渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

くしゃみが止まらない・・・モーニングアタックがきた朝

モーニングアタックという言葉

聞いた事ありますか?

 

昨日の朝私は、

モーニングアタックが来ました。

止まらないくしゃみに、

流れ落ちる鼻水。

 

モーニングアタック

朝から体力を消耗して、

これから1日が始まると言うのに、

朝から疲れてしまいます。

 

又、長引く鼻炎は、

鼻や耳に負担をかけ疾病に

繋がる可能性もあるんですよ。

 

そんな朝に来る

モーニングアタックについて

今日はみていきましょう。

 

 

【目次】

1モーニングアタックとは

2モーニングアタックに繋がる刺激

3.くしゃみの仕組み

4モーニングアタック回避策

 

 

 

【本文】

1モーニングアタックとは

特に花粉症シーズンでもないのに、

朝目覚めた時から始まる、

くしゃみと鼻水のこと。

鼻づまりで苦しくなり

目覚める人もいるかもしれません。

 

そんな起床時に

発作的に起きる鼻炎現象の事を

モーニングアタック」と言います。

 

私達は、

日中の活動期には「交感神経」が働き

睡眠中のリラックス期には「副交感神経」が働きます。

これを自律神経と言いますが、

日中の活動期には血管を収縮させ、

くしゃみや鼻水などの症状を抑えようと

交感神経が働きます。

 

しかし朝の目覚める時は、

リラックス期の副交感神経が働いている為、

一時的に自律神経のバランスが

崩れてしまうんです。

 

その為日ごろから

アレルギー症状が出ない人でも、

自律神経の乱れと、

様々な刺激が引き金となり、

モーニングアタックに繋がってしまうんです。

 

 

 

2モーニングアタックに繋がる刺激

モーニングアタック

引き金となってしまう刺激について

見てきましょう。

 

アレルギー性鼻炎

花粉症

ハウスダスト

ダニ

ペット

などのアレルゲンが原因で、

くしゃみ鼻水が続きます。

朝起きた無防備な時に

ハウスダストやダニなどを吸ってしまうと、

モーニングアタック

引き金になってしまいますよ。

寝具の洗濯や掃除はこまめにしましょう。

 

 

・寒暖差アレルギー

近年寒暖差アレルギーと言う

言葉が身近になりましたが、

春先、秋口などの季節の変わり目には、

特に気温の変化が激しくなります。

 

朝の冷たい空気を吸った瞬間が

寒冷刺激となって、

モーニングアタック

引き金になってしまうんです。

 

 

・刺激物質

ホコリやゴミなどが呼吸時に、

一緒に鼻に侵入し、

鼻の粘膜を刺激してくしゃみに繋がります。

体外に出す為の正常な反応ですが、

モーニングアタック

引き金になってしまう為、

マスク対策をしておくと良いでしょう。

 

上記の鼻炎やアレルギー性鼻炎などが

あるとモーニングアタックになるリスクも

高くなります。

 

 

 

3.くしゃみの仕組み

東洋医学でくしゃみは、

全身を震わせるようにして払いのけている、

「身震い」と考えられています。

 

私達人間がくしゃみで

払いのけたいものと言うのは、

①身体の冷え

②鼻や喉の粘膜の違和感(むず痒さ)

③背中の冷や冷やむずむず感

だと言われています。

 

①身体の冷え

くしゃみをすると全身の筋肉を一瞬で

ふるわす事ができます。

その為体温を簡単に

高めることができるのです。

体内から体温が逃げていかないように、

同時に毛穴も引き締める事ができるんです。

 

もしも鼻水がサラサラしていて、

くしゃみがでるのなら、

身体の冷えが原因かもしれません。

身体を温めましょう。

 

 

②鼻や喉の粘膜の違和感(むず痒さ)

風邪やアレルギーに炎症が起きている時、

鼻や喉の粘膜が敏感になっています。

少しの空気でも刺激となり、

くしゃみに繋がるのです。

 

空気に違和感やストレスを感じると、

私達の身体は危険と認識して

炎症を起こしてしまうのです。

 

苦手な人や嫌いな人の前でも

その症状は出る事がありますよ。

自分の身体は正直に反応してしまうものなのです。

 

 

③背中の冷や冷やむずむず感

肩や背中は身体の

異変を素早く察知します。

身体に侵入しようとする異物を感じ取ると、

くしゃみをして異物の侵入を阻止しようと

頑張るのです。

背中に違和感を感じたら、

風邪対策を強化しておきましょう。

 

 

 

4モーニングアタック回避策

ではモーニングアタックが来ないように

するにはどうすればよいのでしょうか

 

①朝の布団の中で指体操

目覚めた時に布団の中で、

5分程手足の指を動かす指体操をしてから、

起き上がりましょう。

手足の指を動かすことで、

副交感神経から交感神経へ

スムーズに交代でき、

モーニングアタックを防ぐ事

ができますよ。

 

 

②就寝時のマスク

寝る時に鼻炎の引き金となる

刺激物を吸いこまないように、

マスクをつけて寝ると良いです。

 

時に寒冷の刺激に反応する人は、

お勧めです。

 

 

③起床後の日光浴

起床後に日光浴をすることで、

自律神経の乱れを整える事ができ、

体内時計がリセットできます。

 

 

④寝室はこまめに掃除

部屋の掃除、

寝具の洗濯、

なとアレルギー物質を

取り除くことを意識しましょう。

見落としがちなのが、

カーテンです。

カーテンもしっかり洗濯

しておきましょう。

 

 

⑤空気清浄機の使用

空気清浄機や加湿器の力を借りて、

アレルギー物質を除去していきましょう。

 

 

⑥生活のリズム

生活のリズムがおかしくなると、

自律神経の乱れに繋がります。

就寝時間

起床時間

睡眠時間

なるべく決まった時刻になる様に、

生活のリズムを整えましょう。

 

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

もしかしたら今まで、

起きがけの症状に悩まされていたけど、

モーニングアタックを知らなかった人も

いるのではないでしょうか?

 

大切なイベントの日の朝

大切な会議の日の朝

などにモーニングアタック

来てしまったら、

と考えると困ってしまいます。

 

自律神経の乱れというのは、

身体の不調を引き起こす事は

知っていましたが、

酷いくしゃみなどの症状も

引き起こしてしまうんですね。

 

大切な日にモーニングアタック

悩まされない為にも

まずはお部屋と寝室の掃除から

始めてみましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ