渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

歯槽膿漏(歯周病)が命に係わる?知らないと怖い歯槽膿漏

歯槽膿漏と聞いて思い浮かぶのが、

おじいちゃん、おばあちゃん。

お年寄りがなるイメージがあります。

 

 

そんな歯槽膿漏が実は

「命」にまで関係があるとご存知でしたでしょうか?

 

今日は知らないと怖い

歯槽膿漏」についてのお話です。

 

 

【目次】

1歯槽膿漏チェック

2歯槽膿漏とは

3歯槽膿漏から病気へ

4歯槽膿漏にならない為には

 

 

 

【本文】

1歯槽膿漏チェック

最初は自分が歯槽膿漏になっていないか

チェックしてみましょう。

 

①口臭が気になる

②歯磨きの時に出血する

③硬い食べ物が噛みにくい

④最近歯が長くなった気がする

⑤最近歯と歯の間に隙間ができた

⑥前歯が出っぱになってきた

⑦朝起きた時に口の中が粘つく

⑧歯肉がかゆい、痛い

⑨歯肉が赤く腫れている

 

いかがでしたか?

上記5つ以上にチェックがある人は、

歯槽膿漏になっている可能性があります。

歯医者さんで検査してもらう事を

お勧めします。

 

5つ以下の人でも油断は禁物です。

もしかしたら歯槽膿漏の進行が

始まったばかりなのかもしれません。

チェックがある場合は予防対策を

していきましょう。

 

 

 

2歯槽膿漏とは

私達の口の中には、

300500種類の細菌が住み着いています。

この細菌達は普段は静かに暮らしていますが、

 

歯磨きが十分できていない時

砂糖を過剰に摂取した時

 

などに細菌達がネバネバ物質を生み出し、

歯の表面にくっつけます。

このネバネバ物質は粘着力が強く、

一度歯にくっついてしまうと、

うがいをしただけでは

簡単に取ることができなくなってしまうのです。

これを「歯垢」と呼びます。

 

この歯垢にはなんと

1㎎あたり約10億個

 

の細菌がいると言われていて

その歯垢がくっついてしまった

歯や歯肉周辺に虫歯、歯槽膿漏

ができてしまうのです。

その細菌を「歯周病菌」と呼びます。

 

さらに歯垢が強く固まった状態を

皆さんも良く知っている「歯石」と呼び、

歯磨きだけでは取れない程の

粘着力を持ってしまいます。

その歯石がまた歯槽膿漏の進行を

させてしまうのです。

 

歯槽膿漏は、

歯と歯肉の境目の掃除が

綺麗に出来ていない場合に、

そこに住み着いた歯周病菌が停滞し、

歯垢となって周辺の歯肉に

炎症を起こすことを言います。

 

赤くなったり、腫れたりして

通常痛みはほとんどないのが特徴ですが、

そのまま放置して進行すると

歯を支えている土台(歯槽骨)が溶け出し、

歯がグラつくようになり

抜歯をしなければならなくなってしまうのです。

 

 

 

3歯槽膿漏から病気へ

骨を溶かすなんて

よほど強い歯周病菌が

住み着いていると思いませんか?

 

私達は食事もしますし、呼吸しますよね。

という事は身体の中に

歯周病菌も入れていることになります。

歯磨きで血が出てしまうと言う事は、

血液中にも入りこむと言う事になりますよね。

 

身体の中に入り込んだ

歯周病菌は悪さをして

病気まで引き起こしてしまうんです。

 

(呼吸器)

・肺炎

・喘息

咽頭炎

 

(子宮)

・早産

 

(心臓・血管)

・感染性心内膜炎

脳梗塞

・心臓発作

 

(糖尿病)

・血糖値のコントロールができない

 

日本人の死因

2位心疾患

3位脳血管疾患

4位肺炎

 

歯周病菌達により引き起こされる

病気に不思議と一致していますよね。

 

もちろん全ての人の原因が

歯周病菌ではありませんが、

歯槽膿漏が原因で死に至るケースも

あると言う事を知ってほしいのです。

 

 

 

4歯槽膿漏にならない為には

歯槽膿漏は一般的に

40歳前後に発症します。

ですが、食べ物を食べ始めた時から

誰でも歯周病菌に注意する必要があります。

 

進行を予防する為には次の様なことに

注意した生活を送りましょう。

 

①歯ぎしり、食いしばり、噛みしめをやめる

②バランスの良い食生活

③砂糖の取りすぎは控える

④義歯や冠に違和感がある場合は治療する

⑤歯並び噛み合わせに違和感がある場合は治療する

⑥ストレスは溜めこまない

⑦喫煙は控える

⑧歯磨きはしっかりする

⑨歯間ブラシやデンタルフロスなども使用して歯磨きをする

⑩歯医者で定期検診、掃除をしてもらう

 

糖尿病や骨粗鬆症などの病気や

薬の長期服用から歯槽膿漏

進行させてしまう場合もある為、

その場合は主治医と相談しましょう。

 

又歯医者さんへ行った時には必ず、

疾患があること、

薬を服用中であることを

しっかりとお伝えしてくださいね。

 

 

 

【まとめ】

歯槽膿漏を軽く見てはいけませんでしたね。

 

食事をはじめた子供も、

歯磨きをしなければ、

虫歯になります。

虫歯になると言う事は

歯周病菌が存在すると言う事。

 

 

歯槽膿漏には痛みがありません。

気づいた時には進行している

可能性が大きいんです。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ