渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

身に覚えのない膣カンジダの原因は・・・

最近は膣カンジダ症の薬もCM

流れているので、

「膣カンジダ症」という病名は

身近になっていると思います。

 

でも膣に発症する為、

なかなか人には相談しづらいですよね。

 

しかしこのカンジダ症の原因である菌は

誰でも持っている菌なので、

あなたも膣カンジダ症になる

可能性はあるんですよ。

 

今日はそんな膣カンジダ症について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.膣カンジダ症とは

2.膣カンジダ症の原因

3.膣カンジダ症の症状

4.膣カンジダ症の予防

 

 

 

【本文】

1.膣カンジダ症とは

カンジダ症というのは、

名前の通りカンジダ真菌が

異常繁殖することによって、

引き起こされる疾患の事です。

 

カンジタ菌は常在菌の一種であり、

もともと皮膚の表面や消化管などに、

広く存在する真菌です。

 

と言う事は、

皆さんもカンジタ菌とは

一緒に生活をしていると言う事なんですよ。

 

でも安心してください、

この真菌、普段異常に

増殖して悪さをする事はありません。

 

この膣カンジダ症は、

5人に1人が経験者です。

20%の女性が経験しているんです。

 

でも周りから「カンジタ症になったよ」

なんて聞いたことはありませんよね。

 

やはり部位が膣なだけに、

相談しにくい場所なんです。

 

 

 

2.膣カンジダ症の原因

カンジダ菌は性交渉を通じて、

感染、発症することは少ないと言われています。

ではなぜ異常に増殖してしまうのでしょうか?

 

それは、

免疫力の低下、

常在菌のバランスが崩れることが

原因と言われています。

 

膣内には通常細菌叢があり、

有害な菌もいれば、

有害な菌の増殖を抑えてくれるような、

常在菌もいます。

このバランスが保たれることによって、

通常は膣カンジダ症を発症することがありません。

 

しかし、

何らかの原因により、

免疫力が低下してしまうと、

細菌叢のバランスが崩れだし、

カンジダ症を発症させてしまうのです。

 

免疫力低下の理由には、

・睡眠不足

・体調不良

・ストレス

・過労、疲労

・風邪

・妊娠

感染症

・糖尿病

・抗ガン剤投与

ステロイド剤投与

 

等があります。

別の感染症の治療薬で使用した

抗生物質が原因の場合もあります。

 

その他では、

陰部の洗い過ぎによりる

細菌叢のバランス崩れが原因となることも

あるんですよ!

 

 

 

3カンジダ症の症状

次はカンジダ症の症状を見ていきましょう。

・膣又その周辺のかゆみ

・おりもの異常

・膣のヒリヒリ感

・膣が発熱している感じ

・膣の外部の皮膚に発疹

・排尿痛

・性交痛

 

等があげられます。

もっとも特徴的なのは、

我慢できないほどの痒みと、

おりもの異常です。

 

おりものは量が多くなり、

粘土が高く、

色は白色で、

酒粕のようなカッテージチーズのようなおりものが

出てくるんです。

明らかに異常ですよね。

 

 

 

4カンジダ症の予防

カンジタ菌は常在菌の為、

皮膚にはいつもいます。

その為残念ながら、

再発してしまうんです。

 

再発しない為にも、

カンジタ症にならない為にも

予防しておきましょう。

 

温かく湿った場所を好むカンジタ菌なので、

 

・通気性の良い下着の着用

・シャワーや水泳後のデリケートゾーンは、

しっかり乾かす

・衣服が濡れた場合はすぐに着替える

・ナプキンを使用時はこまめに取り換える

・排便、排尿時の拭き取りは、前から後ろへ

 

これらの事に注意しておきましょう。

又予防では免疫力を高めておくことも大切です。

 

薬使用中にやってはいけないNG行為もあります。

①性交渉

感染は少ないとは言いましたが、

感染する可能性が全く無いというわけではありません。

性交渉は注意が必要です。

 

 

②タオルの共有

家族に感染する恐れがある為、

タオルの共有もやめましょう。

 

 

③陰部をかく

酷い痒みがある為陰部をかきたくなりますが、

刺激が酷くなったり、

感染部位を広げてしまう恐れがあります。

痒みは我慢しましょう。

 

 

④石鹸で陰部を強く洗う

石鹸で陰部を強く洗う行為は、

刺激により炎症を強くさせてしまいます。

軽く洗い流す程度で十分です。

 

 

⑤トイレのヒデ使用

洗浄便座についているヒデは、

薬を使用中はNGです。

薬の効果を弱めてしまう可能性があります。

 

 

 

【まとめ】

免疫力低下がまたもや、

病気を発症させてしまうなんて、

本当に恐ろしいですよね。

 

新生活が始まったり、

強いストレスを受けたり、

睡眠不足だったりすれば、

体の免疫力は低下します。

 

もちろん別の感染症にかかっていたり、

風邪をひいたりしている時も

免疫力は低下していると言う事。

 

免疫力を高めておく事は

本当に大切ですね。

これからインフルエンザや胃腸風邪の季節。

そして師走という1年で最も忙しい時期。

 

カンジダ症だけでなく、

その他の感染症にかからない為にも、

日ごろから生活習慣には気をつけて、

免疫力を高めておきましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ