渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

強力ウイルス麻疹(はしか)。日本のオリンピック開催前に知っておくこと

インフルエンザウイルスより、

今大流行中の風疹ウイルスより、

麻疹ウイルスの感染力が一番強い事

ご存じでしょうか?

 

もし1人の感染者に接触した場合、

免疫を持たない周囲の人達、

15人も感染させてしまうんです。

すごい人数だと思いませんか?

 

本日はそんな麻疹についてのお話です。

 

 

【目次】

1.麻疹とは

2.麻疹ウイルスの感染経路と症状

3.麻疹の怖さは合併症

4.麻疹を予防する方法

 

 

 

【本文】

1.麻疹とは

麻疹は別名「はしか」とも言われています。

麻疹ウイルスに感染することで発症する、

「急性熱性発疹性の感染症」です。

 

感染力はとても強く、

麻疹に対する免疫が無い人が、

麻疹ウイルスに感染した場合、

90%以上の人が発病してしまいます。

なので症状が出ないと言う感染者は、

ほとんどいません。

 

発展途上国では、

麻疹による死亡率が、

1030%にも達する場合があり、

ビタミンAが不足の場合に、

重症化することが分かっています。

 

私達の日本でも1990年には

まだ流行していましたが、

2008年からのワクチン接種の効果により、

著しく減少してきました。

 

しかし発展途上国では

麻疹ウイルスは存在します。

旅行先などで感染する恐れ

海外からの観光客からの輸入も

十分にあると言う事なのです。

 

実際に2016年に関西国際空港

利用した入国者からの輸入例がありました。

 

 

 

2.麻疹ウイルスの感染経路と症状

麻疹ウイルスは、

人以外の生物へは感染しません。

感染経路は、

・空気感染

飛沫感染

接触感染

があります。

 

このウイルスは

空気感染をするので感染力が強く、

すぐに拡大してしまうのです。

 

潜伏期間10日から2週間ののち、

麻疹の症状が現れ出します。

 

(麻疹の主な症状)

・上気道炎症

・咳

・鼻水

・倦怠感

・コップリック斑(口腔内の頬の裏側に白い斑点)

・下痢

・腹痛

・結膜炎

・発疹

 

発熱には特徴があり、

発症後の24日は38度前後

その後一度熱が引いてきますが、

再び発熱してきます。

その場合は39度前後とかなりの

高熱になるのです。

 

この高熱が34日程続き

症状が治まっていきます。

 

 

 

3.麻疹の怖さは合併症

高熱と言う症状も怖い麻疹ですが、

麻疹が一番怖い所が、

合併症だと言う事をご存知でしょうか?

 

麻疹の合併症

①肺炎

最も多い合併症が肺炎です。

・ウイルス性肺炎

・細菌性肺炎

・巨細胞性肺炎

3種類の合併症肺炎報告があり、

注意しなければなりません。

 

 

②中耳炎

細菌の2次感染により発症します。

515%程の患者に

見られる合併症です。

乳児の場合は症状が伝えられない為、

悪化した膿性耳漏で気づく時があるので、

特に注意が必要となります。

 

 

③グループ症候群

喉頭炎や喉頭気管支炎は、

乳幼児に多くみられる合併症です。

吸気性呼吸困難が強くなる為、

呼吸管理が必要となる場合もあります。

 

 

脳炎

発症頻度はあまり高くはありませんが、

とても注意が必要な合併症です。

発疹が出始めて26日ごろに発症します。

 

回復患者 約60

後遺症が残る患者 約2040

致死率 約15

と言われている怖い合併症です。

 

特に麻疹の二大死因と

なっているのが肺炎と脳炎です。

麻疹の合併症が現れる確率は30%と高く、

2000年に大阪で麻疹が

大流行したときには

入院率が40%を超えました。

 

 

 

4.麻疹を予防する方法

麻疹もウイルスの為、

手洗いやマスクで予防はしておくことは

大切ですが・・・

空気感染するので完全に予防することが

出来ないのです。

 

その為、現代の日本においては

麻疹風疹の混合ワクチンが、

定期接種となっており、

1期 1歳児

2期 小学校入学前 1年間

とされています。

 

1回だけの接種では十分な

抗体が作ることができない為、

必ず2回のワクチン接種をしています。

 

 

 

【まとめ】

麻疹は高熱であること以外に、

麻疹ウイルスに感染してしまうと、

合併症を引き起こして重症化してしまう

という事が良くわかりました。

 

旅行には皆さん行かれますよね。

そして日本へ観光に来る外国人も

とても増え続けています。

 

大イベントである

オリンピックの時期には

特に増えるでしょう。

 

発展途上国では、

まだまだ感染するウイルス

そして拡大しているウイルスです。

 

麻疹ウイルスは

空気感染すると言う事を

忘れないでくださいね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ