渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

精巣がんは若い男性が発症する癌。気になる進行と転移は!?

先日倖田來未さんの妹misonoさんの

旦那さんNOSUKEさんが

精巣がんで闘病中と

公表されました。

 

年齢はまだ29歳です。

結婚をしたばかりで、

まだまだこれからという時。

「ステージ4」と

診断されているようです・・・

 

今日は若い男性になりやすい癌、

「精巣がん」について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.精巣がんとは

2.精巣がんの種類とリスク

3.精巣がんの症状と転移

4.精巣がんのステージと生存率

 

 

 

【本文】

1.精巣がんとは

精巣は男性固有の臓器です。

「睾丸(こうがん)」と伝えた方が

分かりやすいかもしれません。

精巣の働きは、

男性ホルモンと精子を作る事。

 

・ランディル細胞→男性ホルモン作成

・精母細胞→精子作成

 

それぞれ別の細胞によって

男性ホルモンと精子を作っているんです。

 

精巣癌は約95%が

精子を作る精母細胞から発症します。

この様に生殖機能に

直接関係がある細胞の事を

生殖細胞又、

胚細胞と呼ぶ為、

「精巣腫瘍」は

「胚細胞腫瘍」とも呼ばれているんです。

 

精巣癌の特徴は

20代から30代の比較的若い男性に

発症しやすいことが分かっています。

 

10万人に1人の割合で発症するので、

悪性腫瘍の中では多いわけではありません。

しかし発症年齢が若い人に多い為、

進行度が早く転移しやすいという

特徴も持ち合わせており、

怖い癌とも言えます。

 

 

 

2.精巣がんの種類とリスク

病理検査や腫瘍マーカーでの

診断によって2種類の精巣腫瘍に

分けられます。

 

セミノーマ

セミノーマは100%精上皮腫。

放射線治療抗がん剤での治療が有効的。

セミノーマより治療成績が良好。

 

 

②非セミノーマ

腫瘍のもとになる成分が混合している場合。

抗がん剤による化学療法のみ有効的。

セミノーマより治療が難しい。

見つけにくい非常に小さな転移がある可能性がある。

 

精巣癌の原因は残念ながら

現代の医療においても原因が不明です。

しかし精巣癌リスク因子として

考えられているのが、

 

・家族に精巣腫瘍の疾患を

持っている人がいる場合。

 

・反対側の精巣に腫瘍があった場合。

 

・停留精巣といって乳幼児期に

精巣が陰のうの中に納まっていなかった場合。

 

又、男性不妊症において

精液検査での異常を指摘された場合は、

精巣癌リスクが高いと言われています。

 

 

 

3.精巣がんの症状と転移

精巣腫瘍の特徴的な症状は、

・精巣の腫れ

・精巣の硬さ

ですが、

初期では症状が現れにくく、

ほとんどの場合、

痛みや発熱も伴わない為、

発見が遅れる事が少なくないようです。

 

進行が早く転移しやすい癌の為、

転移した先の臓器で症状を発症し、

その結果精巣腫瘍も発見されるケースも

あるようです。

 

NOSUKEさんの様に、

15cmで気づく場合も珍しくは

無いのかもしれませんね。

 

転移する臓器で多いのが、

肺と腹部リンパ節。

肺の転移による症状は血痰と咳など。

腹部リンパ節の転移による症状は

腹痛、腹部のしこり、腰痛など。

 

気になる症状がある場合は

早めに泌尿器科を受診しましょう。

 

 

 

4.精巣がんのステージと生存率

では精巣癌でのステージと

生存率を見てみましょう。

 

ステージ12 5年生存率 100

ステージ3  5年生存率 75

 

基本的に精巣癌での

生存率は高いことがわかります。

 

しかしNOSUKEさんの診断は

「ステージ4

まだ29歳とお若い。

若い為進行も早く、

ステージ4という診断は

末期であるといも言われいます。

そしてなんといっても

腫瘍が15cmとかなり大きい所が

気になります。

 

通常であると腫瘍の大きさは、

12cm以下の大きさで、

発見されることが多いようです。

それが15cmとなればかなり大きい事が

分かります。

 

腫瘍が大きければ大きい程

他の臓器へ転移している可能性も高くなる。

 

現在は活動休止して闘病生活の為、

入院中との事ですが、

これから先のある若い人。

良い方向へ向かっていくことを

祈りたいと思います。

 

 

 

【まとめ】

若い方に多い精巣癌。

そして精巣全摘出

しなければならない現実。

経験のない私が一言で言うのは

申し訳ありませんが、

悔しいですし、

辛いと思います。

 

進行の早く転移しやすい癌の為、

気になる症状がある場合は、

泌尿器科へ早めの受診をお勧めします。

早期発見でのステージ1でしたら、

死亡例は無く

生存率は100%なのですから。

 

NOSUKEさんには

闘病を頑張って

元気になって欲しいですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ