渡辺はりきゅう接骨院スタッフブログ
〒502-0803
岐阜県岐阜市上土居2-18-1

【診療日】
月~土
早朝6時30分から営業中です。
【休診日】
水・土曜日の午後
日曜・祝日

058-374-1839

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ

「魚の目」が出現する原因は○○だった!美脚を求める女性へ

女性にとって美脚と聞けば

目標や夢ですよね。

 

でもそんな所に魚の目が出現したら?

見せるのが恥ずかしいですよね。

 

最初は見た目がそんな

「恥ずかしい」程度だったのに、

放置していつの間にか

痛みで歩けなくなるぐらい

悪化してしまう場合もあるんです・・・

 

今日はそんな魚の目について

調べてみました。

 

 

【目次】

1.魚の目とたこ

2.魚の目の原因

3.重要な靴選び

4.魚の目の自己処理

 

 

 

【本文】

1.魚の目とたこ

魚の目同様足にできるたこ。

2つはとても良く似ていますよね。

 

まずはたこですが、

刺激物に触れる部分が角質化した状態の事を

たこと言います。

皮膚が固く盛り上がり、

慢性化してしまうと、

ストッキングが引っ掛かり破れてしまう程、

表面が白くカサカサした状態になっていきます。

 

では魚の目はどうでしょうか?

刺激物に触れる部分が角質化し、

その中心に核となる芯ができます。

その核は皮膚の奥深くへ入り込んでいる為、

次第に神経に刺激を与え、

痛みを感じるようになってしまうのです。

 

魚の目ができやすい部分は、

足の指の上側、

足の指と指の間、

足の裏や付け根部分など、

摩擦や圧迫などの刺激を受けやすい部分に

出現してきます。

 

 

 

2.魚の目の原因

ではそんな魚の目ができる原因は

なんなのでしょうか?

 

その原因のほとんどが

「足のサイズに合わない靴を履くから」

だと言う事が分かっています。

 

例えば、

足のサイズより小さな靴の場合、

長時間その中に収まろうとする足は、

指や付け根が靴に圧迫され続けます。

そして圧迫されると言う事は、

指と指がこすれ摩擦が生じます。

 

人の体は外部から刺激を受けると、

自分の体を守ろうと努力し始めますよね。

足は摩擦や圧迫という刺激から

自分を守る為固く盛り上がり、

たこや魚の目を作り出してしまうのです。

 

では大きめの靴の場合はどうでしょうか?

 

大きめの靴をはくと、

歩くたびに靴の中で足が前へと滑り、

かかとの方がブカブカになり

靴が脱げてしまう

なんていう経験されたこと

一度はあると思います。

 

歩くたびに

前へ滑り続ける足の指への摩擦は

当然激しくなりますよね。

結果大きな靴でも、

たこや魚の目の原因となってしまうのです。

 

たこや魚の目の原因はそんな

「靴のサイズ違い」から起きてしまうんですね。

 

 

 

3.靴選び

では重要になってくるのは靴選びという事ですよね。

皆さんは新しい靴を買う時に

どのようにチェックをして買いますか?

 

先日NHKの朝イチでためし履きで

簡単にサイズチェックができる方法と言うのを

放送していました。

そのスタジオではほとんどの人が

自分が普段履いている靴のサイズが大きめの靴

だったということが分かったのです。

 

女性の場合はスニーカーより

パンプスを履く機会が多いと思いますが、

その場合のチェックポイントを見てみましょう。

 

①幅のチェック

足の甲と靴が重なり合う

履き口の中央に指を入れます。

この場合、

爪の先までしか指が入らない→ぴったりサイズ

指紋の真中まで指が入る→幅が広すぎる

 

ということが分かります。

爪の先までしか指が入らない物を選びましょう。

 

 

②足に負担がかかっていないかチェック

鏡に脚の内側が映るように立って、

つま先立ちをしてみてください。

その時に靴の親指の付け根部分に「しわ」が

できていませんか?

 

ぴったりサイズの靴では

しわができないんです。

靴の曲がる位置と、

自分の指の曲がる位置にズレが生じると

しわができてしまいます。

そのしわは足に

余計な負担がかかっている証拠なんですよ。

 

 

5分間前を見て歩いてみる

皆さん靴を買う時に座って鏡を見て、

その場で立って下を向いて足踏みをして、

「足痛くないから大丈夫」と

購入する人が多いことが分かりました。

 

でもちょっと待ってください。

靴ってその場で履くものでしょうか?

全然靴のチェックになっていないんです。

 

そもそも靴を見て歩く人はいませんよね。

前を見て通常通り歩いてみる。

できれば5分間歩くことが良いとされているんです。

 

さすがに5分間歩くことは難しいですが・・・

でも靴を見るのではなく、

通常の歩く動作をする事は

自分の足のサイズに合った靴選びには

とても大切なんだと思います。

 

 

 

4.魚の目の自己処理

今はドラックストアなどで購入できるので、

魚の目やたこを自己処理する人も

多いと思いますが、

その場合注意しなければならないことがあります。

 

・軽度な場合

靴を脱いだ時に少し赤く腫れている部分があったり、

固くなりかけているという症状の場合などで、

痛みが無い時は軽度な状態です。

 

その場合は、

市販の保護パッドで治すことができます。

保護パッドは外部刺激から、

保護してくれるためしばらく貼っていると

自然と治癒してくれます。

 

 

・角質化が進んだ場合

カチカチに固くなり角質化が明らかに進んでいる場合は、

自己処理は注意しなければなりません。

カミソリやカッターで削る人が多いようですが、

実はこの自己処理方法で、

傷口から菌が入りリンパ節の炎症を

起こす人が多いことが報告されているんです。

軽く見ていた魚の目やたこから

リンパ節の腫れや炎症が

起きるのは怖くないですか?

 

もしも角質化が進んでいる場合は、

除去薬剤入りの保護パッドを使用しましょう。

又それでも治らない場合は、

一度皮膚科を受診しておきましょう。

 

 

・何度も繰り返し出現する場合

上記の様に保護パッドで治らない場合や、

何度も繰り返しできてしまう場合、

魚の目やたこでは無く、

ウイルス性のいぼの可能性もあります。

 

ウイルス性のいぼは感染する為、

魚の目やたこと勘違いして部位を触ったり、

ほじったりすると広がっていきます。

又ウイルス性の為

他人へ感染させてしまう可能性もあるんです。

 

くり返す場合は他の疾患の可能性もある為、

放置せず早期に受診しておきましょう。

 

 

 

【まとめ】

魚の目やたこの原因のほとんどが

「靴のサイズ間違い」だと

言う事が分かりましたね。

でも靴のサイズって本当に難しい・・・

 

確かに何度履いても足が疲れやすい靴

がありますが、

サイズが合っていないと言う事なんですね。

しっかりぴったりサイズだと、

足が疲れないそうです。

 

次靴を購入する時は

チェックポイントを意識しながら、

自分の足にぴったり合った

靴を選びたいと思います。

それが魚の目やたこの

出現を防止する対策でもあるんです。

  • トップページ
  • このブログの管理者より
  • はじめての患者様へ
  • 患者様の声
  • 料金
  • お問い合わせ