渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

尿道炎=性感染症? 男性に多い尿道炎とは

尿をすると尿道が痛い!

という症状が急に現れる尿道炎。

 

尿道炎は男性に多く、

女性でなることは稀と言う事を

知っていますか?

 

ただし尿道炎患者の男性は、

ほとんどが性感染症なんです。

ということは、

性感染症にかかっていて、

その症状として

尿道炎が現れると言う事ですよね。

 

今日はそんな

尿道炎」についてのお話です。

 

 

【目次】

1尿道炎とは

2尿道炎の症状

3尿道炎にならない為に

4尿道炎で大切なこと

 

 

 

【本文】

1尿道炎とは

細菌が尿道に入り感染し、

排尿痛などの症状を引き起こす事を、

尿道炎」と言います。

 

先ほどもお伝えしましたが、

女性がかかる事は稀で、

もし女性が尿道痛の症状が現れたら、

膀胱などの別の病気の可能性があります。

 

話を戻しますが、

尿道炎の原因は大きく分けて2種類あります。

 

性感染症

最も多いのがクラミジア

次いで淋菌などの細菌が原因となり、

性行為により感染してしまう。

近年ではオーラルセックスにより、

原因菌が咽頭などに感染し、

喉から陰部まで感染しているケースもある。

 

②異所性感染

腸内細菌や皮膚粘膜にいる常在菌などが、

尿道に侵入してしまう。

衛生状態が悪い場合に起こりやすく、

1種類だけが原因菌ではなく、

数種類の細菌が同時に発見される場合もある。

 

性感染症と異所性感染が原因とされていますが、

最も多い尿道炎の原因はやはり性感染症です。

 

 

 

2尿道炎の症状

感染することで尿道炎になりますが、

細菌に感染してから潜伏期間があります。

 

クラミジア感染 

(潜伏期間) 13週間

(特徴)症状が現れない事もある。

 

・淋菌感染

(潜伏期間) 27日間

(特徴)比較的早く症状が現れる。

 

ではどんな症状がでるのでしょうか?

 

・排尿痛

尿道の違和感

尿道からの膿

・足の付け根の腫れと痛み

 

尿道炎でもっとも特徴的な症状は、

尿道から出る膿です。

膿の色は、黄色、白色、透明など、

膿の量は、沢山出る人もいれば、

下着に少し付着する程度の人もいます。

この症状にも個人差があります。

 

又、症状自体全く無い人もいる為、

最近では奥さんが妊娠して妊婦健診で

指摘されるケースも多いんです。

 

 

 

3尿道炎にならない為に

尿道炎にならない為には、

予防対策が大切となります。

 

・複数人、不特定多数の人と性行為をしない

・最初から最後までコンドームを使用する

・不安な時は素早く検査を受ける

 

痛い検査でも難しい検査でもありません。

検査は尿検査で簡単にわかります。

 

近年性感染症

増加傾向にある日本は、

やはり風俗店が多いのも原因だと言われています。

 

性感染症は手による行為だけでも

簡単に感染してしまうんですよ。

えっ!と思われるかもしれませんが、

それが現実です。

 

という事は風俗での感染リスクは高く、

感染しに行くようなものですよね。

感染していなければ

あなたは幸運だっただけです。

 

因みにもう一度言っておきますが、

性感染症の症状は個人差があります。

感染していても症状が出ない人がいます。

無症状の人が性感染症を拡大させている事。

そして無症状の人も風俗へ行く事。

もう一度考えてみてくださいね。

 

 

 

4.大切なこと

尿道炎になり治療が始まると、

症状が無くなってきます。

ここで大切な事を伝えます。

 

症状が無くなった=完治

 

では無いと言う事。

症状が無くなっても菌はしぶといんです。

菌が残ったまま勝手に完治と

勘違いして放置した場合、

直ぐに再発してしまいますよ。

 

もう尿道炎になるのは嫌ですよね。

再発してしまうことがないように、

症状が無くなって、

菌もいなくなったことを確認するまでは、

先生の指示に従い治療に専念してください。

 

クラミジアの場合はDNA検査で、

菌が消えている事を確認する必要がありますが、

完全に治す為にはとても大切な事。

 

そして性感染症の場合は、

大切なパートナーを守る為にも

完全に菌を死滅させてくださいね。

 

 

 

【まとめ】

欧米ではSTDチェックという、

チェックをエチケットとして受ける人が

よくいるそうです。

 

これは新しいパートナーができた時に、

お互いに性感染が無いかどうかの

チェックの事。

とても素晴らしいと思いませんか?

相手を思う気持ちが出ていますよね。

 

でもこのチェック

清潔な日本人ほど浸透しても

おかしくないのにと思う今日この頃。

 

やはり自分の身は自分で守る時代。

その為には予防対策を

しっかりしておきましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ