渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

「倦怠感」が長続き・・・そんな時は病気が隠れている可能性も

倦怠感と聞くと、

風邪の時になるイメージがありますが、

 

なんとなく身体が重くてだるい

ぼんやりしてしまって集中できない

何もやる気になれない

 

など普段の自分の身体にも

倦怠感が隠れているんですよ。

 

今日は倦怠感を感じる時や

その陰に隠れた病気について

見ていきましょう。

 

 

【目次】

1.倦怠感とは

2.倦怠感を引き起こす原因

3.倦怠感が現れる病気

4.こんな人は倦怠感を感じやすい

 

 

 

【本文】

1.倦怠感とは

身体のだるさが強い状態を

倦怠感と言います。

 

・とにかくダルイ

・何もする気になれない

・集中できない

など、どんな人でも経験があるのでは

ないでしょうか?

 

運動や仕事の後は

どうしても倦怠感というのは、

出てしまいます。

その場合はゆっくり休んだら

倦怠感は取れますよね。

 

しかし何もしていないのに、

しっかり寝ているはずなのに、

倦怠感が取れない場合は、

病気が陰に隠れた症状かもしれません。

注意する必要があります。

 

 

 

2.倦怠感を引き起こす原因

倦怠感を引き起こす原因に、

何があるのか見ていきましょう。

 

①肉体疲労

寝不足

休みの日がなかなか取れない

そんな時は、

身体も心も疲れてしまい、

倦怠感が現れます。

 

まずは質の良い睡眠をとり、

ゆっくりと休むこと。

十分に休めば倦怠感も回復していきます。

 

 

②栄養不足

現代人は栄養失調ということを

ご存じでしょうか?

身体が栄養不足状態では、

倦怠感を招きますし、

休んでも倦怠感を回復させる

力もありません。

 

コンビニ弁当や

ファーストフードばかり食べていませんか?

お菓子やジュースばかり食べていませんか?

野菜をしっかり食べていますか?

栄養バランスをしっかり考えた

食事をすることで、

倦怠感は回復していきますよ。

 

 

③精神疲労

ストレスと言うのは、

心に負担をかけています。

仕事や家庭環境、友人関係など、

様々なストレスを抱えて

現代人は生きています。

 

自分の好きな事をすると

肉体的な疲労は少し出ますが、

スッキリとした気分になり、

精神的な疲労が回復します。

自分に合ったストレス発散方法を

見つけましょう。

 

 

④病気の症状

全身の倦怠感が現れている場合、

そして休息を取っているのに、

なかなか回復せず

倦怠感が長引いている場合は、

もしかしたら、

倦怠感の影に病気が

隠れているかもしれません。

 

 

 

3.倦怠感が現れる病気

では全身の倦怠感が症状として

現れる病気を見てみましょう。

 

①消化器科疾患

肝炎

肝硬変

脂肪肝

 

②内分泌・代謝疾患

糖尿病

甲状腺機能低下症

甲状腺機能亢進症

慢性腎臓病

 

③循環器・呼吸器疾患

虚血性心疾患

心不全

SOPD

睡眠時無呼吸症候群

 

精神疾患

うつ病

不安障害

 

感染症

肺炎

結核

心内膜炎

胆嚢炎

敗血症

 

⑥薬剤

アルコール

カフェイン

ステロイド

利尿薬

降圧薬

抗うつ薬

抗不安薬

睡眠薬

 

又、癌などの病気からも

全身の倦怠感の症状は現れます。

 

ほとんどの病気の影には、

倦怠感という症状が

隠れているんですね。

 

 

 

4.こんな人は倦怠感を感じやすい

倦怠感が現れたら、

「休んでください」という

身体のSOSです。

まずはゆっくり休息をとることが大切。

 

倦怠感に繋がる行動

 

・無理をする

仕事でも、

友達関係でも、

断るのが苦手な人や、

完璧を求めてしまう人は、

無理をしすぎてしまいます。

身体にも心にも負担をかけていますよ。

たまには、断ることも大切です。

 

 

・朝ごはんを抜く

人間は体温が上がらないと

倦怠感に繋がります。

朝ごはんを抜くと日中の集中力にも

影響が出てしまいます。

 

朝は少し早めに起きて、

ゆっくりと朝ごはんを食べて、

身体を目覚めさせていきましょう。

 

 

・運動不足

どうしても加齢と共に、

運動不足になりがちです。

しかし毎日の生活では、

疲れや倦怠感の原因である

乳酸が身体の中に蓄積されていきます。

 

運動をして血流をよくすれば、

乳酸の排出がスムーズに出来るのです。

運動をするから疲れるでは無くて、

運動をしないから疲れる

身体が出来上がるんですよ。

 

 

・休日はダラダラ過ごす

休日になると、

遅く寝て遅く起きるという生活を

してしまっている人いませんか?

 

生活のリズムが乱れる事により、

身体にも心にも負担がかかっているんです。

 

一見するとゆっくり寝ているんだから、

疲れが取れそうな気がしますが、

リズムが崩れて逆に倦怠感や疲労感を

招いてしまいます。

 

休日も決まった時間に起きて、

運動などでストレス発散をすることが

一番良いですね。

 

特に倦怠感が現れた時は、

「質のよい睡眠」を取る事が一番大切です。

ただ横になって休むというのは、

質の良い睡眠とは言えません。

 

寝る前にスマホの光を浴びていませんか?

寝室環境は整っていますか?

ゆっくりお風呂につかりましたか?

全ては質の良い睡眠に繋がります。

 

 

 

【まとめ】

いつもダルイなとか

最近集中力がないなとか

 

普段の日常生活では、

ただの「疲れかな」としか

思わない人も多いのではないでしょうか。

 

全身の倦怠感には、

重い病気が隠れている場合があるので、

もし、心辺りがある場合は、

一度病院を受診してみましょう。

 

病気以外の倦怠感は

まずは質の良い睡眠作りから

始めていきましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ