渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

いぼの原因は○○に感染することだった!

知らないうちに大きくなるいぼ。

ではいぼがなぜできるのか

わかる人はいるでしょうか?

掌や足の裏まで出没するいぼ。

 

そんな部位にできるいぼは、

どんどん広がり、

実は他人にも移してしまう可能性がある

危険ないぼなんです。

 

今日はそんないぼについて

調べてみました。

 

 

【目次】

1.いぼとは

2.いぼの種類

3.いぼとミズいぼの違い

4.いぼの注意点

 

 

 

【本文】

1.いぼとは

いぼは病名で「疣贅(ゆうぜい)」と

呼ばれています。

皮膚にできるドーム型の盛り上がりの事です。

 

このいぼの原因は、

なんと「ヒトパピローマウイルス」の感染によって

出没するんです。

 

いぼは大きくなければ、

12年以内に自然に消えてくれます。

跡が残ることはあまりないので、

この場合、治療の必要はありません。

 

しかし掌や足の裏にできたいぼの場合は

少し注意が必要となります。

 

この場合適切な治療を行わなければ、

引っ掻いてしまったりすると、

ウイルスを周囲に広げてしまう為、

増加させることもあります。

又他人へ感染させてしまう恐れもあるんです。

 

しかし通常健康な人は、

皮膚にバリアー機能があり、

免疫力が備わっている為、

感染することはありません。

 

傷口などができ皮膚に炎症が起きると、

バリアー機能が失われ、

そこからウイルスが侵入し、

感染してしまう事があります。

その他免疫力が低下していると、

感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

 

 

2.いぼの種類

いぼにも種類があります。

 

①尋常性疣贅

皮膚のバリア―機能がまだ未熟な子供や、

老化現象で起きる老人性疣贅があります。

小さな傷口から感染するいぼで、

怪我をしやすい手足の関節などにできやすいです。

悪性のいぼではない為、

治療の必要はありません。

 

 

②足裏疣贅

足の裏にできるいぼです。

皮膚面が盛り上がり、

表面がざらざらで色は白色、

硬いしこりができるいぼの事です。

 

このいぼはヒトパピローマウイルス

感染したものなので、

人へ移す可能性があります。

適切な治療を受けましょう。

 

 

③軟属腫疣贅

青年期に発症しやすいいぼで、

特に女性に多く見られます。

主に顔面に出現し、

比較的治療が難しいと言われています。

表面はあまりざらざらしておらず、

いぼの先端が平らなことが特徴です。

 

 

④尖圭コンジローマ

外陰部や肛門周辺にできるいぼで、

性感染症の1つです。

痛みやかゆみなどの症状が出ない為、

知らないうちに人に移してしまう可能性があります。

ヒトパピローマウイルス

6型、11型に感染することで、

尖圭コンジローマが発生します。

 

性感染症なのですぐに

治療を受けることが大切です。

 

 

⑤老人性疣

老人性のいぼで、

黒いぶつぶつが首の周りに多発するいぼです。

これは加齢に伴う角化症で

ウイルス性ではありません。

痒みや痛みなどの自覚症状が無いので、

治療の必要はありません。

 

 

 

3.いぼとミズいぼの違い

いぼとミズいぼ。

両方とも子供に多い皮膚疾患ですが、

違いはあるのでしょうか?

それとも同じいぼなのでしょうか?

 

実はいぼとミズいぼは違うんです。

 

いぼ→ヒトパピローマウイルス

ミズいぼ→伝染性軟属腫ウイルス

 

という原因ウイルスの違いなんです。

 

ミズいぼは表面がつるつるしており、

光沢があってみずみずしいのが特徴です。

又、小さな皮膚の盛り上がりで、

盛り上がりの頂上が少し凹んでいます。

 

一方いぼは表面がガサガサしており、

硬い皮膚の盛り上がりが特徴です。

良く見ると随分見た目が違うんです。

 

又出没する部位も、

いぼは掌や足の裏も含む手足にできやすく、

みずいぼは毛に感染すると考えられており、

掌や足の裏に出没することはありません。

 

 

 

4.いぼの注意点

いぼがヒトパピローマウイルスに感染することが、

原因だということが分かりましたが、

この名前どこかで聞き覚えがありませんか?

 

そう、子宮頸癌のウイルスですよね。

実はいぼには150種類以上のウイルスがあり、

皮膚につくタイプと、

粘膜につくタイプがあるんです。

 

子宮頸癌はこの150種類以上の中の

主に16型、18型の粘膜につくタイプが原因なんです。

いぼは皮膚につくタイプが原因ですね。

 

しかしいぼができやすい人には特徴があります。

 

①子供

子供はお肌のバリアー機能がまだ

安定しておらず成長段階の為、

免疫力が弱った時に感染していぼができやすい。

 

 

②免疫力低下

免疫力が低下していると

あらゆる感染症にかかりやすくなる。

いぼもウイルス感染である為、

免疫力が低下している時に感染しやすい。

 

 

③乾燥肌、敏感肌

いぼができやすい人には、お肌が弱い人が多い。

乾燥肌や敏感肌の人は、

お肌のバリアー機能が低下しており、

お肌に炎症が起きやすい。

炎症が起きている部分にウイルスが

入り込み感染してしまう為、

お肌が弱い人は注意が必要。

 

確かにインフルエンザなどのウイルスも

乾燥すると広がりをみせますよね。

乾燥肌の人は保湿ケアが大切かもしれません。

顔の様に手足も入念に保湿ケアしていきましょう。

 

 

 

【まとめ】

いぼがヒトパピローマウイルス

感染症だということを初めて知った人は

多いのではないでしょうか。

しかも感染症なので人から人へ移る可能性もある。

いぼが感染するという事にも驚きました。

 

特に乾燥肌、敏感肌のお肌が弱い人や、

ストレスや疲労から免疫力が低下している人は、

注意が必要になりますね。

 

年末にかけて疲労やストレスが蓄積している人は、

乾燥が気になるこの季節、

感染しないように、

保湿ケアを入念にしておきましょう。

 

それにしても

ヒトパピローマウイルス厄介なウイルスですね。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ