渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

乳腺炎は新米ママと新米赤ちゃんが原因かも?

新しくママになったら、

まずは赤ちゃんに授乳が始まります。

新米ママになったとたんに、

おっぱいが詰まったり、

痛くなったり、、、

赤ちゃんへの授乳は、

この時期しかない大切な時間なのに。

 

その原因は

赤ちゃんもママも

まだ授乳が上手くできないことから

始まってしまうんです。

 

今日はそんな「乳腺炎」と

乳腺炎」にならないような

予防法も調べてみました。

 

 

【目次】

1乳腺炎とは

2乳腺炎の症状

3乳腺炎の原因

4乳腺炎にならない為に

 

 

 

【本文】

1乳腺炎とは

授乳が始まった新米ママの、

おっぱいが敏感になり、

乳頭や乳輪などに傷ができそこから細菌が侵入したり、

新米ママが母乳を完全に排出できず、

乳腺内に溜まってしまい、

そこに乳管の穴から侵入してきた細菌により、

感染症を引き起こす事を乳腺炎と言います。

 

通常赤ちゃんに母乳を与える

ママが6週から12週間頃の

新米ママの内に発症する事が多いと言われています。

 

乳腺炎を発症すると痛みから

この時期の赤ちゃんとの大切な

スキンシップが嫌になってしまう事もあります。

 

又、発熱をして風邪の様な状態になってしまう為、

ママの体が不調をきたしてしまうのです。

 

 

 

2乳腺炎の症状

次は乳腺炎の症状を見ていきましょう。

初めての授乳はおっぱいが敏感になるのは、

皆さん同じです。

 

(痛み)※通常は片方のみに痛みが発生します

・おっぱいが圧迫されているような痛み

・チクチクした痛み

・授乳中におっぱいが焼けるような痛み

 

(症状)

・おっぱいが腫れる

・おっぱいに熱がこもる

・おっぱいが赤くなる

疲労

・発熱

・悪寒

・体調の不調

 

乳腺炎は早期に気付いて治療を受ける事が

重要になってきます。

最初は胸にチクチクした痛みと同時に、

風邪の様な症状がではじめるので、

この時点で気づき治療を開始することが

大切です。

 

乳腺炎を軽く考え放置しておくと、

膿が溜まり膿瘍ができてしまいます。

この場合は膿瘍を取り除くための

外科的治療が必要となってしまうのです。

 

 

 

3乳腺炎の原因

ではどうして

乳腺炎になってしまうのでしょうか?

その原因は授乳方法がまだ

上手く出来ていないからなんです。

 

①母乳の詰まり

新米ママと新米赤ちゃんは

まだ授乳が上手くできません。

授乳方法が正しくないと、

ママの母乳が完全に空っぽにならず、

おっぱいの中に母乳が残った状態となり、

母乳の詰まりが起こります。

この詰まりが痛みや

感染症を引き起こしてしまうのです。

 

 

②乳管の詰まり

乳管が詰まると言う事は、

そのまま母乳がどんどん溜まってしまいます。

この場合乳管の詰まりを

解消しなければ、

感染症を引き起こしてしまうのです。

 

 

③細菌の侵入

赤ちゃんの口の中や、

自分の皮膚には細菌がいます。

その細菌は、

乳首の皮に傷が生じた場合はその傷口から、

又は乳管の穴から侵入してしまうんです。

母乳は細菌の繁殖地となり、

乳腺炎を引き起こしてしまうのです。

 

乳腺炎になるママの中にも

なりやすいママもいます。

 

・乳首に亀裂が生じている人

・きついブラジャーで胸を圧迫している人

・授乳中に同じ体勢でいる人

・栄養不足になっている人

・甘い物や脂っこい物が好きな人

・疲れている、ストレスが溜まっている人

・過去に乳腺炎を患っている人(再発リスクは高くなります。)

 

母乳の詰まりや乳管の詰まりが

もともとの原因ではありますが、

やはり細菌に負けない体作りは大切です。

 

ママが倒れてしまったら、

赤ちゃんは生きていけません。

パートナーなど相談できる相手を必ず見つけて、

ストレスをため込まないようにしておきましょう。

 

 

 

4乳腺炎にならない為に

実は乳腺炎になっていても

授乳は続けられるんです。

しかも授乳を続けることで、

乳腺炎が早く解決していくんですよ。

ただし抗生物質を服用中は医師と

相談してくださいね。

 

その他にも乳腺炎にならない為の

方法をいくつかご紹介します。

 

・授乳中に赤ちゃんが

しっかり乳首をくわえているか確認する。

・授乳を頻繁に行う。時間を空けすぎない。

・両方の母乳が完全に空っぽになるように、

体勢を変えながら授乳する

・赤ちゃんがもう片方のおっぱいに移る前に、

飲んでいた方のおっぱいが空になったか

しっかり確認する。

 

赤ちゃんもママも新米なので、

まだまだ授乳が上手く出来なくて

母乳がおっぱいに残っていることで、

乳腺炎になってしまうんです。

 

授乳前に温かく濡らしたタオルなどを

胸にあて温湿布をしたり、

授乳前に温かいシャワーを浴びると

良いと言われています。

 

授乳で悩んだ時は恥ずかしがらずに、

助産師さんから

アドバイスを受けましょう。

 

 

 

【まとめ】

新米ママと新米赤ちゃんだから

乳腺炎が発症してしまっていたんですね。

授乳が上手くできない場合は、

乳腺炎にならない為にも、

助産師さんからアドバイスをもらう事は、

恥ずかしい事ではありませんよね。

 

むしろ乳腺炎で悩むよりは

幸せな悩みです。

 

もちろん

免疫力を上げておき、

乳腺炎だけでなく

風邪などの感染症

予防しておくことは大切です。

 

免疫力を上げられるような

生活習慣や食事などがとれるように

パートナーにも

どんどん協力してもらいましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ