渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

前立腺肥大は、すでに30歳からスタートしている。

前立腺というと男性。

というイメージしかありませんが、

そもそも前立腺とは

どんなものなのでしょうか?

 

そしてその前立腺

肥大する前立腺肥大症とは

どんな病気なのでしょうか?

 

男性の皆さん

前立腺の肥大は

30歳代からスタートしているんですよ。

 

という事はあなたはもう

前立腺肥大が始まっている・・・!?

 

 

【目次】

1前立腺とは

2前立腺肥大症とは

3前立腺肥大症の症状

4前立腺肥大症の進行

 

 

 

【本文】

1前立腺とは

ではそもそも前立腺とはなんなのか

わかる人いますか?

私はあまり知りませんでした。

 

前立腺は男性にしかない

生殖器の1つです。

前立腺は直腸と恥骨の間に位置し、

膀胱の出口で尿道をとり囲む

様にあります。

 

一般的な成人男性の

前立腺の大きさは

クルミぐらいの大きさをしています。

 

前立腺の働きは、

生殖器であることから、

精子と関係してきます。

 

精子の一部「前立腺液」を作る

精子に栄養を与える

精子を保護する

 

精子を作る為には

とても大切な臓器

それが「前立腺」なんです。

 

 

 

2前立腺肥大症とは

では問題の前立腺肥大症とは

どんな病気なのでしょうか。

 

前立腺の大きさが肥大してしまう病気を

前立腺肥大症と言います。

 

前立腺の大きさはもともと

クルミほどの大きさです。

しかし、肥大すると

卵やみかん程の大きさになってしまうんです。

 

前立腺の位置をもう一度

思い出してください。

膀胱の出口で尿道を取り囲むように

前立腺は位置しています。

前立腺が大きくなれば

必然的に尿道を圧迫してしまいますよね。

 

その為排尿に関わらる

様々な症状が現れてくるんです。

 

前立腺が肥大する原因は、

残念ながらまだはっきりと解明されていませんが、

男性ホルモンが大きく関係していると

考えられています。

 

そして発症する危険因子となるものは、

①加齢

②遺伝的要因

③食生活

④肥満(メタボ)

⑤高血圧

高血糖

⑦脂質異常

などによると言われているんです。

 

前立腺肥大は年齢と共に

頻度が高くなることが特徴です。

 

肥大率を組織学的にみると

30代 スタート

40代から50代 30

60代 60

70代 80

90代 90

と言われるほどほとんどの人が

前立腺が肥大していくのです。

 

しかし全ての人が前立腺肥大症になり、

治療をしなければならない程の症状が

出るわけではありません。

 

 

 

3前立腺肥大症の症状

次は前立腺肥大症の症状です。

先ほどお伝えした尿道の圧迫により、

排尿症状に悩まされます。

 

①排尿症状

・尿が出にくい

・尿の勢いが弱い

・尿が出始めるまでに時間がかかる

・尿が分かれる

・尿が途中で途切れる

・尿なのに力む

など様々な排尿症状が現れます。

 

 

蓄尿症状

蓄尿症状とは頻尿の事です。

前立腺が肥大していくと、

頻尿の症状が非常に多く見られるんです。

 

・昼間頻尿(昼間8回以上の排尿)

・夜間頻尿(夜間就寝後1回以上の排尿)

 

その他、

・尿意切迫感

・尿失禁(トイレに間に合わない)

・過活動膀胱

 

過活動膀胱とは

膀胱に十分に尿が溜まっていないのに、

溜まった様に勘違いし収縮してしまい

すぐにトイレに行きたくなる事です。

最近はCMでもよく耳にするようになりましたね。

 

 

③排尿後症状

排尿後に起きる症状の事です。

 

・残尿感(スッキリしない)

・排尿後尿滴下

(尿の切れが悪く終ったと思い下着をつけたら、

下着が汚れるほどまだ尿が残っている。)

 

 

 

4前立腺肥大症の進行

先ほどもお伝えしましたが、

前立腺が肥大した全ての人が

治療を受けなければならない程の

症状が出るわけではありません。

 

しかし前立腺肥大症を

進行させてしまう人もいます。

前立腺肥大症が進行しまったら合併症を

引き起こしてしまう可能性もあるんです。

 

・肉眼的血尿

尿道粘膜が充血し、

前立腺部の尿道粘膜から出血してしまいます。

その為血尿が出やすくなるんです。

 

・尿路感染

膀胱内に上手く出し切れなかった尿が

残ってしまうと尿路が

細菌などに感染しやすくなってしまいます。

 

・膀胱結石

膀胱内に残尿がある状態を長期間続けると、

膀胱内に結石ができてしまう可能性があります。

 

尿閉

尿が溜まっているにも関わらず

尿が出せなくなります。

前立腺肥大した大きさが

大きければ大きい程

尿閉が起きやすいと言われているんです。

 

・腎機能障害

膀胱内に溜まる残尿が多量であったり、

排尿障害から膀胱壁が分厚くなってしまいます。

その結果腎臓が腫れ、

腎不全になってしまう事があります。

 

溢流性尿失禁

膀胱内には常に多量の残尿が存在する為、

いつも尿がチョロチョロ、タラタラと

漏れている状態になってしまいます。

 

どう考えても日常生活に

支障が出てしまいますよね。

 

 

 

【まとめ】

男性にしかない前立腺

前立腺が肥大してしまうと、

排尿に関係する

様々な症状が出てしまうんですね。

 

そんな肥大は30歳代から

もうスタートしています。

もしかしいたらあなたも

勝ってに肥大は始まっているかもしれません。

 

そんなあなたに朗報です。

前立腺肥大症にはイソフラボノイドが

効果的なんです。

前立腺肥大症の抑制効果があると

言われているんですよ。

 

大豆や野菜、穀物に多くふくまれているので、

今日からイソフラボン生活を

始めてみましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ