渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

アトピー性皮膚炎が大人に増えた理由とは?

 

アトピー性皮膚炎が最近

大人に増えている事を

ご存じでしょうか?

 

以前は子供のころに症状が酷く、

大人になるにつれて、

改善していくと考えられていたのが

アトピー性皮膚炎です。

 

しかし、最近は成人になってから

アトピー性皮膚炎を発症したり、

症状が悪化したりする人が、

増えているんです。

 

今日はそんな成人に増加中の

アトピー性皮膚炎について

調べてみました。

 

 

【目次】

1アトピー性皮膚炎とは

2アトピー性皮膚炎の原因

3アトピー性皮膚炎の緩和方法

4アトピー性皮膚炎の現状

 

 

 

【本文】

1アトピー性皮膚炎とは

顔や耳周り、

首や関節の内側など

皮膚が薄い部分を中心に、

乾燥したりただれたりしてしまう

皮膚疾患のことを

アトピー性皮膚炎と言います。

 

この疾患は痒みが非常に強い為、

無意識のうちに強めに掻いてしまう事により、

さらに悪化させてしまい、

分厚くなった角質が

剥がれおちてしまいます。

 

芸人のネプチューンのホリケンさんの

お肌がアトピー肌ですよね。

最近のお肌の調子がとても悪く見える為、

大丈夫か心配になってしまいます。

 

 

 

2アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、

良くなったり悪くなったり、

又原因も人によって様々です。

 

アレルゲン① 遺伝的な要因

家族にアレルギー疾患がある場合は、

アトピー性皮膚炎を発症するリスクが

高くなります。

アトピー性皮膚炎、気管支喘息アレルギー性鼻炎など)

 

 

アレルゲン② 環境

カビ、ダニ、ハウスダスト、ペットなどが

アレルゲンになり気づかない内に

症状が悪化している場合があります。

 

 

アレルゲン③ 皮膚のバリア機能低下

皮膚の表面はバリア機能があり、

皮脂膜→角層→顆粒層

によって構成されています。

皮脂が少なく、

角層の水分保持力が弱くなると、

角層は乱れめくれ始めます。

 

めくれた隙間から

アレルゲンが侵入し刺激を与え、

乱れた角層から水分が蒸発し

乾燥することで痒みを発生させます。

 

 

アレルゲン④ 精神的な要因

ストレスによって

皮膚症状は悪化してしまいます。

 

・忙しすぎる毎日

・休暇が取れない

・睡眠不足

・人間関係の問題〈職場、友人)

・受験

・家庭環境(親子関係、両親問題)

 

 

アレルゲン⑤ 物理的な刺激

化粧品、毛髪、衣類など

痒みが悪化する原因となります。

 

 

 

3アトピー性皮膚炎の緩和方法

アトピー性皮膚炎の方は

日ごろから悪化させない様に

気をつけて生活しているとは

思いますが、

 

・皮膚を清潔に保つ。

・汗はこまめに拭き取る

・下着は素材で選ぶ

・乾燥を防ぐ(こまめに保湿する)

・部屋を清潔に保つ(こまめに掃除する)

・栄養バランスの良い食事をとる

食品添加物、加工食品を避ける

・質のよい睡眠をしっかり取る

・積極的に気分転換をする(ストレス発散)

 

アレルゲンとなっている物から

できるだけ遠ざかる事、

毎日の生活の中を見直す事が

大切になってきます。

 

 

 

4アトピー性皮膚炎の現状

一昔前まで、

アトピー性皮膚炎と言えば

子供の病気のイメージがありました。

子供のころは皮膚が弱い為、

少しの刺激にも強い反応が出てしまい、

症状が悪化し、

大人になるとお肌のバリアー機能が高まり

治っている人がほとんどだったからです。

 

しかし最近の調査で、

大人のアトピー性皮膚炎が増えている、

又、大人になってからさらに悪化したケースが

報告される様になってきたんです。

 

厚生労働省

2006年頃は 約30万人

だった患者数が

2014年には45万人を超えており、

その内患者数約44%が、

20歳以上の成人という報告をしています。

 

なぜ大人に増えているのでしょうか?

そして大人のアトピー性皮膚炎の

アレルゲンは何なのでしょうか?

 

子供のころのアレルゲンは、

・食べ物

・ダニ

などが考えられますが、

大人のアレルゲンには様々な物が

要因となっています。

 

食品添加物

・化学物質

・強い紫外線

ハウスダスト

・ストレス、疲労

・睡眠不足

 

など子供のころにはあまり触れる事のなかった

外界の刺激物がアレルゲンとなってしまうのです。

又もともとアレルギー体質の人は、

アトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

 

私の周りでもアトピー肌の

悩める女子がいます。

強いストレスを受けると

特に酷くなるようです。

 

顔に症状が現れる場合、

女性は特に外出をしたくなくなったり、

心が沈んだりします。

かわいそうになりますが、

ストレス発散させなければ

アレルゲンが解消されません。

引きこもっていては悪化させてしまうので、

連れ出してあげるようにしています。

 

 

 

【まとめ】

アトピー肌の人は

お化粧でカモフラージュもできません。

なぜならお肌が弱い為、

お化粧品でも悪化させてしまうからです。

 

食品添加物や加工食品を

口にしない日を作ることの方が難しい今、

成人からアトピー肌になる人が

増えているのは現実です。

 

もしかしたらあなたも明日、

あれ?かゆい・・・

から始まるかもしれません。

 

特効薬が早くできればと

私も思いますが、

やはり根本的に直すには、

規則ただしい生活習慣や、

ストレス発散、食生活など

日常生活で気をつける努力が大切です。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ