渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

ブドウ膜炎は眼の病気。陰に隠れているのはあの難病かも?

ブドウ膜炎

あまり聞きなれない病名の為、

最初は何の病気かな?

と思われた方も多いですよね。

 

ブドウ膜炎は眼の疾患です。

そもそもブドウ膜とは

眼球を包む膜の1つの事。

 

最近光がまぶしく感じる

最近眼がかすむ

などの症状は、

もしかしたら

「ブドウ膜炎」の

可能性があるかもしれませんよ。

 

 

【目次】

1.ブドウ膜炎とは

2.ブドウ膜炎症状

3.ブドウ膜炎と特定疾患

4.ブドウ膜炎の注意点

 

 

 

【本文】

1.ブドウ膜炎とは

ブドウ膜は眼球を包む膜の1つ。

外側の強膜、角膜と内側の網膜

の間にあるのがブドウ膜です。

 

ブドウ膜は

・光の量の調節、虹彩

・水晶体をコントロールしてピントを合わせる網様体

・栄養分を運ぶ脈絡膜

という大切な機能を持っています。

 

ブドウ膜炎は症状が眼に出ますが、

もともとの原因は

細菌感染や免疫疾患などの病気が

隠れている事が多く、

ブドウ膜炎から他の病気が

発見されるケースもあります。

 

その為放置してしまうと、

眼は失明し、

原因となる病気は悪化してしまう

という最悪のケースに

繋がってしまうんです。

 

 

 

2.ブドウ膜炎症状

ブドウ膜炎に炎症が起きると、

・眼がかすむ

・光を眩しく感じる

・眼の痛み

・視力低下

・充血

飛蚊症

などの症状が現れます。

 

進行の仕方も個人差があり、

少しずつ進行する人

一時的に良くなり再発する人

早期に悪化してしまう人

など様々です。

 

又、片目だけの場合もあれば、

両目に症状を訴える場合もありますし、

交互に症状が現れる場合もあります。

 

稀ではありますが、

急速に悪化してしまい、

視力低下からすぐに失明してしまう

というケースも報告されています。

 

ブドウ膜炎の原因の中で、

15%程は細菌、ウイルス、カビ

などの感染によるものです。

 

細菌の場合は種類が判明すれば

早期に治療することができますが、

治療が遅れることで、

細菌が増殖し数日で

悪化し重症化してしまう事があります。

 

特に注意したいのが、

「急性網膜壊死」というブドウ膜炎です。

このブドウ膜炎は、

帯状疱疹を引き起こす、

帯状ヘルペスウイルス、

単純ヘルペスウイルスなどが原因です。

 

これらのウイルスはもともと

体内に持っている成人がほとんどです。

通常は悪さをすることはありませんが、

免疫力が低下したときなどに、

ウイルスが活発に動き出し感染症

引き起こしてしまうのです。

 

突然眼が痛み出したかと思えば、

急速に視力低下を発症します。

 

放置していると、

網膜の血管が障害を受け、

突発性網膜剥離へと進み最悪のケースは

失明となってしまうのです。

 

眼の痛みを感じた場合は、

眼をこすったりせずに、

早急に眼科を受診しましょう。

 

 

 

3.ブドウ膜炎と特定疾患

日本人にもっとも多い、

ブドウ膜炎の原因は

自己免疫疾患などの全身の病気です。

3050%は自己免疫疾患からくる

症状と考えられています。

 

この3つの病気は

厚生労働省特定疾患(難病指定)

されているものもあり、

早期発見が必要なものばかりです。

 

①原田病

原因はまだ解明されていませんが、

色素細胞に起こる自己免疫反応による

と考えられている。

 

ブドウ膜炎の症状が典型的な症状。

色素細胞の多い脳の髄膜に起こる炎症、

 

・皮膚、髪などの白化

・風邪に似た症状(発熱、喉の痛み)

・耳の異常(難聴、耳鳴り)

・めまい

・頭痛

・吐気

などの症状が現れる。

 

ブドウ膜炎の症状の特徴は、

眼のかすみ、眼痛。

放置した場合、

網膜剥離を起こしやすい。

 

 

ベーチェット病

原因の特定はまだされていませんが、

白血球の異常が誘因と考えられている。

 

全身に様々な炎症がくり返し発症する。

目立つ症状が、

・口腔内アフタ(口内炎

・皮膚疾患(痛みを伴う湿疹)

・外陰部潰瘍(性器周辺の潰瘍)

などがある。

 

ブドウ膜炎の症状の特徴は、

充血、眼痛、眩しさ

の症状が多い。

 

 

③サルコイドーシス

全身の臓器などに

肉芽腫(小さな肉の塊)が

できる病気の事。

悪性のものではなく、

感染もしないのが特徴。

 

眼や肺に症状が出る為、

ブドウ膜炎を発症する。

眼のかすみ、視力低下の症状が多い。

放置した場合、

緑内障を発症しやすい。

 

 

 

4.ブドウ膜炎の注意点

ブドウ膜炎が自己免疫疾患からの

症状でもあることが分かりましたよね。

 

私の友達も経験者です。

最初は発熱と吐気、頭痛に襲われた為、

内科を受診していました。

毎日点滴をしたりしていましたが、

一向に治らず、

ある日目覚めた時に、

眼がかすみ光を眩しく感じた為、

そこで初めて眼科を受診しました。

 

その時に「原田病」という

診断を受け治療を開始したのです。

現在は完治して異常もなく

日常生活を送っていますが、

そんな眼の病気があるなんて

当時は本当に知りませんでしたし、驚きました。

 

常に自分の体調管理をしっかり行っておけば、

自分の体調の異変には敏感になれます。

発熱があれば内科へ行きますが、

その他にどんな症状が出ているのか

というのは先生には分かりません。

自分自身で症状を伝えるしかないのです。

 

早期発見に繋がる為にも、

眼の症状以外に

詳細に先生に自分の症状を伝えるように、

しておきましょう。

 

 

 

【まとめ】

ブドウ膜炎の一般的な症状は、

眼のかすみや光を眩しく感じる事。

そんな症状は、

眼精疲労かな?

白内障緑内障

などの病気をパッと思い浮かべますが、

ブドウ膜炎という

眼の病気もあるんです。

 

失明に至らない為には、

早期発見が大切です。

 

早期発見には、

病名や症状を知っておくことは、とても大切ですね。

 

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ