渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

網膜剥離と言う目の病気が芸能人にも。最近眼が見えにくくなっていませんか?

元NMBの須藤凛々花さんや

芸人ウーマンラッシュアワー

中川パラダイスさん

亀田大毅さんが

ボクシングの人生に幕を閉じた原因に

なったことでこの病名を

知った人も多いのではないでしょうか。

 

若くても発症してしまう「網膜剥離」。

 

最近視力が低下してきた

最近飛蚊症(蚊が飛んでいるように見える症状)

が急に酷くなってきた人は、

網膜剥離かもしれませんよ。

 

 

【目次】

1網膜剥離とは

2網膜剥離の症状

3網膜剥離になりやすい人

4網膜剥離の治療法

 

 

 

【本文】

1網膜剥離とは

網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまい、

光や刺激を脳に伝えられなくなる状態を

網膜剥離と言います。

 

眼球の内側に存在する網膜が

剥がれてしまうと、

視力が低下したり、

視界がせまくなったりする症状が出てきます。

 

そして最悪の場合は

失明してしまう可能性があるのです。

 

多くの場合は加齢を伴って発症しますが、

アトピー性皮膚炎で、

眼を強くこすってしまう人

ボクサーなどで、

顔面に衝撃を多く受ける人は、

網膜剥離を発症することが多いとされています。

 

最近は花粉症などで

アレルギー症状が酷く出る人が増えています。

目の痒みも強くでるようです。

眼を強くこすってしまうのが癖になっている人は

気をつけなければなりません。

 

 

 

2網膜剥離の症状

では実際網膜剥離にはどんな症状が

現れるのか見ていきましょう。

 

①蚊のような影がふわふわする

蚊が飛んでいないのにもかかわらず、

明るい背景で読書した時や、

青い空、白い壁を目にした時に、

ふわふわ蚊が飛んでいるように

見える症状です。

近視や老化から現れる

生理的な変化の場合もありますが、

飛蚊症網膜剥離でも現れる症状です。

 

 

②視界が暗くなったりする

網膜血管がひっぱられることにより、

網膜裂孔が起き出血することがあります。

出血が広がってしまうと、

視界がすすがかかったように

暗くなることがあります。

 

 

③視界に光が走る

視野の周辺に数秒間又は一瞬

光が走ります。

硝子体と網膜の癒着が強い場合に、

その部位が引っ張られ、

網膜が刺激されることで、

視界に光が入ってしまうのです。

 

 

④見える範囲が狭くなる

上の方の網膜が剥離すると

下の方が暗くなり、

下の方の網膜が剥離すると

上の方が暗くなる。

黄斑に網膜剥離が近づくと

その他の網膜に障害が起き、

視野が欠損してしまうのです。

この症状を視野欠損と言います。

 

 

⑤歪んで見える、視力低下

物が歪んで見える、

メガネをかけても視力が改善しない

場合は、黄斑まで剥離してしまっています。

 

視力や視界の変化をそのまま放置しておくと

最悪の場合は失明してしまいます!

 

少しでも見え方に変化があった場合は、

早めに眼科で検査してもらいましょう。

 

 

 

3網膜剥離になりやすい人

網膜剥離は基本的に、

生活習慣や遺伝的な要因は

考えられないとされています。

 

その為、予防的な処置は取れず、

自覚症状のある患者さんの検査と治療を

していくだけになってしまいます。

 

又明確なリスクではありませんが、

 

①加齢

②近視

白内障の手術後

アトピー性皮膚炎

⑤目を殴られたりしたことがある人

 

では網膜剥離になりやすいことが

報告されています。

 

特に網膜剥離

中高年に発症することが多いです。

 

通常若い時は硝子体の中は

ゼリー状の液体が存在するのですが、

加齢に伴ってその液体が

サラサラした水の様に変化してしまう事により、

剥離が起きやすくなるようです。

 

白内障の手術を受けた人は、

水晶体を取りだしたことで、

硝子体が眼球の前方に移動してしまい、

後部硝子体剥離が

起きやすくなってしまうのです。

 

白内障も老化現象、

網膜剥離も老化現象

で発症してしまうんですね。

 

 

 

4網膜剥離の治療法

網膜剥離の治療は

範囲や部位によって違ってきます。

 

 

(剥がれている部位が小範囲の場合)

・網膜光凝固術

網膜剥離の進行を予防する為、

網膜がはがれた部分の周りに、

レーザーを当て網膜光凝固術を行う。

 

 

(剥がれている部位が広い又は進行している場合)

・硝子体手術

硝子体の内側にある

ゼリー状の液体を吸引して、

そこに身体に無害なガスを注入する。

ガスは12週間で水分に置き換わる。

 

重症の場合はガスの代わりに

シリコンを入れる方法もある。

しかしシリコンはガスのように、

水分に置き換わることが無い為、

12ヶ月後には手術で取り除く必要がある。

 

 

・網膜復位術

眼球を内側へ凹ませる為、

眼球の外側に

シリコンスポンジを縫い付けることで、

剥離した網膜を

網膜色素上皮に近づけることができる。

近づければ硝子体の内側にある

ゼリー状の液体を外へ追い出すことができる。

 

やはり網膜剥離が進行していると

手術を受けるしかありません。

少しでも視界が変化したときは、

早期発見する為にも、

早めに受診しましょう。

 

 

 

 

【まとめ】

眼に負担をかけることは、

やはり眼の病気に繋がってしまいますね。

 

網膜剥離も一度なってしまうと

治す為には手術をしなければならない。

でも比較的症状が分かりやすい

気がしませんか?

 

視力低下や飛蚊症

老化だと決めつけずに、

早期に検査を受けて

初期症状で発見出来たら、

治療もスムーズです。

 

今見えている事は、

当たり前だと思わずに、

スマホの使い過ぎなどで、

目を酷使したりせず

負担をかけない様な生活をしていきましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ