渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

過眠症に気付いていますか?その昼間の眠気は睡眠障害かもしれません。

皆さんは

「過眠症」を聞いた事ありますか?

過眠症は睡眠障害の一つです。

 

日本人には認知度が低い

睡眠障害の為、

誤解されやすい病気なのです。

 

本人の意思とは関係なく、

激しい睡魔に襲われる

「過眠症」。

 

もしかしたら、

あなたの日中に起きる

酷い睡魔も睡眠障害かもしれませんよ。

 

 

【目次】

1.過眠症とは

2.過眠症の種類①「ナルコレプシー

3.過眠症の種類②「特発性過眠症

4.過眠症の種類③「反復性過眠症」

 

 

 

【本文】

1.過眠症とは

不眠症はみなさも聞いた事があると思いますが、

過眠症という言葉は知らない人の方が

多いのではないでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、

不眠症とは逆の症状です。

夜しっかり寝ているのに、

昼間激しい睡魔に襲われる。

眠たくないのに、寝てしまう。

日中に起きているのが困難な状態になってしまう

睡眠障害のことです。

 

例えば、

仕事中、

食事中、

誰かとの会話中、

普通の人は居眠りなんかしませんよね。

 

しかし、過眠症を患っている人は、

自分の意思とは関係なく、

睡魔に襲われて眠ってしまうのです。

 

その為周囲の人に誤解を与えてしまい、

「怠けもの」「さぼり癖」

「やる気のない人」などと

印象を与えてしまいます。

 

又、運転中などに睡魔に襲われた場合、

とても危険な事故に繋がる可能性もある為、

危険な睡眠障害だと考えられているのです。

 

 

 

2.過眠症の種類①「ナルコレプシー

過眠症にも3つの種類があります。

まずは代表的な「ナルコレプシー」です。

 

ギリシャ語で、ナルコ「麻痺」

レプシー「発作」という意味の

ナルコレプシーは、

世界的に見ても日本人に多い事が報告されており、

600人に1人はこの症状に悩まされているんです。

 

(発症しやすい年齢と性別)

男性にやや多い

中学生くらいの発症が多い

 

(症状)

・昼間の激しい眠気

・笑ったりびっくりすると全身の力が抜ける「情動脱力発作」

・眠りに入る時に金縛りにあったような「睡眠麻痺」

・夢体験による「入眠時幻覚」

・完治は難しい

 

(原因)

原因はほとんどわかっていないが、

遺伝的

体質要因

ストレス

オレキシンの欠乏

などが考えられています。

 

(治療法)

昼間の眠気を軽くする薬

夜間のレム睡眠を抑える薬

規則ただしい生活を送る

短時間の昼寝も効果がある

 

 

 

3.過眠症の種類②「特発性過眠症

次は特発性過眠症

日中に激しい眠気に襲われ、

長時間眠り込んでしまう睡眠障害

発症率は10000人に1人。

 

(発症しやすい年齢と性別)

青少年に多い

 

(症状)

・睡魔に襲われてから1時間以上は眠り込んでしまう。

・目覚めた後もスッキリせず、眠気が持続する

・寝ぼけ状態が酷く酔っ払いの様な状態「睡眠酩酊」

・夜間睡眠は質量ともに問題はない

1日の総睡眠時間は10時間を超えてしまう

・一生続く場合もある

 

(原因)

特発性という言葉は

原因が判明していない時に用いられる。

非常に珍しい睡眠障害の為、

研究が進んでいないことも原因判明できていない

原因になっている。

 

(治療法)

薬で眠気を覚ます

 

 

 

4.過眠症の種類③「反復性過眠症」

最後に反復性過眠症です。

まるで冬眠しているかのように

眠り込んでしまう非常に珍しい睡眠障害

 

(発症しやすい年齢と性別)

男性に多い(女性の23倍)

10代で発症することが多い

 

(症状)

11820時間ぐらいの睡眠時間

・食事やトイレに起きる程度

・強い睡魔に襲われる時期があり(傾眠期)、

 3日から3週間持続する。

・間欠期という症状が出ない時期もある。

・傾眠期と間欠期を交互に繰り返す。

 

(原因)

発症する原因は現在のところまだ不明です。

ナルコレプシー特発性過眠症より症例数が少なく、

研究が進んでいない。

 

(治療法)

薬で眠気を覚ます

 

 

 

【まとめ】

過眠症をみなさんどれくらい

理解していたでしょうか?

やはり認知度が低い分、

怠け者などと誤解されてしまい、

心が傷ついてしまう患者さんも

多いようです。

 

危険も伴う睡眠障害の為、

しっかり治したい所ですが、

まだまだ研究が進んでおらず、

薬での予防治療しかないのです。

 

患者さんとしては、

先行きが不安になってしまいますよね。

もしかしたら生活にかなりの危険と支障が出る為、

不眠症よりも重大な睡眠障害かもしれません。

 

みなさんの周囲にはこんな症状で

なやんでいる人はいませんか?

睡眠障害は病気です。

決して怠け者などではないことを

分かってあげてくださいね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ