渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

口内炎の予防対策にも水分補給?お口は「健康のバロメーター」

一度は口内炎になったことが

あると思いますが、

その口内炎には、

様々な原因がある事をご存じでしょうか?

 

あの痛い口内炎がくり返してしまう、治らないなど

できやすい人もいるようです。

 

外部の刺激を直接受ける器官でもあり、

口は「健康のバロメーター」です。

 

口内炎を軽く考えずに

どんな原因があるのかを

一緒に見ていきましょう。

 

 

【目次】

1口内炎とは?

2口内炎の種類と、できるまで

3口内炎の原因と特徴

4口内炎のセルフケアと予防

 

 

 

【本文】

1口内炎とは?

口の中や歯ぐきなど、

赤く縁取りされた白い潰瘍

ができる炎症の事を口内炎と言います。

 

一般的に皆さんが経験したことのある

口内炎は「アフタ性口内炎」で、

一番多いと言われています。

 

細菌、ウイルス、ホコリ、など

付着や侵入しやすい場所になります。

口の奥には喉があり、

喉から鼻、喉から内臓へと繋がっていく為、

とても重要な器官なのです。

 

その為通常は粘膜で覆われていて、

防御されているのですが、

ストレスや疲れから

免疫力が低下していると、

侵入を許し、微生物に感染し、

炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

そんな口は「健康のバロメーター」

口内炎ができたと言う事は、生活が乱れているかもしれません。

 

 

 

2口内炎の種類と、できるまで

 

 

・歯ぐきに出来る口内炎は「歯肉炎」

・舌に出来る時は「舌炎」

・口唇に出来る時は「口唇炎」

・口角に出来る時は「口角炎

 

出来る部位によって名前が違うんです。

次はそんな口内炎が出来るまでを

見てきましょう。

 

疲労、ストレス、ビタミン不足、

外的刺激、ウイスル感染

など様々な原因により、

「プラスミン」という

たんぱく質の分解酵素の一種が発生。 

 

②①が治まることが無ければ、

「プラスミン」が増え続け、

炎症の元である「ヒスタミン

痛みの元である「プラスタグランジン」

が発生し血管を拡張し始める。

 

③炎症が続くと②の物質達が

外に漏れ出し、

むくみや痛みを引き起こす。

 

④炎症により粘膜がびらん様にただれる

 

⑤ただれた部分がえぐられ口内炎の出来上がり。

 

原因が続けば長引きますし、

又他の部分にも口内炎

できてしまう可能性もあるのです。

 

 

 

3口内炎の原因と特徴

 

 

・アフタ性口内炎

口内炎になる中で一番多いタイプです。

 

(原因)

免疫力の低下

ストレス

栄養不足

口腔粘膜の損傷

全身性疾患の症状 など

 

(症状)

円形または楕円形の白い潰瘍。

何度も繰り返す場合もある。

大きな1粒で出来る場合と

小さな物が23粒群がって出来る場合がある。

普通は10日から2週間ほどで、

自然に消滅していく。

 

 

・カタル性口内炎

細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激から

炎症がおき口内炎が発生する。

 

(原因)

虫歯、入れ歯の不具合

口腔粘膜の損傷

火傷

薬品の刺激 など

 

(症状)

口の粘膜が赤く腫れ、

その後水疱ができ

水疱がつぶれて潰瘍になる。

口臭が発生する

口の中が熱く感じる

味覚がわかりにくくなる

 

 

・ウイルス性口内炎

ウイルスに感染して起きる口内炎

 

(原因)

単純ヘルペスウイルス

水疱帯状ヘルペスウイルス

コクサッキーウイルスA群 など

 

(症状)

多発性の口内炎

多くの小さな水疱ができ

それが破れてびらんができ赤くただれる

カンジタ口内炎は、

白い苔のような斑点ができる

発熱

強い痛み

 

 

・アレルギー性口内炎

アレルギー反応がおきて口内炎ができる。

 

(原因)

食べ物

薬品

金属

 

(症状)

アレルギー反応がおき、

口の中の粘膜に炎症が起きる。

その他のアレルギー反応が

体にも出る可能性がある。

 

一言で口内炎と言っていましたが、

原因がそれぞれ違った口内炎があることが

分かりましたよね。

 

痛みが酷く口内炎が続く場合は、

ウイルス性かもしれません。

それ以上悪化させない為にも、

我慢せず病院を受診しましょう。

 

 

 

4口内炎のセルフケアと予防

口内炎ができてしまった時の対処法や、

出来ない為に予防していきたいですよね。

 

口内炎ができてしまった時、

口内細菌の繁殖を抑えることが

早く治すコツです。

 

20秒間のうがい3セット

②食後の歯磨きは丁寧に

③水分補給をこまめにする

④質の良い睡眠をしっかりとる

⑤免疫力を高める(ストレス、疲労などが原因で低下する)

⑥ビタミンB2B6の積極的摂取

⑦刺激的な食べ物、飲み物は避ける

 

口内炎を早く治す方法も

予防する方法も同じです。

痛い口内炎で悩む前に、

生活を見直していきましょう。

 

ビタミンB2を多く含む食材

(レバー、海藻、ウナギ、青魚、納豆、卵、乳製品)

ビタミンB6を多く含む食材

(バナナ、レバー、ニンニク、鶏のささみ、マグロ、カツオ)

食べ物から摂取が難しい場合は、

サプリメントも良いかもしれませんね。

 

 

 

【まとめ】

ひとたび出来てしまうと、

痛みから食欲まで無くなってしまいますよね。

食べないから栄養が取れず

免疫力が下がって逆効果に。

 

口の中を清潔に保つと共に、

免疫力を高める事も大切なんですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ