渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

しもやけは体重に比例するって本当?

寒い季節に突入すると、

手足に悩みを持つ人が

増えますよね。

 

手足だけでなく、

耳たぶや頬、鼻などの

血流が悪くなる部位に

発症する可能性があるのがしもやけ。

 

今日はそんな寒い季節の敵

「しもやけ」について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.しもやけとは

2.しもやけのタイプと症状

3.しもやけ発症リスクが高い人

4.しもやけ改善法

 

 

 

【本文】

1.しもやけとは

しもやけは「凍瘡」と呼ばれ、

寒冷の刺激をきっかけとして、

皮膚に赤みや腫れ、

痒みなどの症状が現れる皮膚疾患です。

 

しもやけは寒冷にくり返し長時間

さらされることによって発症します。

特に1日の気温差が

10度以上になってくると起こりやすく、

季節の変わり目には注意が必要です。

 

(多い時期)

・晩秋~冬の始め

・冬の終わり~春先

 

特に寒冷で血流が滞りやすい、

指先、鼻先、耳たぶなどの

体の末端と呼ばれる部位に症状が

現れる事が多く、症状にも個人差があります。

 

冬場でも水仕事が多い女性や、

血流が滞りやすい高齢者、

寒冷の刺激を受けやすい子供などに

発症しやすい事がわかっています。

 

 

 

2.しもやけのタイプと症状

しもやけには2タイプあり、

年齢とともに変化するようです。

 

①樽柿型(たるがきがた)

この樽柿型は子供に多くみられる

タイプのしもやけです。

手足全体が赤紫色に

腫れあがるのが特徴的な症状です。

 

 

②多形紅斑型(たけいこうはんがた)

この多形紅斑型は大人に多くみられる

タイプのしもやけです。

赤い円形の発疹ができるのが

特徴的な症状です。

 

全体的なしもやけの症状は、

・赤紫色に腫れる

・赤く盛り上がる

・痒み、痛痒い

・ジンジンと熱く感じる

・水疱ができる

・出血する

酷くなると水疱が破れたり、

赤紫色の範囲が拡大したりしてしまいます。

 

 

 

3.しもやけ発症リスクが高い人

冬場の敵しもやけですが、

しもやけになる人

ならな無い人はもちろんいますよね。

 

そうなんです。

しもやけも発症するリスクが

高くなる人がいるんです。

 

遺伝的な要因も

関係すると言われていますが、

・糖尿病

・高脂肪血症

などの疾患を持っている人は、

しもやけを発症するリスクが

高くなってしまうんです。

 

さらに

・汗をかきやすい人

・冷え症

・加齢

・水仕事を良くする人

などがしもやけになりやすいと言われています。

 

又、しもやけに関係なさそうですが、

体重が少ない人は、

しもやけになりやすいと言われています。

 

それは気温による影響を

受けやすいからなんです。

私の友達も小柄な子が

毎年酷いしもやけに悩んでいるのを

思い出しました。

 

しもやけは寒冷の刺激により発症すると

先ほどお伝えしましたが、

特に手足にしもやけができる場合、

寒冷の刺激を受けた後、

普通の人なら温めますよね。

 

でもしもやけは

急激に温めたらNGなんです。

この急激な温度変化により、

血管が拡張し血液成分が

血管外の組織へ漏れ出てしまうんです。

この結果症状がさらに進行し悪化してしまうんです。

 

しもやけになった事がある人は、

わかると思いますが、

日光にあたったり、

お風呂に入ったりすると

痒みや赤みなど

症状を悪化させてしまう結果になるんですよ。

 

 

 

4.しもやけ改善法

しもやけの改善には、

「体を冷やさない」ことが

一番なんです。

 

寒冷の刺激、

急激な温度変化

により血管が収縮したり、

拡張したりすることで、

痒みや赤みを発症させてしまいます。

 

という事は、

体が常に温まっていれば、

体内の温度変化も緩やかで、

血管も激しい活動しないと言う事になります。

 

現代人は冷え症の人も多いので、

なかなか難しいかもしれませんが、

温活はしもやけにも効果があるんです。

 

・冷たい飲み物、食べ物は避ける

・耳あて、手袋、マフラーを着用する

・ほっかいろを上手に使用する

・ゆっくりと入浴する

・睡眠をしっかりとる

 

又、しもやけで悩む人は、

汗にも注意が必要になります。

汗をかいたままにしていませんか?

 

ぬれたままの状態にすると、

人間の体は水分の蒸発時に、

体が冷えてしまうんです。

 

汗をかいた後風邪をひくから

着替えますよね。

それは手や足も同じ事。

汗をかいた後、

水仕事をした後、

しっかり水気をとる習慣をつけましょう。

 

水気をとった後は保湿です。

保湿をすることで、

お肌のバリアー機能も高まります。

ちなみにしもやけに似た皮膚疾患である

肌荒れやあかぎれ

もともとの原因が乾燥から始まります。

 

水仕事の後、

入浴後には忘れずに、

保湿ケアも一緒に取り入れることで、

皮膚を丈夫に保つことが

できるのでしもやけにも効果的になるんです。

 

 

 

【まとめ】

しもやけは確かに、

発症する人、しない人がいますよね。

冬場になると、

赤みや痒みが酷くなるので、

友達は手を出すのが恥ずかしいと

言っていました。

 

特に女性にとっては、

皮膚の炎症は

重要な悩みの1つとなってしまいます。

 

そして水仕事など

手に刺激を与えることも

避けなければなかなか治りません。

 

とは言っても

家事はやらなければなりませんよね。

なのでゴム手袋をはめたり、

保湿ケアすることはとても大切なんです。

 

そしてしもやけとは関係ないと思わずに、

まずは体を温める努力

温活をして行きましょう。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ