。

腹痛はないことが多い。

 

 

・「虚血性大腸炎

(便状態)

暗赤色便

 

(症状)

老人で、動脈硬化や糖尿病を

発症している人に多い。

急に血便が出て、

左腹部の腹痛を発症することが多い。

大腸への血液を流す動脈が

狭くなったり、詰まることで発症する。

 

 

・「出血性大腸炎

(便状態)

暗赤色便

水溶性下痢から血便に変化

 

(症状)

大腸菌が大腸に感染し、

毒素を生産することで発症する。

出血性の下痢と

腸炎などの合併症を起こす。

特に弱い小児や高齢者がなりやすい。

腹部の強い痛みと

水溶性の下痢が突然始まり、

24時間以内に血便が混ざってくる。

発熱は微熱程度のことが多い。

 

 

・「大腸憩室症」

(便状態)

粘血便、便に膿が付く

 

(症状)

高齢者に多い病気。

大腸の壁が袋状に飛び出し、

小さな部屋ができてしまう病気。

部屋ができた状態だけでは、

無症状だがその部屋に

腸の内容物が溜まり炎症を起こすことで、

出血したり、膿がでたりする。

 

やはり血便には

様々な怖い病気が隠れていましたね。

早期に治療しなければ、

命の危険を伴う事もあります。

自己判断は絶対にダメです。

 

 

 

4.大腸の病気の危険因子

色々な大腸の病気はありますが、

そんな大腸の病気が

日本では右肩上がりに

増えている事をご存じでしょうか?

 

日本で増えている原因として

考えられているのが、

 

①食生活の変化

和食から欧米化の食生活に変化して

大腸の病気が増えだしたという

報告があります。

 

 

②ストレス社会

ストレスは大腸だけでなく、

様々な病気を引き起こす

危険因子です。

特に日本はストレス社会と

言われているにも関わらず、

ストレス発散も上手く出来ない人が

多いようです。

 

 

③働きすぎ

日本人は真面目な人が多く、

その多くが働き過ぎです。

そして几帳面すぎることで、

さらにストレスを抱えてしまうのです。

 

 

④喫煙

喫煙者は大腸の病気になる

リスクが高くなることが分かっています。

 

大腸の病気が

癌へ移行することもありますよ!

 

自分自身の

生活習慣、食生活を見直すことで、

大腸の病気予防対策なるんです。

 

 

 

【まとめ】

毎日排便された後

色や形チェックできていますか?

 

 

どこの部位が異常なのか、

そしてどんな病気が疑われるのか、

便がそれを教えてくれているんです。

 

毎日の便チェック

自分の身体を病気から守る為にも、

大切なことなのかもしれません。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ